« 誕生花 | トップページ | おお!ようやく渋谷にも♪ »

雨の日とノラ・ジョーンズ

mayさんのblogで雨の日ならノラ・ジョーンズという話題で、さっそく聞く機会をいただいた。

なるほど、さもありなん。
お父さまとは、高一の夏にジョージ・ハリスンのバングラデシュコンサートを聴いて以来だから、ずいぶん前から知っているが、娘のほうをじっくり聴くのは初めてかもしれない。

なんでこのサウンドが「雨の日」にマッチするんだろうか。

雨の日に、詩的な気分になるとココロが平らかになるのかも。
そんな時にイメージする「雨」を表現する擬音はなんだろう。

「しとしと」かな。

間違っても「ざあざあ」とか「パラパラ」じゃないな。

この「しとしと」が、ノラの作品の、ブラシスネアやウッドベースの柔らかいタッチと重なるんじゃないかな。

もちろん深い倍音を持つ声も、雨のロマンチックなイメージとマッチする。

雨の日はノラ、でもってカレーの日はお父様のBGMでキマリ♪

|

« 誕生花 | トップページ | おお!ようやく渋谷にも♪ »

コメント

逆にお父様の方はあまり聞く機会がありませんで^^;ノラちゃんにはHalf Sisterがいるらしいですが見たことないです^^;似ているのかどうか。。。
ノラちゃんの雨の音はまさしく「しとしと」ですね。「ざあざあ」になるとブルース・ホーンズビーの「マンドリン・レイン」を思い浮かべます。あっ、彼も鍵盤弾きでした^^;

投稿: may | 2009年5月 2日 (土) 07時48分

「ざあざあ」はワタシ、まったく思い当たりませんね(^^
「雨ざあざあ降ってきて~」・・・って絵描き歌だよ、それ。

投稿: kenta | 2009年5月 3日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誕生花 | トップページ | おお!ようやく渋谷にも♪ »