« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

カミさんの言いまつがいシリーズ☆その1

クレジットカードの申し込みをしたらカード会社側に手続き上の不備があったので、クレームの電話を入れたら、初めに出た♀担当者が間違った説明をするわ電話の保留は長いわ揚句のはてに担当部署が別だと言われるわ・・・

横でそれを聞いていたカミさんが
「皿回しじゃん」

あの、それを言うなら「たらい」なんですけど。
猿か、オレは(^^

| | コメント (2)
|

〇〇風邪

国の名前がついた流行性感冒があります。

香港かぜとかスペインかぜとか、最近ではA型ソ連かぜなんてあるらしい。

これってその国からクレームきたりしないんでしょうか。

かつて、一部の特殊なお風呂屋さんにトルコ政府からクレームがついたため、呼称を変更したことがあったほどだから、病気の名前なんかつけられたら観光協会や旅行代理店にとっては業務妨害だと思うんですけど。

でも「ソ連かぜ」っていつから?

もう存在しない国なんだから、ウクライナかぜとかエストニアかぜとか(どのあたりが発祥の地か知らないけど)に変更しないと、ただでさえ歴史に疎い近頃の少年少女たち、ソ連をウィルスかそれを発見した学者の名前と勘違いしやしないかと思うのでした。


♪本日の通勤BGM〜ポール・マッカートニー

| | コメント (0)
|

ラズベリーズ

ムスコがRASPBERRIESAがいいよというので聞いてみた。

エリック・カルメンのAll By MyseIfしか知らなかったが、ワタシはそのポップな作りの端々にロックの香りを感じる。

ムスコの場合は、後期BAY CITY ROLLERSがカバーしていた曲がRASPBERRIESのオリジナルだから気に入ったのがきっかけだったらしいが、どんな切り口でもいいからそういう繋がりでどんどん聞き込んでいくのがよろしい♪

そしていつの日か、HM/HRの世界に足を踏み入れるのだ。

待ってるよん。


♪本日の通勤BGM〜RASPBERRIES

| | コメント (2)
|

特技

昨晩、夕食の食卓に、ハムとキュウリのちょっと小洒落たおつまみみたいなおかずが添えてあった。

基本的にカミさんの通常のレパートリーにはない類いなので

「あれ?どうしたのこのオードブル。今日は何かのパーティだったっけ?」と聞いたら
「マカロニサラダを作ろうと思って買い物に行ったんだけど、ハムとキュウリを買ってマカロニを買い忘れた」だって(^^;

さすがO型、面白すぎる(^^

でも休日の外食のときなど、何食べようかというのはなんにも決められないのに、毎朝のムスコの弁当作りはとても要領がいい。弁当メニューなんていつ考えて決めてんだろ。しかも作ってるところをよく見ると、半分寝ている。ワタシには到底マネできない(^^;

やっぱり「おうちごはん」は楽しい♪

♪本日の通勤BGM〜マーク・ボールズ

| | コメント (2)
|

ジェフ・ベック

ジェフ・ベックの新しいライヴアルバムを送っていただいた。

Over The Rainbowが入ってないという理由で購入を見送ったのだけど、mayさんありがとう(^^ゞ

国際フォーラムで見たとき、アンコールナンバーだったOver The Rainbowに感動したからなのだが、実は一番素晴らしかったのはビリー・コブハムのナンバーStratus。

ワタシの中ではコブハムというよりトミー・ボーリンのナンバーという位置付けなんだけど、とにかく彼のDEEP PURPLE入りのきっかけとなったSpectrumの重要なナンバーだ。
高校時代のバンドで何度もやったっけ。

国際フォーラムではいきなりオープニングだったからとにかく度肝を抜かれるやら目頭が熱くなるやら。

それにしても本当に一音一音大切に、まるでガラス細工を注意深く扱うかのようにギターを弾く人だ。

どれだけ早くピッキングできるか、どれだけたくさんツーバスを連打できるかばかり考えてる連中に聞かせてやりたいよ。たぶん聞いてると思うけど。

ロックはとにかく出音、そしてライヴの醍醐味はインタープレイだ。


♪本日の通勤BGM〜ジェフ・ベック

| | コメント (2)
|

群青色

朝、家を出るときの空の色。
今まで漆黒という表現が相応しかったのが、少し藍色が注してきた。

藍から青が出でて、その青が明るくなるのももうすぐ。

夜明けの来ない朝はないというのは謡い古されたフレーズだが、さて巷の閉塞感は。。。?

