« 七十二候 | トップページ | こんな「ガスト」はいやだ »

無くしたものがことごとく戻ってくるオトコ

少し前、ムスコが傘を無くしたというので新しいのを買ってあげたのだが、それが今日見つかったらしい。

無くした傘が戻ってきたのはこれで二度目。

前回は、通学電車に置き忘れてきた、手摺りにかけたのをしっかり覚えてるというから間違いないと言い、駅やら遺失物預かり所やら散々探したあげく、当時通っていた自動車教習所から「トイレにありましたよ」と連絡があったんだっけ。

学生証と取りたての免許証の入った定期券入れをなくしたのは12月のあたまだった。

このときはバイトで遅くなったのでワタシがクルマで迎えに行ったが、クルマに乗ったときは絶対ジーパンのポケットに入ってた、感触も覚えてるという証言のもと、クルマの中やら駐車場、マンションの敷地を散々っぱら探したあげく、届けていた警察署から連絡があり、駅前に落ちてたのを親切に届けてくれた人がいたそうな。

今回の傘だって、ぜーんぜん覚えてないといいながら、学食の傘立てにあったって。

チミ、記憶力は大丈夫か。

まあ無くしたものがこれほど見つかる人も珍しい。

整理整頓の苦手な人だけに備わる特殊能力なんだろうか。

いや、これも亡くなったお爺さんが守ってくれているのかも。

どっちにしても傘代返せ〜☆

|
|

« 七十二候 | トップページ | こんな「ガスト」はいやだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七十二候 | トップページ | こんな「ガスト」はいやだ »