« 積雪 | トップページ | TOM ROBINSON BAND »

雪の気配

mayさんの記事を読んで、フト子供の頃の体験を思い出した。

冬の朝早く、布団の中で目が覚めると、戸外の様子がいつもと違う・・気がすることがある。

雨戸が閉まっているから天窓や戸の隙間から洩れる頼りない明かり以外にはなんの手掛かりもなく、何かの音が聞こえるわけでもない。

それどころか異様に静かなのだ。

でも
「雪が積もってる」とわかる気配。

なんなのでしょう、あれ。

積もった雪が周囲のいろんな音を吸収してしまうとか、ひょっとしたら科学的な裏付けがあるのかもしれないけど、あまり科学的な解明は求めたくないな。

もしそれが日曜日だったら、ユーミンの歌にもあるようにまだぐずぐずと半分眠っていられたりして、なんとも楽しくて心地よい気分に浸れたのを覚えている。

子供の頃は、テーマパークや温泉に行ったりしなくても、積もった雪や布団の海だけで温くて幸せな気分に浸れたんだよなあ(^^;

|
|

« 積雪 | トップページ | TOM ROBINSON BAND »

コメント

そういうわくわくする気持ちって、アミューズメントパークに行くのと違って、なんとも不思議な気持ちになりますよね(^^)
この年になるともう味わえない感覚のような気がします(^^;

投稿: may | 2012年1月25日 (水) 19時20分

いやいや、まだまだ味わっていますよ〜
毎週末の朝、ベッドの中で☆(←ただウダウダしてるだけ)

投稿: Kenta | 2012年1月25日 (水) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 積雪 | トップページ | TOM ROBINSON BAND »