注)写真と記事の内容は直接関係・・・あるようなないような・・・・

映画「連合艦隊」の主題歌でしたからね♪

♪本日の通勤BGM〜HEARTLAND

S041

| | コメント (0)
|

冗談と思いきや・・・案の定?

Pat

数日前、パット・マッグリンの記事で、

「来日目的はサイン会?」

と冗談でコメントしたのだが、ホントにそうらしい。

今日1月25日、高田馬場でトークライヴ&サイン会だとムスコが教えてくれた。

チミはいったいどこからそういう情報を得てくるのかね?(^^;

きなこさん、行かれます?(^^

でも”ト-ク”ライヴって・・・。

あ、ワタシ?

相武紗季のトーク握手会ならすっ飛んでいきますが(^^;

昨日のお食事会もじつは高田馬場だったんだけど、そんな会場なんてあったっけ?

でもパット・マッグリンも50歳。

年下の私が言うのもなんだけど、可愛らしいルックスは維持しているらしい(と、これもムスコ情報。あなたいったいそんな情報どこで・・・?)

他のメンバーも元気かな?

レスリー・キッコーマンにエリック・フォークナイフ、パット・マーガリン・・・(^^)

当時、硬派でもなんでもなかったワタシはBCRやBUSTERもけっこう好きだったのだ。

あ、ムスコもそのDNAなのか・・・(^^

| | コメント (2)
|

去年の今日☆Part2

去年の今日☆Part2
去年の今日は、ムスコの合格発表の日だったので、それから一年間、無病息災をお祝いしてカミさんと三人でお食事会をした。

ふと見ると、壁にかけたダウンジャケット。

左がムスコ、右がカミさんの。サイズの違いが笑える。

大きくなったものだ・・・
そのムスコはいま、iPodで、原子心母にハマっている。

B面のアコースティックはまた印象が違うでしょと言ったら
「どこからB面?」だって。

やっぱり今の子だなあ(^^

| | コメント (2)
|

ついに

自分より年下の大統領が誕生した。

クリントン大統領が就任したとき、ミック・ジャガーより年下と知って驚いたのに比べたらもうさほど衝撃じゃないな。

そもそも土方歳三なんて享年35歳、高杉晋作なんか
20代で亡くなってるのだ。

どっちかというと、自分より歳若い選手が引退したり、そうそう、横浜ベイスターズの監督に牛島和彦が就いたときは感慨深かったな〜
自分より若いプロ野球監督!

プロ野球はともかく、うかうかしてるとそのうち「ムスコと同い年の高校野球の監督」とかが誕生するのも時間の問題。

でもロックは聞くのも演るのも止めないよーん(唐突(^^)

♪本日の通勤BGM〜IMPELLITTERI

| | コメント (2)
|

去年の今日

去年の今日は、ムスコの高校受験日だった。

あれからもう一年たつんだな。

当日は、たまたま家を出る時間が合ったから途中まで送っていったが、乗換駅で、じゃあ平常心でねと送り出したときの彼の表情を今でも思い出す。

ヤツはマジになると「への字」の口になるのだ(^^
文化祭ライヴのときも、スティック回しながら口元は「へ」だったっけ(^^


晴れて入学後、肝心の成績のほうはともかく、中学三年間続けた皆勤賞と部活を今も続けていることは褒めてやりたい。

中三生にとっては、今から公立の後期試験までの約二ヶ月、試練の冬になる。

何もこんな一年でもっとも寒い時期に試験などしなくてもと思うけれど、健康管理に注意して一年間の成果を出し切ってほしいと思う。

と、他人事を心配する間に、大学受験はもう二年後なんですけど(^^;

