« 第一夏休み | トップページ | またしても・・・ »

いいね☆HEAVEN AND HELL

いいね☆HEAVEN AND HELL
かなり期待していたHEAVEN AND HELL。

そもそもワタシにとってBLACK SABBATHはNeon Knights以降なので、ロニーの合流はひそかに期待していたのだ。

それと同時に、DIOのライヴアルバムではっきり露呈したとおり、最近のロニーはシンガーとしての「張り」みたいなものがめっきり衰えているのも否めなかったから一抹の不安もあったのだが。

アルバムレビューの類いはまったく読まないし、輸入盤で解説もないから完全に個人的主観なんだけど、このHEAVEN AND HELLには、 ここ数年のDIOがヘヴィでダークな路線へと進んで泥沼にハマったまま干上がりそうだったのが、SABBATHというプラットフォームを得たとたん、水を得たように生き生きと蘇った感がある。

RAINBOWで復活したとしてもここまで良質な作品は生み出せなかったろう。

カルメン・マキ&OZの2ndを思い出す。

久しぶりに邪念なく聴ける邪悪なサウンドだ♪

|

« 第一夏休み | トップページ | またしても・・・ »

コメント

ブラックサバスもロニーもあまり聞いていないので、このネタになかなか食いつけないでおりました(笑)でも、確かギターはトニー・アイオミだったような^^;違ったら許してちょ!

投稿: may | 2009年7月24日 (金) 19時52分

そうそうmayさん、ギターだけは一貫してトニー・アイオミでした。グレン・ヒューズやイアン・ギランが在籍していたときも、トニーさえいればSABBATHを名乗っていいはずだったのですが・・・

投稿: Kenta | 2009年7月26日 (日) 22時52分

ご無沙汰しております、はい(^^ゞ
どこかでお話したかも知れませんが、初めて好きになったヴォーカリストはロニー・ジェイムス・ディオでございます。
一応音源は頂いて持っているのですがまだ1曲ほどしか聴いておりませぬ(爆)
トニー・アイオミって渋くて好きです♪

投稿: きなこ | 2009年7月26日 (日) 23時21分

返信遅くなりました(^^;
DIOのライヴではちょっとがっかりしたのですが、このアルバムではまたあのパワーを取り戻している感じがしますね、ロニー。心配なのは髪の毛だけ・・・

投稿: kenta | 2009年7月31日 (金) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第一夏休み | トップページ | またしても・・・ »