« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

ギターワークショップ

ギターワークショップ
山岸潤史、森園勝敏、大村憲司、秋山一将らによるアルバム。

山岸潤史の演目のGroovin'はコーラスが山下達郎。

実はこれで山下達郎をまともに知る。

何度も聴きました。

森園さんのDay DreamはPRISMのバージョンよりこっちのほうが好きだったなあ。

| | コメント (0)
|

山下達郎

山下達郎
いろんな意味でワタシの80年代の一部。

一番聴いたのはBomberだったな。

コピーしたからだ。

バンドのベーシストがチョッパーに苦労してたっけ。

♪本日の通勤BGM〜山下達郎グレイティスト

| | コメント (2)
|

すぐ並ぶオトコ

すぐ並ぶオトコ
すぐ並ぶオトコ
新宿の東南口にやってくると何やら行列。

新発売のスポーツ飲料を無料配布していたので早速並ぶ。

ルーレットを回して当たった種類がもらえるのだけど、ワタシはラッキー賞でケータイふきふきストラップのオマケ付き。

また運を小出しに使ってしまったか?(^^;

| | コメント (0)
|

銀座でティータイム

銀座でティータイム
銀座でティータイム
銀座でティータイム
朝ごはんを築地ですませて銀座まで散歩。

銀座四丁目でお茶をする。

カフェオレの何分のいくらかは固定資産税かな?