| | コメント (2)
|

パット・マッグリン

パット・マッグリン
BAY CITY ROLLERSの元ギタリスト、パット・マッグリン(といってもホントに弾いていたかは怪しい(--;)が来日するらしい。

ムスコによれば、CDの再発を記念してということらしい。イアン・ミッチェルみたいにいいオッサンになってると思いきや、意外に変わってないそうだ。
それにしてもチミは音楽史はホントによく知ってるね〜。その調子で日本史も世界史も頼むね。

ところでワタシの率直な感想は
「来日して何するんだろう?サイン会?」

BUSTERならちょっと聞いてみたい気もするけれど。


♪本日の出張BGM〜ジョセフ・ウィリアムス

| | コメント (2)
|

お坊ちゃま

ムスコの制服、早くもズボンの尻が傷んできたので、購入した伊〇丹百貨店に修繕を依頼した。

定期的に百貨店の担当者が学校を訪問してるので、ムスコが直接その担当者に説明して繕いを依頼したのだが、しばらくして百貨店担当者から家に電話があったらしい。
電話はカミさんが受けたのだが、その時相手が
「お坊ちゃまから御依頼ありました制服の件で」と言ったらしく、カミさんは一瞬ピンと来ず、
「お坊ちゃまってだあれ?」と思ったのだそうだ。

たしかにうちは一人ムスコだから「お坊ちゃま」にもっとも近い存在は彼しかいないんだけど、ヒゲもまばらな高校生をつかまえて「お坊ちゃま」はないやね。学習院高校あたりの帰国子女ならともかく。

ところで、カミさんとも話したんだけど、男の子は「お坊ちゃま」、なら女の子は?

「お嬢ちゃま」だよね。

じゃあ「お嬢さま」の反対語は?

「お坊さま?」


伊〇丹の担当者から電話で
「お坊さまからご注文いただきましたお直しが出来上がりました」じゃ、袈裟か羽衣でも仕上ったみたいじゃないか。

日本語は美しい。

ときとして、めんどくさいこともあるけれど。


♪本日の通勤BGM〜LAST AUTUMN'S DREAM

| | コメント (0)
|

DEEP PURPLEとインギーが競演?しかも来日ですって???

勘弁してくださいな、ウドーさん。。。

そりゃ、イングベーも嫌いじゃないけど、これは踏み越えちゃならない一線だったと思いますよ。

得意満面で、リッチーの三倍くらいの長さとスピードでソロを弾きまくるイングベーの鼻っ柱が今から目に浮かびます。

願わくば、イアン・ギランがイングベーに往年のリッチー翁の姿をダブらせ、一触即発の状態にならんことを。。。

どうもBurnか何かやっちゃって、イアンの逆鱗に触れちゃいそうな気がするのは取り越し苦労と言うものか・・・

とにかくスティーヴ兄ぃのフトコロの深さと力量いかんにかかってると思うんですけど。。きっと。

♪本日の通勤BGM~そんなこととは露知らず、E・Z・O

| | コメント (2)
|

BAQETランチ

BAQETランチ
サンマルクグループのこのベーカリーレストラン、実はかなりお気に入りなのだ。

行きつけは調布の店なんだけど、今日はのんびり浦和方面にドライブがてら、イオン浦和美園に寄ってみたらBAQETを発見。

調布店より店内もゆったりしてるし、いいじゃん!

