« R.I.P.ジョー山中氏 | トップページ | 合格 »

「謎ときはディナーのあとで」は電車の中で

昨日、落雷でストップした某私鉄に乗っていて、某駅で約3時間、運転再開を待った。

結局再開のメドは立たず迂回して帰ったのだけど、幸い読みかけの「謎ときはディナーのあとで」を持っていたから待ち時間で全部読み切ってしまった。

歴代の本屋大賞と比べればやや重みに欠けるかとも思うが、まあ軽いめの推理小説としては及第点。

高校時代に読み耽った小峰元を思い出した。

いわゆる「青春推理小説」というジャンルの、あれがはしりだったろう。


すでに次の本も仕込み済み。

夏はなぜだか読書が似合う。

|
|

« R.I.P.ジョー山中氏 | トップページ | 合格 »

コメント

おお、小峰元、懐かしすぎます‼
「アルキメデスは手を汚さない」とかよく読みました(^^)
ディナーの後で、も気になっていたのですが、軽く読めそうですね。

投稿: may | 2011年8月11日 (木) 19時27分

おー、mayさんも小峰元さんをご存知でしたか。高三コースに連載していた「パスカルの鼻は長かった」でハマり、以降ほとんどの作品を読みました。学生時代買わなかったものもヤフオクで手に入れたんですよ(^^

投稿: Kenta | 2011年8月17日 (水) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R.I.P.ジョー山中氏 | トップページ | 合格 »