« ヌーブラヤッホー♪ | トップページ | 戸越銀座さんぽ »

選手の凄さを感じる場面

野球にしろバレーボールにしろラクビーにしろ、一つ一つのプレーの醍醐味はその選手の卓越したスキルにあるのは間違いないんだけど、昨夜のジャイアンツvs日ハムのゲームは一味違う印象だ。

もちろんダルビッシュ(おお、ケータイが「だる」で予測変換する!)は凄かったのだろうけど、注目すべきはジャイアンツの継投策。
先発の野間口は五回まで、以降山本、藤田、クルーンと繋いだ選手起用はまさに短期決戦のそれ、この試合は必ず取りにいくという起用だ。

リードした場合はあらかじめこれでいくことを決めていたのだろうな。
だから起用された選手も自分の役割をそれぞれ認識していい仕事ができたのだ。

そして何より凄いと感じたのは、天下のジャイアンツ(ちょっと今弱いけど)をして、短期決戦さながらの布陣で全力で向かう気にさせたダルビッシュ。

やっぱり今の球界では随一の投手なのだ。

彼の「日本の野球に育ててもらったのだからメジャーになど行く気はない」という発言以来、私は彼に素晴らしい日本人の男気を感じる。

久しぶりに清々しい勝負を見た気がした(通勤帰りのワンセグ視聴だったけど)
♪本日の通勤BGM〜マイク・・ヴェセーラ

|

« ヌーブラヤッホー♪ | トップページ | 戸越銀座さんぽ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヌーブラヤッホー♪ | トップページ | 戸越銀座さんぽ »