というわけで、日曜日の今日も部活のムスコを尻目に、カミさんとのんびりランチなのだった。

♪本日のドライブBGM〜荒井由実、さだまさし(ただしトーク集)

| | コメント (0)
|

復活の日

向こうのblogを復活させた。

Y!サイトにIDとPWを入力する必要があって画面を開いたら、新着メッセージがありますとのことだったので見てみたら、以前そちらで懇意にしてくれていたある方が今年になってもちゃんと新年のメッセージを下さっていて、なんと不義理をしたのだろうと自戒の念に苛まれたのだった。

なので、それぞれお世話になった方々に挨拶をしておこうと、コソコソと記事をアップさせたら、たくさんの人が来てくれて、まるで一週間くらいのご無沙汰であったかのように楽しい会話が始まった。

お気に入りにずっと入れたままにしてくださっていた方も多くいて、世間はいろいろと冷たい風が吹きすさんでいるというのに、なんと温かいことだろう。

二年間放置していたから、

・懲役刑で服役していた

・海外逃亡していた

・性転換手術をしていた

・記憶喪失だった

・デスノートに名前を書かれた

などと推察されても仕方ないが(できればポール・マッカートニーや志村けんみたいに死亡説ならカッコいいけど)忙しいと思えばこそ、こういう場所に自分のスペースをちゃんと維持しておきたいと思う。

そういう時間のコントロールもようやくできるようになったことだし♪

| | コメント (2)
|

チョコレートを大量に買う男

チョコレートを大量に買う男
ここのところ仕事がかなりタイトでみんなあくせくイライラしてるものだから、チョコレートを配ってみたらけっこう好評でした。

以前からわりとオフィスにお菓子をストックしておくのが好きで、タバコを吸わないせいもあるんでしょうか。

DEATH NOTEのLも、糖分は脳の働きにいいと言ってたし、とりあえず来週のぶんを調達です。

今のところやっぱりGABAがお気に入りかな♪

| | コメント (4)
|

VICIOUS RUMORS

VICIOUS RUMORS
HM/HRで、クオリティの高さとユニオンでの中古価格に最も乖離があるのがカバペーとこのVICIOUS RUMORSじゃないだろうか。

ヴィニー・ムーアの踏み台というなんとも可哀相なデビューからはい上がっただけの底力はあった。

なんといっても初期の作品では、今は亡きヴォーカリストのカール・アルバートの歌唱が素晴らしい。

けしてメジャーな存在感ではないが、この分野のシンガーとしてのすべてを持ち合わせていると思える。
ステージパフォーマンスは見てないからわからないけど。

バンドサウンドもHMの王道、ツーバス乱れ打ちが席巻する前の、いかにも骨っぽく妥協のない作りだ。

三連休(厳密には出勤したけど)明けのアタマと身体にカツを入れるには、やっぱりこの手の音が一番ですぜ♪

♪本日の通勤BGM〜VICIOUS RUMORS

| | コメント (0)
|

四人囃子☆見に行きました

090110_171853 極寒の土曜日、SHIBUYA-AXに四人囃子を見に行ってきた。

ワタシにとってニッポンのロックバンドといえば、誰が何と言おうと(誰も何にも言ってないけど)マキ&OZ、GARO、それにこの四人囃子が三本の指に入る。

しかし、ナマの四人囃子を見るのは実はこれが初めてで、かれこれ30年前、高校一年のときに、当時同じクラスでバンドのドラマーでもあった小林と「今週、四人囃子のライヴが日比谷の野音であるから見に行こうぜ」と約束したのが、ワタシか小林のどちらかの都合でポシャって以来、こんにちまで機会がなかったのだ。

今にして思えば、あのときにタイムスリップして、当時の自分に

「この機会を逃したら30年間見る機会はないのだぞ。どんな予定か知らないが、とにかく全部すっぽかして野音に行っておけ」と言ってやりたいほど。

それが、やはり持つべきものはロックともだち、普段は税理士さんという仮面をかぶっているが、その実態は恐るべきブートレグ盤収集マニアであのZEPPをナマで見たことで友人たちの間で一目置かれているドラマーのKさんが、チケットを手配してくれ、ワタシは30年越しの逸失利益をとうとう実現したのだった。

高校時代、ドラマーの友人との果たせなかった約束が、大人(というかだいぶ大人)になってから、別のドラマーの友人のはからいでかなうなんて、これを天の導きと言わずしてなんと形容したものか。あ、単なる偶然か。

