« 電気ケトルを買ってみました | トップページ | VICIOUS RUMORS »

四人囃子☆見に行きました

090110_171853 極寒の土曜日、SHIBUYA-AXに四人囃子を見に行ってきた。

ワタシにとってニッポンのロックバンドといえば、誰が何と言おうと(誰も何にも言ってないけど)マキ&OZ、GARO、それにこの四人囃子が三本の指に入る。

しかし、ナマの四人囃子を見るのは実はこれが初めてで、かれこれ30年前、高校一年のときに、当時同じクラスでバンドのドラマーでもあった小林と「今週、四人囃子のライヴが日比谷の野音であるから見に行こうぜ」と約束したのが、ワタシか小林のどちらかの都合でポシャって以来、こんにちまで機会がなかったのだ。

今にして思えば、あのときにタイムスリップして、当時の自分に

「この機会を逃したら30年間見る機会はないのだぞ。どんな予定か知らないが、とにかく全部すっぽかして野音に行っておけ」と言ってやりたいほど。

それが、やはり持つべきものはロックともだち、普段は税理士さんという仮面をかぶっているが、その実態は恐るべきブートレグ盤収集マニアであのZEPPをナマで見たことで友人たちの間で一目置かれているドラマーのKさんが、チケットを手配してくれ、ワタシは30年越しの逸失利益をとうとう実現したのだった。

高校時代、ドラマーの友人との果たせなかった約束が、大人(というかだいぶ大人)になってから、別のドラマーの友人のはからいでかなうなんて、これを天の導きと言わずしてなんと形容したものか。あ、単なる偶然か。

いずれにしてもKさん、ほんとに感謝☆

年末調整の後始末が終わったらまたセッションしましょうね♪

で、会場のSHIBUYA-AXといえば、ちょっと前、DEEP PURPLEがやった場所で、あのときは一部のイス席チケットがあっという間に完売したので、スタンディングは勘弁と見送ったんだっけな。。。そうそう、五月かなんかで、連れて行こうと思ったムスコも中間試験だったのだ、たしか。

で、めんどくさがってライヴにあまり行きたがらない私にとってはこれまた初体験の「ワンドリンクつき」というシステム。

どうするんですか、これ、酒の入ったカップ片手に踊るの?

メニューを見れば、「水(ペットボトル)」というのもあったけど、たかがペットボトルに500エンも払えるかと、とりあえずビールをオーダーする。

しかし、冒頭にも書いたように土曜日は「極寒」だった上に、開場が20分近く遅れたために体は芯まで冷え切っていたのだったのだが、ビールのほうも負けじとばかりに、親のカタキとばかりにキンキンに冷えていたのにくわえて、Kさんもまだ来ておらず席に持って入るのもめんどくさかったので、その場で一気に飲みしてそそくさと自分の席に向かう。

実はその土曜日は出勤して、直前の夕方四時ごろまで仕事もしてたので、この一気飲みの効果は絶大で、席に着くまでにすっかり足にきたのだった。

ビールなんか、極寒なのにごっくんするもんじゃないですね。(うーむ、さらに底冷えが)

しかし、入ってみれば席はなんと前から二列目のステージ正面。

小ぶりなハコとはいえ、こんないい席は菊池桃子以来だぁ♪

待つことしばし、Kさんも到着して、対バンのSOILのパフォーマンスが始まった。

言い忘れていたが、もらったチケットをろくすっぽ見ていなかったので、会場に着くまで知らなかったんだけど、この日のライヴはSOIL & PIMP SESSIONSなるジャズバンドとのブッキングだった。

ジャズバンドといっても、無理にカテゴライズすればそうなるのであって、ワタシの好みのギターレスだったうえに、ジャズ、ファンク、パンク、クラブといったミクスチャーなバンド。

演奏力も確かでパフォーマンスも面白かったし、コアなファンもスタンド席で大盛り上がりだった。

なんでも四人囃子側が気に入って、ブッキングしたらしい☆

とっても面白かったので、いらんドリンク分の元は取った感じだった。

で、肝心の四人囃子。

定番曲のオンパレードで、「ネッシー」を丸ごとやってくれたときなんかやっぱり感涙モノだったね。

キーボードもはじめて聴いたあのときの、ブ厚いアナログの音だ。

やっぱりハードなディストーションサウンドには、ハモンドのウネリがまとわり付かなくっちゃいけない。

30年前、当時府中に住んでいた仲良しの友人の家にレコードを持ち込んで、朝帰りしたことまで思い出した。。

MCもボソボソかげんの森園氏が三曲目にしてセットリストを忘れ、ドラムの岡井大二から

「ちゃわんだよ、ちゃわん!」と指摘されるところなんかご愛嬌だったし。

とにかく、最高の夜だった。

マキさんの歌は、これからもきっとどこかで聴く機会はあると思う。

ガロは、一番好きだったトミーがもういないから望んでも仕方ないとしても、いつまでも好きでいることはなんと幸せなんだろうと感じることのできた夜だった。

帰りも寒かったけど、原宿駅までの坂道、ココロと目頭がなんだか熱かった☆

|

« 電気ケトルを買ってみました | トップページ | VICIOUS RUMORS »

コメント

素晴らしいライヴだったようですね(^^)
Shibuya-AXってスタンディングかと思っていたのですが席があるんですね。
あっ、菊池桃子嬢のファンでいらしたんですね^^;

投稿: may | 2009年1月12日 (月) 00時04分

ボクがメキシカ~ンにシビレている頃、四人囃子にシビレてましたか。
寒さの続く今日この頃。ホットな想い出を残しましょう。

投稿: 潮騒にガムラン | 2009年1月12日 (月) 00時14分

mayさん、ワタシもてっきりスタンディングのみと思っていたのですけど、パフォーマーによっていろいろなヴァリエーションがあるようですね。
真ん中は(おそらく四人囃子ファン用に)イス席があり、左右にスタンディングエリアが仕切られていました。SOILのファンは比較的若い層でスタンディングで盛り上がっていまして、そのSOILのリーダーが「立っている人も立ちたいのに我慢している人も一緒に盛り上がろう!」と煽ったのが笑えましたよ

投稿: kenta | 2009年1月12日 (月) 00時38分

ガムランさん、シビレというか久しぶりに耳鳴りしました♪

投稿: kenta | 2009年1月12日 (月) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電気ケトルを買ってみました | トップページ | VICIOUS RUMORS »