« 悪女な深キョン | トップページ | モノとステレオ »

絶対和音感

JR山手線、高田馬場駅の発着メロディは「鉄腕アトム」なんだけど、一カ所コードが違う。

「そーらーをこーえてー」の「てー」の部分がオリジナルではトニックコードなのに、高田馬場のはドミナントなのだ。

音楽の授業っぽく言うと、1の和音が正解なのに5の和音になってる。

コード感がちょっとでも違うと気持ち悪いのだ。

ベース音のポジションが違っても気持ち悪いのに、コードが違うのは許せませんな。

高田馬場で何度か飲んだとき、いつも酔いの回りが早いのはこのせいか。

いや、それは単に安い居酒屋だからっていう噂。。。

|

« 悪女な深キョン | トップページ | モノとステレオ »

コメント

絶対音感の人は少しでも音がずれると気持ちが悪いって言いますものね。
私はギターのチューニングが外れると気持ちが悪いです^^;←絶対音感は絶対に持っていないと断言できるんですが。。。

投稿: may | 2010年12月 9日 (木) 22時00分

ピアノの調律をうまいこと狂わせるとホンキートンクになりますが、ギターはダメですね。バックマンターナーオーバードライブの代表曲、テイキン・ケア・オヴ・ビジネスのギターソロは完璧にチューニングが狂ってます(^^;

投稿: Kenta | 2010年12月10日 (金) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪女な深キョン | トップページ | モノとステレオ »