いずれにしてもKさん、ほんとに感謝☆

年末調整の後始末が終わったらまたセッションしましょうね♪

で、会場のSHIBUYA-AXといえば、ちょっと前、DEEP PURPLEがやった場所で、あのときは一部のイス席チケットがあっという間に完売したので、スタンディングは勘弁と見送ったんだっけな。。。そうそう、五月かなんかで、連れて行こうと思ったムスコも中間試験だったのだ、たしか。

で、めんどくさがってライヴにあまり行きたがらない私にとってはこれまた初体験の「ワンドリンクつき」というシステム。

どうするんですか、これ、酒の入ったカップ片手に踊るの?

メニューを見れば、「水(ペットボトル)」というのもあったけど、たかがペットボトルに500エンも払えるかと、とりあえずビールをオーダーする。

しかし、冒頭にも書いたように土曜日は「極寒」だった上に、開場が20分近く遅れたために体は芯まで冷え切っていたのだったのだが、ビールのほうも負けじとばかりに、親のカタキとばかりにキンキンに冷えていたのにくわえて、Kさんもまだ来ておらず席に持って入るのもめんどくさかったので、その場で一気に飲みしてそそくさと自分の席に向かう。

実はその土曜日は出勤して、直前の夕方四時ごろまで仕事もしてたので、この一気飲みの効果は絶大で、席に着くまでにすっかり足にきたのだった。

ビールなんか、極寒なのにごっくんするもんじゃないですね。(うーむ、さらに底冷えが)

しかし、入ってみれば席はなんと前から二列目のステージ正面。

小ぶりなハコとはいえ、こんないい席は菊池桃子以来だぁ♪

待つことしばし、Kさんも到着して、対バンのSOILのパフォーマンスが始まった。

言い忘れていたが、もらったチケットをろくすっぽ見ていなかったので、会場に着くまで知らなかったんだけど、この日のライヴはSOIL & PIMP SESSIONSなるジャズバンドとのブッキングだった。

ジャズバンドといっても、無理にカテゴライズすればそうなるのであって、ワタシの好みのギターレスだったうえに、ジャズ、ファンク、パンク、クラブといったミクスチャーなバンド。

