« 新宿都市伝説 | トップページ | うっそぉ! »

罵声に怒号に

なんとも言いようのない昨日の党首討論だった。

NHKなんかでよくやってる若者の討論番組のほうが、少なくとも人がしゃべってる間は静かにしてるぶんだけマシだ。

結局のところ、このどちらかに向こう数年間のニッポンの舵取を任せることになるのか。

隣の国もワケのわからない実験を繰り返すし、いよいよ本格的な内憂外患の時代が到来かな?

安心して「向こう数年間」を任せられるのは、今のところ原監督だけだな。

♪本日の通勤BGM〜TOTO

|

« 新宿都市伝説 | トップページ | うっそぉ! »

コメント

タイトルを見て、やっぱりと思いました^^;ニュース見ていたら、まあま、うるさいこと。これじゃあ子供に静かに人の話を聴きなさいなんて言えないじゃないですか^^;ってく。。
あっ、BGMがTOTO♪最近聴いてないです^^;

投稿: may | 2009年5月28日 (木) 08時37分

なんとも情けない状況でしたね。
野次を飛ばして相手の発言を邪魔したり、存在感をアピールしているつもりなんでしょうか。
もっとも討論内容も国政を語ると呼ぶには程遠いものでしたが。
誰が見たって、およそ国の舵取りを任せられないような品性下劣な有象無象の輩の集まりだということを、自ら証明してみせているだけでしたね。
しかし、あんな輩を国政の場に送り出しているのは我々、選挙民だということも忘れてはならないと思います。
イギリスの作家・バーナード・ショーは「デモクラシーというものは、腐敗した少数の権力者を任命する代わりに、無能な多数者が選挙によって無能な人を選出することである」。(Wikipediaより転載)
と言っているように。

投稿: 潮騒にガムラン | 2009年5月28日 (木) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新宿都市伝説 | トップページ | うっそぉ! »