« 音楽的見解の相違 | トップページ | マンゴーフラペチーノ »

予見

予見
先を読む経営とは実に難しいものだと思う。

一応、経営部門を担ってはいるけれど、ワタシ自身が経営者というわけではないし、様々なビジネスモデルを模索し、あらゆる事業リスクを予見し、人を育て組織を進化させるのは並大抵ではない。

前年度、「正しい決算の保証書」である内部統制報告書も、上場企業の約2%は出すことができなかった。

ゲームもケータイが主流になっていくらしい。

かつて、ウルトラセブンのウルトラ警備隊が、テレビ電話式の腕時計で通信していたのを見てすごいなあと言ったら、オヤジが
「お前がオトナになるころはキャラメルの箱くらいのテレビができるさ」
と言ったのをどうにも信じられなかったことをよく思い出す。

先を予見することは、ビジネスチャンスを逃がさないためにも、また、リスクを回避するためにも必要不可欠なことなんだけど、これだけ混沌とした中で根拠レスな予見に費やすエネルギーすらももったいない気がする。

混沌といえば近頃の政治の専売特許。

日本という国家の内部統制、ひいては経営者たる国家元首の先見力は???


♪本日の通勤BGM〜EMERALD RAIN

|

« 音楽的見解の相違 | トップページ | マンゴーフラペチーノ »

コメント

だってカオスなんだも~ん!
って、政治家さんたちは開き直ってるんでしょうねぇ。

ちょっと趣旨はズレますが、コーポレートガバナンスにしてもディスクロージャーポリシーにしても、はたまたコンプライアンスにしても、我が国は結局のところ米国の会計基準や監査基準等の猿まねをしているだけのような気がしてならない。

だから今回のような外部震源に端を発した不安材料の余波が、震源国よりもはるかに増幅されたカタチで出てしまい、我が国の将来を見据えた対応策すら打ち出せないまま目先の対策に追われ、右往左往するだけとなってしまう。
しかもその肝心の対策ですら、本来の景気対策というよりも、公金や後付けの税収頼みの保守政権延命選挙対策としか映らないとは、言わずもがなでありましょう。

昭和20年の玉音放送以来、この国はたかだか230年余りの歴史しかない国の属国と化したまま、自分の国の上空ですらホンの一部しか領空権をもたないような、なんとも気恥ずかしい体たらくぶりです。

そんな国の企業統治や情報開示、法令遵守能力など、期待するだけ無駄なのかもしれませんね。

【閑話休題】
先を予見することは大変困難でありましょう。特に今のような、それこそ混沌とした時代にあってはなおさらです。

恐らくプロの経済評論家や政治評論家と呼ばれる人たちですら、正しく言い当てることは不可能極まりないことかと思われます。

大切なことは、ホンの少し先を冷静に評価し、その都度、迅速な舵取りやギヤチェンジをしていくことかと思われます。
しかし残念ながら、我が国の政治家の皆さんの中に、そのような強い意志と決断力・指導力を持ってして、実践していけるだけの人材がいるようには思われません。

今回のイタリアのラクイラで開催されたG8及びG20でも、日本は都合の良い財布ではあり得ても、決して世界のリーダー的役割を担える国であるとは、誠に残念ながら、どの国からも評価されていないのは明白でした。

それに比べオバマ合衆国大統領のあの威風堂々とした立ち居振る舞いはどうでしょう。それがたとえ完璧にプロデュースされた姿であっても、居並ぶ各国元首に一目置かせるだけの説得力、存在感に溢れていました。いったい、あの場に麻生総理は何をしにいったのでしょうか。
ボクの目には、ただキョドキョドとした態度で、各国首脳の間をウロチョロしているだけにしか見えなかったのは、彼を国家元首にいただく国民の一人として哀しいかぎりです。

そんな国家元首に先見力を期待するのは、リッチーとギランが仲良く同じステージに立つより、ギルモアとロジャーが確執を払拭し、Pink Floydが3人で永続的に再結成するより困難な事のように思えます。

投稿: 潮騒にガムラン | 2009年7月11日 (土) 02時07分

この都議選の結果、国政への影響はどう出るでしょうか。
しかし、前回より投票率が上がったといっても、コレを書いている時点での情報で42%そこそこ。。。
ほかの東京都在住者(あえて都民とは呼びません)は何やってんでしょうか。本籍が東京の人間に投票させろってば☆(←まだ言ってる)
今の時代、朝令暮改どころか、朝に認識したことは夕方までに二回転半くらいする時勢。政治家にしろ企業人にしろ、もっと大所高所からモノが見られる人物を望みたいものです。

投稿: kenta | 2009年7月12日 (日) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽的見解の相違 | トップページ | マンゴーフラペチーノ »