| | コメント (0)
|

中野サンプラザ

中野サンプラザ
九月の催物予定を見たら・・・

四日〜プラターズ
五日〜ラウドネス
六日〜ベンチャーズ

やっぱりここは維持存続されなければならない大事なハコですね。

ガムランさんと見たゲイリー・ムーアも、もう二十年も前のこと。


♪本日の通勤BGM〜ボブ・ジェームス

| | コメント (2)
|

高円寺ニューバーグ

高円寺ニューバーグ
この店をガムランさんに教えてもらって以来、もうどれくらいになるだろうか。

ふと思い立っては時々ランチに来るのだけど、彼が亡くなってからは初めてだ。

この高円寺や、出会ったころ彼が住んでいた阿佐ヶ谷、荻窪には思い出が数えきれないほど。

まだまだ思い出すことがたくさんたくさんあるだろう。

ガムランさん、オーダーはいつものメキシカンでいい?
おれは朝昼一緒だから、ダブルメキシカンにするね。

| | コメント (0)
|

珍珍珍の醤油ラーメン

珍珍珍の醤油ラーメン
「さんちん」と読むらしい。

最近、ワタシの活動エリアに出店を広げているラーメン屋。

ガムランさん、ラーメン好きだったな。

六本木から夜中タクシーで帰る途中に、急にラーメンが食べたくなって、下車したっけ。

そしたらタクシーの運チャンたら、メーターそのままで待っててくれた。

比較的長い距離のお客ふたりだもんね。

もう景気のいい時代は過ぎての頃のハナシ。

| | コメント (0)
|

新三郷ららぽーと

新三郷ららぽーと
とりあえず来てみた。

案の定人だらけだけど天気がいいからまあいいか。

| | コメント (0)
|

公立高校無償化ナンセンス

とくに反民主党というわけでもないが、公立高校無償化は間違いなく国力の低下を惹起する。

これは二年前、地域の公立高校を調べた上での実感だ。

上位の数校を除いては、ほとんど一様に教育環境の質が悪い。
それに保護者の質も比例する。

それは説明会で語られるよそ行きのうたい文句でなく、たとえば校舎の手入れ、日常の生徒のマナー、教師の服装などで一目瞭然。

企業価値のデューデリジェンスという目線でみたら、わかりやすい。

そういうところに「とりあえず高校くらい行かなきゃダメだけど、うちはお金ないんだから私立はダメよ」などと言う保護者の多いこと。

こんな教育に対する意識の低い世帯に義務教育でもないのに教育費を支援したとて、働きたくない若者を増産するだけだ。

こういうのに限って、その子供次第だから私立も公立も関係ないという。

単なるエクスキューズに過ぎぬ。

そういう世帯を支援しても結局親の遊興費に化けるだろう。
直接給付をしない方針をというのも、その証拠だ。

公立高校無償化はゆとり教育よりひどい弊害を招く危険を孕む。

| | コメント (2)
|

好きな音楽を語らうこと

あちらのほうに自分の気まぐれで載せた記事に、思いがけず嬉しいコメントが続いた。

一人は海の向こうの、開設当時からお付き合いの友人。
行ったコンサート、聴いていた音楽、ヘヴィメタルディスコのツバキハウスまで共有していたから笑ってしまう。

もう一人は、至極最近よく来てくれるようになった方。

ワタシが好きな二人のギタリスト、トミー・ボーリンと森園勝敏を共有できるなんて、こんな人がまだまだいるんだと思ったら嬉しくてしかたがない。

人のエリアで他人を攻撃したり、閉鎖した人を説得してくれとお門違いな依頼をしてくるようなめんどくさいことが続いていたからなおさらだ。

ここにガムランさんが交じって語り出したら、きっと夜なべになるだろうな!
(^^♪

| | コメント (0)
|

Morning Island

渡辺貞夫のアルバムは二枚しか聴いてない。

California ShowerとMorning Island。

とくに後者のリーダートラックは、フルートの音色が心地よく、今日みたいな朝にピッタリ。

B面のサンバは、学生時代に愛用していた原チャリのヤマハタウニーのCMソングで、ことのほか思い入れのある曲。

ワタシにとって渡辺貞夫というパフォーマーはジャズではないのだ。

♪本日の通勤BGM〜渡辺貞夫

| | コメント (3)
|

THE 24TH STREET BAND

30年ぶりくらいに聴いた。
今聴いてもやっぱりいいバンド。

とにかく、ウィル・リーという人のプレイが大好きなのだ。

ロックンロールが一曲あるんだけど、このバンドがやるとエイトビートには聞こえない。

ベースやピアノに16の刻みがあるからだ。

30年前のバンドで目指していた音にもっとも近いスタイルだと思うけど、ガムランさんはあんまり好きなパターンじゃなかったよね。

バンドミーティングを昨日のことのように思い出すよ。

でもやっぱり、自分の好きなペースで自分が聴きたいと思う曲を聴くのが一番だ。


♪本日の通勤BGM〜THE 24TH STREET BAND

| | コメント (0)
|

世間知らず予備軍

昨日の帰りがけ、山手線で運よく座れたワタシの隣に女子高生が座った。

片手に、スタバで持ち帰り用にあるような透明のプラカップ。
中身は飲み物が1センチくらいと大きめの氷がいくつか。しかもフタがついてない。
それをストローでガラガラと掻き回し始めたので、ワタシの我慢もそこまで。
キレるとそこから先は早いのだ。

