« 43年前の屋根の上 | トップページ | デジタル時代なのでバンド名を変えないでください »

映画「ウタヒメ」

今朝の芸能ニュースで見た。

黒木瞳や真矢みきらが主演の、ロックバンドストーリー。

あらすじはともかく、テーマになる曲はSmoke On The Waterのようだ。

昔も今も、ロックバンドビギナーの登竜門みたいな曲なんだな。

ZEPでもBEATLESでもないところが面白い。

中学時代、歴代の三年生バンドは文化祭で必ずSmoke On The Waterをやって、代々受け継ぐような感じになっていたっけ。

たしかに名曲なのにシンプルだ。

歌い、語り継がれる曲はシンプルであることが条件なのかも。

|
|

« 43年前の屋根の上 | トップページ | デジタル時代なのでバンド名を変えないでください »

コメント

あのリフはシンプルでありながら最高の曲ですよね(^^)同じように「Burn」のリフも耳に残るんですけど、弾くとなるとやはり「Smoke on the Water」に軍配が上がります(^^)
かくいう私もそうでした(笑)

投稿: may | 2012年1月31日 (火) 21時24分

最近あの年代の曲をいろいろな場面で耳にしますね。当時、曲を聞いていたロック少年たちが、CMや芝居などでそれらを使うことを企画したり決裁できるくらいエラくなったってことでしょうか。

投稿: Kenta | 2012年2月 1日 (水) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 43年前の屋根の上 | トップページ | デジタル時代なのでバンド名を変えないでください »