« サミット警戒と若いお巡りさん | トップページ | あちゃ、iPod の充電切れた »

それならフライにしてあげましょうか

タイトルは宮沢賢治「注文の多い料理店」のセリフ。正確には「サラドはお嫌いですか。それならこれから火をおこしてフライに〜」じゃなかったかな。

西洋料理店「山猫軒」に迷い込んだ二人が料理にされそうになるシーンだ。

なんで思い出したかというと、昨日ムスコがカミさんに英文で送ってきたメール、本人は
「明日の昼もお弁当作ってね」と書いたつもりなのだと思うんだけど、どう見ても
「僕を明日のランチにしてね」と読めてしまうのだ。

「じゃ、塩揉みして煮るなり焼くなりしてあげたら、あ、よーく洗ってからね」と朝からカミさんと爆笑したのだけど、よく考えたらあさっては英検の二次試験だろ、大丈夫か。

指摘してあげようと思ったが、試験前にプレッシャーになってもいけないしな〜。

まあ似たような歌詞を引っ張りだしてきて、それとなく刷り込んでやるとしよう。

「俺に〜してくれ」なんて、ロックの歌詞には売るほどあるはず(そもそも売り物だけど)♪

♪本日の通勤BGM〜ASIA、中島美嘉

|

« サミット警戒と若いお巡りさん | トップページ | あちゃ、iPod の充電切れた »

コメント

きっとmeとmyのスペルを打ち間違っただけすよ(^^)
それに比べて授業中にWhistleする奴をどうにかしてください。。。

投稿: may | 2008年7月10日 (木) 08時47分

傍から見てると微笑ましい家族の風景に見えますが、これが自分の娘だったら笑えませぬな(爆)
そういえば、うちは何級まで取ったんだっけ?
親がこれじゃ、仕方ないですね(;´▽`A
ちなみに漢検は頑張って受けてました♪

投稿: きなこ | 2008年7月10日 (木) 10時50分

mayさん、授業中にWhistleの練習しないようにする一番の近道は・・・
「早くちゃんと吹けるようになること」
でもって、それにはやはり日々の練習が欠かせないかと(^^;

投稿: kenta | 2008年7月10日 (木) 20時39分

きなこさん、通勤電車の中でも漢検や英検の問題集を広げてる学生を以前より多く見るようになりました。学校などでも奨励しているのでしょうね。
その昔、ある女優さんが、作家の伊集院静氏が「憂鬱」という漢字をすらすら書くのを見て、一発で参っちゃったのだそうです。
よし!私も・・・

投稿: kenta | 2008年7月10日 (木) 20時43分

学生の頃、バイトしてた飲み屋にフランス人が来るようになりました。彼はまったく日本語が理解できず、コチラはフランス語などチンプンカンプン。

そこで思案の挙げ句、互いにかなり怪しげな英語を駆使してコミュニケーションをとることに。

しかし彼は英語をオーストラリアで覚えたとかで、その発音たるやフランス訛りとオーストラリア訛りの入り交じった強烈なもの。

当然コチラはカタコトのカタカナ英単語を並べ立てるだけ。

それでも彼の滞在中、すっかり仲良くなって、いっしょに遊びに行ったりしてたので、伝えようとする気持ちと理解しようとする気持ちがあればなんとかなるもんでっせぇ~。

低温でじっくりと揚げるのがコツかと…

長々と書いた割にはまったく英検には役立ちそうもないヨタ話になっちまった。スマン

投稿: 潮騒にガムラン | 2008年7月11日 (金) 21時55分

そういえば私も大学の第二外国語はフランス語でしたけど、さっぱり覚えてないなぁ。。。でも、男性名詞と女性名詞の違いはすぐわかるんですよ、なぜか。例えば船は女性で、ペンは男性・・・なーんとなく覚えるコツがあったりして。

投稿: kenta | 2008年7月12日 (土) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サミット警戒と若いお巡りさん | トップページ | あちゃ、iPod の充電切れた »