「馬鹿野郎、ここはお前の家か」

女子高生は「なんでいけないの」的な腑抜けヅラに、超満員の車内は水を打ったように静まり返る。

なお悪いことに、謝ることをしない。

だいたい、学校の制服を着て外を歩くということは、在校生として社会人として、学校の名前を背負って歩いているということなのだ。

親の顔が見てみたいが、こういうのが卒業すると電車の中で化粧をするような馬鹿オンナに孵化するのだろうな。

最近「いい加減にしろ」と言いたくなる奴らが多過ぎだよ

関係ないからどうでもいいと、見て見ぬフリを決め込むヤツらのなんと多いこと。

疲れる。

♪本日の通勤BGM〜SPYRO GYRA

| | コメント (0)
|

Kyle Eastwood

Kyle Eastwood
BSのSpeak In Musicで、ブルーノート東京でのライヴダイジェストを放送していたので、録画してみた。

ここはDr.ジョンしか見たことないんだけど、Manhattan Transferのパフォーマンスなんか久しぶり、やっぱりこのくらいのハコが落ち着けていいなあ。

番組の中では、カイル・イーストウッドのパフォーマンスも紹介された。

クリント・イーストウッドのムスコでベーシスト。

父親の、ミュージシャンになりたかったという夢を叶えた孝行息子。

なかなかカッコイイ♪


♪本日の通勤BGM〜ジョー・サンプル

| | コメント (2)
|

ZEPを聴いてみようって言ってるそばから

TSUTAYA新宿がレンタル半額だったので、行ってみた。

借りたのはリチャード・ティー、ジョー・サンプル、24丁目バンド、スパイロジャイラ、渡辺貞夫、渡辺加津美。

おーい、フュージョンばっかりじゃん。ZEPに埋もれるんじゃなかったのか。

いやいやフュージョンは通勤用、飛行船はじっくり座して聴くのだ。

と思ったら、mayさんがたくさん送ってくださった。
こんなときだから普段にもまして嬉しい。

24丁目バンドは、大好きなウィル・リーがいたからよく聴いたっけ。

それで思い出したけど、ウィル・リーもリチャード・ティーも参加した深町純のOn The Moveを始めとする昔のカタログが、一斉に再発されてんのね。

知らなかったよ。

THE BEATLESリマスターのおかげで、タワレコのポイント&タワレコインがたんまり貯まリマスターので、さっそくゲットせねば。

♪本日のBGM〜リチャード・ティー

| | コメント (2)
|

将来

カミさんと、いったいうちのムスコは将来ナニになりたいんだろう?という話題になり、カミさんいわく

「山の音楽家とかじゃないの?勉強しないで音楽ばかり。次の三者面談で聞かれたらそう答えるしかないな」

おいおい、あいつらはアマチュアだぜ。

ちゃんと巣作りとか毛繕いとか冬支度とか、生活に必要なことは自分でできるんだ。

それに万が一「山の音楽家」になるとして、パートは何だよ?

いつも言ってるように打楽器はツブシがきかないんだぜ。

♪本日の通勤BGM〜渡辺貞夫

| | コメント (2)
|

LED ZEPPELIN

今日の通勤BGMはLED ZEPPELIN Ⅲ。

Ⅱ、Ⅳ、永久の詩、そしてプレゼンスは比較的よく聴いたほうなのだけど、それ以外はアルバム単位ではほとんどさっぱりだ。

それでも曲はだいたい知っているのは、リマスターボックスで聴いていたからだろう。

だから、どの曲がどのアルバムというのは正直よくわからない。

iTunesにもリマスターボックスしか入れてなかったのに、いつの間にかアルバム全部が仕込まれてるのはムスコの仕業だな?

チミ、そんなにレンタルショップを儲けさせてどうする。TSUTAYAの株でも買ったのかしらん。

曲はFriends(イントロは「帰ってきたヨッパライ」かと思った(^^;)から、「貴方を〜」へ。

これはワタシの中で失恋ソングという位置付けだ。

なぜなのかはあちらのblogネタに譲るとして、久しぶりにじっくり聴いた。

激しい。

こんなにも激しい曲だったか。

単純な厭世的なブルーズではなく、何かを搾り出すような激しさがほとばしる。

埋没してしまいそうだ。

| | コメント (4)
|

あーあ、また朝か
まだ木曜じゃん
オフィスにいけばやることは山積みだし
体調を崩して休んでいる部下のことも気がかりだし
朝から通勤電車が遅れているとメッセージがくるし

・・・

今まで普通の感覚だったこれらのことが

当たり前のようにいつもの朝がくることが

こんなに幸せで

こんなに切ないことなのか

♪本日の通勤BGM〜Concert For George

| | コメント (3)
|

不覚にも

あちらのほうに皆さんが温かい言葉を書いてくれて、不覚にもまた涙が出てきた。

通勤中だってば。

それに。

これでは彼にまた励まされてしまう。

急に行けなくなったから、ムスコと行けよと、ジョン・レノン・スーパーライヴのチケットをくれたっけ。

ジョンも、あの日のライヴでイマジンを歌った忌野清志郎も、そして大事な友までもがいなくなった。


♪本日の通勤BGM〜ジョン・レノン

| | コメント (5)
|

ガムランさんへ

ここでは「ガムランさん」でいいよね。

この場所で話すのも、久しぶりですね。

えーと、8月5日の「感謝」という記事にコメントもらって以来です。

あのコメント。もう一度読みたいから、コピペしますね。。。

**********************************************

そうなんだよね。
人間、日々の暮らしの中で些事にかまけて、ついつい大事な事を見失いがちになってしまうもの。
そんな時はちょっと立ち止まって、人のフリ見て我がフリ直すと良いかもですよね。