演奏力も確かでパフォーマンスも面白かったし、コアなファンもスタンド席で大盛り上がりだった。

なんでも四人囃子側が気に入って、ブッキングしたらしい☆

とっても面白かったので、いらんドリンク分の元は取った感じだった。

で、肝心の四人囃子。

定番曲のオンパレードで、「ネッシー」を丸ごとやってくれたときなんかやっぱり感涙モノだったね。

キーボードもはじめて聴いたあのときの、ブ厚いアナログの音だ。

やっぱりハードなディストーションサウンドには、ハモンドのウネリがまとわり付かなくっちゃいけない。

30年前、当時府中に住んでいた仲良しの友人の家にレコードを持ち込んで、朝帰りしたことまで思い出した。。

MCもボソボソかげんの森園氏が三曲目にしてセットリストを忘れ、ドラムの岡井大二から

「ちゃわんだよ、ちゃわん!」と指摘されるところなんかご愛嬌だったし。

とにかく、最高の夜だった。

マキさんの歌は、これからもきっとどこかで聴く機会はあると思う。

ガロは、一番好きだったトミーがもういないから望んでも仕方ないとしても、いつまでも好きでいることはなんと幸せなんだろうと感じることのできた夜だった。

帰りも寒かったけど、原宿駅までの坂道、ココロと目頭がなんだか熱かった☆

| | コメント (4)
|

電気ケトルを買ってみました

うちは必要なお湯はそのつど沸かすので、先日、長いこと未使用だったポットを廃棄した。

コーヒーも豆から落とすし、とくに毎日大量のお湯が必要なわけではないのだけど、先日ポットの代わりに小さめの電気ケトルを買ってみたら、これが意外にスグレモノ。

ちょっと朝にカップスープ、三人分のお湯なんてあっという間に沸いてしまうのね。

場所もとらないし、うちにたくさんある白モノ家電の、うーんと歳が離れて生まれた小さい弟みたいでなんとも可愛らしい。

名前でもつけようかしらん♪


♪本日の通勤BGM〜RING OF FIRE

| | コメント (4)
|

Joe Lynn Turner Live In Germany

Joe Lynn Turner Live In Germany
ジョー・リン・ターナーのソロライヴアルバム。

最近、日本盤でもリリースされたけど、実はちょっと前に中古輸入盤で手に入れていた。

その金額より新品輸入盤のほうが格安なんですけど、ユニオンさんたらどういう訳ですか。

さて、内容は大部分が虹時代の楽曲で、さながら紅白歌合戦でいまさらデビュー曲を歌わされる往年の名歌手を思わせるが、今までいくつかリリースされていたジョーの虹時代の作品と比べると、今回のはサウンド的にも完コピに近い。

グレン・ヒューズや梶山章とやったときは多少荒っぽかったのが、おそらく今回のバンドではジョーの思い通りにコントロールできたと思われる。

その分、スリリングさに欠けるのと、どうやらアンコールナンバーだったとおぼしきI Surrenderでの「See You!」というMCが三曲目あたりにきてるので、もうちょっとどうにかならなかったかというのが正直な感想だ。

とはいえ、好きなヴォーカリストだからもちろん所蔵に加えたい一枚であることに変わりはないけどね♪

♪本日の通勤BGM〜JORN、ジョー・リン・ターナー

| | コメント (4)
|

あっぱれ

高校サッカー、母校久我山は前橋育栄に1-0で惜敗した。

夏のインハイでも負けてる相手だけに、雪辱を期した一戦ではあったけど、それでも、新しい年の初め、サッカー部とラグビー部に存分に元気をもらったし、部下にも今年の大会に出た他校ラグビー部の出身者やコアなサッカーファンがいたりして、けっこう盛り上がった。


とにかく例年になくいい新年の滑り出しを担ってくれた後輩たちに感謝して、今年も頑張るとしましょう♪

♪本日の通勤BGM〜ロブ・ロック、MAJESTIC

| | コメント (0)
|

久我山サッカー三回戦突破

久我山サッカー三回戦突破
高校サッカーは三回戦。

母校久我山は、昨日松山北高校に勝って今日は那覇西高校戦を迎えた。

場所は駒沢公園陸上競技場。
高校関係者に加えて、サッカー少年の家族連れやサッカー部とおぼしき高校生の姿も目立つ。


ややラッキーな面もあったけど、チームカラーのパスサッカーが存分に活きて7-1と危なげない勝利だった。

攻撃の要である二人、MFの田邊君はFC東京へ入団、FWの川久保君はセンター試験で国立大学を目指すと、それぞれ道は違えど「久我山健児」っぷりを発揮して、一つでも多く勝ってくれたまえ。

| | コメント (2)
|

久我山☆圧勝

全国大会、ラグビー部もサッカー部も圧勝だ。

サッカーの松山北戦はカミさんの実家でテレビ観戦だったのだけど、録画だったため、全7ゴールが約40分くらいに編集されていた(^^;

テキトーに見ていたカミさんは

「あれ?もう試合終わったの?コールド勝ち?」

あのね、サッカーにそんなルールはないんですけどっ・・・

| | コメント (2)
|

新年

晴れの特異日にふさわしく、ことしも穏やかな元旦になった。

一年で初めて聴く曲というのを意識しなくなって何年かになることに気づく。

それまでは毎年BEATLESだった。

"Let It Be"は座右の銘。

ことし。

初心に帰って

「ならぬなら、なるようにしてみせる」から

「あるがままに」へ、

少し力を抜いてみよう。

♪今年の幕開けBGM~Let It Be ...Naked 6601_2

| | コメント (0)
|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »