« SILVER SERAPH | トップページ | SNAKE CHARMER »

樋口宗孝さんを悼む

LOUDNESSは好きなバンドだった。

樋口宗孝さんがあるラジオ番組かなにかで、新曲での自分のドラミングがフルコピーできた人にはドラムセットを進呈する、みたいなことを豪語したことをなぜだかよく覚えている。

ずいぶんと自信たっぷりなコメントだが、当時その発言に、とても好感を持ったのを覚えている。

ミュージシャンとして、自分のプレイにそれほどの自信をもてることがうらやましくもあり、凄いとも思った。

何度も挫折しそうになったというLOUDNESS時代の苛酷なサーキットでは、ウオーッと盛り上がる会場をよくみたらみんな中指が立っていたと二井原実氏が回顧していたっけ。

それほど日本製のHMは受け入れられ難かったのだ。

天国に行ったなら、コージー・パウエルに
「なんだ、もう来たのか」と言われるんだろうな。

ロックはどうしてこれほどまでに壮絶で、ポジティブなのだろう。

合掌


♪本日の帰宅BGM〜LOUDNESS

|

« SILVER SERAPH | トップページ | SNAKE CHARMER »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SILVER SERAPH | トップページ | SNAKE CHARMER »