ボクは、この世に招いてくれた存在に自分も近づくために、人生とは自分に与えられた魂の修行の場であると考えるようにしています。
だから、そもそも生きるということはツライことの連続であると。

以前、その大いなる存在に向かって叫んだことがあります。
我に万難辛苦を与えよ、と。

そしたら、ツラい事が行列をなしてやってくるので、さすがに辟易しましたけどね。

***********************************************

なんとなくこれが最後のコメントかなぁという気がしてた。

してたけど、相変わらず考えたくないことにはフタをしちゃう性格で、でも、そんなワタシの性格も気まぐれも、全部全部わかって、兄のように接してくれましたよね。

あれ?なんでワタシ、過去形なんだろう。。

ワガママ言いましたよねぇ、ワタシ。

なんど一緒のバンドでケンカ別れしたことか。

いや、ケンカじゃないですね、あれ。

ワタシがムキになって、ガムランさんが「じゃあ、少しの間ケンタの好きにやってごらん」と言ってくれてただけだった。

それからというもの、ここでも、会って話してても、ガムランさんの言葉のひとつひとつがいつもいつもとてもおもしろくて、それが30年分でしょう?

京都にいたときも遊びに来てくれましたね。

楽しかったですね、花見小路。

大阪にも来てくれましたっけ。

その大阪に赴任していた頃、仕事のことで押しつぶされそうになったときに、正月で帰省していたのをわざわざ一日繰り上げて、東京で一緒に飲んでくれましたよね。

あの時、別れ際にエスカレータの下から「頑張れよ」と怒鳴ってくれたの、一生忘れません。

あの声がいつだってワタシの励みです。

これからも。

| | コメント (0)
|

THE BEATLES

THE BEATLES
いよいよ明日にせまったリマスター盤の発売日。

予約だけで百万枚を突破したとか。

発売はCDのみ、ネット配信しないのは最近の「音楽のコンビニ化」に対するアンチテーゼか、はたまた単なる「富裕層狙い」の商魂か。
UK原盤の復刻版レコードをセットで揃えたのがムスコの誕生記念だったから、あれからもう17年になるんだな。

最初に買ったレコード、CD再発、UK盤セット、そして今回のリマスターだから、アルバムを一気に買うだけでも四度目だ。

予約するまではちょっと逡巡したけど、いざ待つ身になったら楽しくてしかたがない♪

ワタシにとってBEATLESモノは家宝だ。

家宝は寝て待てってか←字が違(^^;

