« オトコ見る目ゼロ | トップページ | 君にはまだ居てもらわなければならない »

感謝

昔、ある坊さんから母が聞いた聞いた話の受け売り。

人はみんな、この世に招かれた客人なのだそうだ。

普通、招かれた客人ならどう振る舞うか。

けして傍若無人な態度はとらず、つつましく、主人のもてなしに感謝し、頭を垂れるだろう。

くだんの坊さんいわく、人はみんなこの世に招かれた客人なのだから、招いていただいて感謝という気持ちでいるべきなんだそうだ。

自分自身はどうか。

家族や部下のために為すことは厭わないつもりだけど、家族や部下や同僚、上司、それに友人たちのもてなしに感謝を感じ頭を垂れる気持ちを持ち続けているか。

大部分が自分の力量によるものと、思い上がっていないか。

今の生活、環境、ポジション、人間関係の中に招かれたことを、真摯に感謝しているか。


♪本日の通勤BGM〜TALISMAN

|

« オトコ見る目ゼロ | トップページ | 君にはまだ居てもらわなければならない »

コメント

そうなんだよね。
人間、日々の暮らしの中で些事にかまけて、ついつい大事な事を見失いがちになってしまうもの。
そんな時はちょっと立ち止まって、人のフリ見て我がフリ直すと良いかもですよね。

ボクは、この世に招いてくれた存在に自分も近づくために、人生とは自分に与えられた魂の修行の場であると考えるようにしています。
だから、そもそも生きるということはツライことの連続であると。

以前、その大いなる存在に向かって叫んだことがあります。
我に万難辛苦を与えよ、と。

そしたら、ツラい事が行列をなしてやってくるので、さすがに辟易しましたけどね。

投稿: 潮騒にガムラン | 2009年8月 5日 (水) 14時42分

それら苦行による心労を発散せんがためのマーシャルの爆音。
また浴することの出来る日を心待ちにしています♪

投稿: kenta | 2009年8月 5日 (水) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オトコ見る目ゼロ | トップページ | 君にはまだ居てもらわなければならない »