気分が高ぶって寝てなんかいられないや♪

| | コメント (0)
|

世にもつまらないCD

iPodにいつの間にか入ったか(^^;、エリックマーティンのVocalistのⅠとⅡがあった。

ムスコがレンタルしてきたのを何かの拍子に取り込んだらしい。

今朝のBGMを何にしようかなと眺めていて目に留まったから聞きはじめてみたが、なんとつまらないこと。

Mr.BIGでは気づかなかったが、この人、意外なほどウタに説得力がない。

そういえばこの人のソロアルバムもつまらなかった。

ハスキーヴォイスに惑わされてはいけないな。

ソングライターとしてはいまひとつなのかもしれない。
ヴォーカルラインも作曲のうちだから。

もちろんバックのアレンジに工夫がないのと演奏力が弱いのも原因なのだろう。

全体的なイメージは

「エリック・マーティンとそこらへんのカラオケボックスに行ってる」って感じ。

というわけで、KASABIAN以来久しぶりの「大容量iPodなのにわざわざ削除されるタイトル」になりそうだ。

♪本日の通勤BGM〜というわけで途中までエリック・マーティン

| | コメント (4)
|

そこら中滅菌

新型インフルエンザの感染拡大がいよいよ現実的。

オフィスで人事総務も担う立場としては自ら患者になるわけにもいかないから、とりあえず自宅用にも消毒用アルコールを備えた。

巷では先週まで品切れ状態だった消毒液も、ようやくメーカーの生産が追いついたとみえる。

よくよく考えてみたら、手洗いを徹底しても万全じゃないのだ。

ドアノブ、電気のスイッチ、携帯電話など、毎日触れるものの至るところに感染リスクは潜む。

あまりナーバスになるのもどうかと思うけど、予防を抜からないに越したことはないよな。

♪本日の通勤BGM〜GOTTHARD

| | コメント (4)
|

予約してしまったあああ

予約してしまったあああ
やっぱり原点ですから、THE BEATLES。

昨日一緒に飲んだ友人は、ステレオとモノラルの両方予約したらしい・・

はたして生きてるうちに何回聴けるか・・

| | コメント (2)
|

早く言ってくれよ!

さっき、タワレコから「会員限定ポイント三倍クーポン」のお知らせメールが届いた。

GOTTHARD買っちゃったじゃないか!しかも高いほう・・・

でもよく見たら9月18日からということだから、微妙な間合いだ・・・

BEATLESリマスターも無視していたのだが、あまりにメディアが煽るので、たぶんこれもいつか揃えちゃうんだろうな。

ムスコは「ステレオとモノラル、どっち買う?」なんて聞いてくるし、所詮チミはモノラル派なんだろうけど、モノラルのほうがちょっと高いじゃないか。

なんとかしてヤツが自分のお年玉で買うようにハメてやる・・・!

| | コメント (2)
|

新譜を買う気にさせるアーティスト

GOTTHARDは数少ない「新譜が出たら必ず手に入れたいアーティスト」

他にはWHITESNAKEとDEEP PURPLEの掘り出し物、それにKISSくらいかな。
あ、KISSはもうムスコに移管しよう♪小遣いがもたん(^^;
でもヤツときたら最近サラ・ブライトマンなんか聞いてるからなあ。。

さて、GOTTHARD、買ったはいいけどじっくり聴きたいので、週末までお楽しみかな。

それにしても迷いました、限定盤と通常盤。

SHM-CDかそうでないか、ボートラが一曲か二曲か・・・
これだけで一時間近く店ん中で迷ったなあ(^^;

まあその間、ジャズのフロアに行ったりしたからいろいろ見れて楽しかったのだが、あんまりショップに長居すると予定外のモノも買っちゃいそうになる。

ジャズというかフュージョンといえば、最近バーニングレーベル(だっけ?) のタイトルが突然CD再発と相成った。

増尾好秋とか本多俊之なんか懐かしい♪

森園勝敏の初期のソロレコードもこのレーベルだ。

森園勝敏はこないだの週末、レコードからMP3に取り込んだんだけど、毎日のように聴いている。

好きなんだよなあ、あの音色。

友人の娘さんが小学生時代、そこの父兄参観で偶然森園氏を見かけたのだそうだ。

その娘さんいわく、同じクラスに森園さんという女の子がいるよということだったから、やっぱり素顔は子煩悩なお父さんなんだな。

その話を聞いたらますます好きになった。

GOTTHARDから父兄参観に飛んでしまったけど、とにかく週末、聴くものが多くて楽しみだ♪

♪本日の通勤BGM〜GOTTHARDの前のやつ

| | コメント (2)
|

デリケートなチアダンス部と丈夫なブラバン

ムスコの高校でもテレビ始業式だったらしい。

そのうちインターネット授業になっちゃうんじゃないか。

そうなったらうちのムスコなんか授業聴くフリしてYouTubeばかり見るんだろうな。

週末に予定していたムスコの高校のチアダンス部公演も感染者が出てキャンセル、急遽一緒に出演する予定のブラスバンド部の持ち時間が増えたとムスコが言っていた。

ブラバンの子たちは丈夫なのか、はたまた濃厚接触の機会が希薄なのか。

例年にないほど要注意の冬になりそうだが、受験生とその親御さんも大変だよな〜


♪本日の通勤BGM〜CAMEL

| | コメント (2)
|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »