« 西武ドームで当たり | トップページ | うーん、僕がチミなら… »

それは男の子の通る道・・・されど

会社の先輩のムスコさん(高2)が通う、都内某中高一貫校では先日修学旅行だったのだそうだけど、そこでひと騒動あった。

「今日早く帰って緊急保護者会だよ・・・」とトホホな表情。

なんでも、修学旅行先で女湯を覗いちゃった生徒がいて、大騒動になったらしいのだ。

覗き見しちゃったグループ(幸い?先輩のムスコさんは当事者ではなかったらしい)は、即日完全隔離で食事時間も引率の先生の監視つき。

当然、修学旅行の行程も予定通りとは行かず、先生の厳重な監視の下、ホテルで謹慎となったあげく帰宅、その晩生徒全員の父兄に緊急の召集詔が下ったというわけらしい。

「まあ、しかたないですよ。そういうことって多かれ少なかれ男の子は興味あるもんなぁ」と慰めてみたが、よくよく聞くと女湯の様子を写メで撮っちゃった奴までいたらしい。

そいつはまずい、立派な犯罪だ。

私立だろうが公立だろうがそれは関係ないぞ。

私だって中学の修学旅行のとき、脱衣所にあった同級生のパンツを隠したくらいで、覗き見なんて思いもつかなかった。

高校のときもそんなことはしていない。あ、高校は男子校だったっけ。

でも、ムスコを入学させてあらためて実感したのだけれど、私立高校というのはほんっとにちょっとでも何かあるとすぐ電話がかかってくる(らしい)

らしい、というのは、幸いなことにまだうちのムスコがそういう不始末をしでかしていないからで、私の高校のころもそのような傾向があったけど、いまどきは「生徒の素行」→「先生の監視体制と連携システム」→「父兄への連絡」というスキームが30年前にくらべておそろしく高度に進化している。

あまりに周囲の目が多すぎるのも窮屈に感じるであろう反面、昔じゃ考えられなかった犯罪も多発しているから、やっぱり親としてはより安心を求めたいというのが心情だ。

けっきょく、仕事や家事で疲れた日の晩に学校に呼び出され、説教され・・・

子供を守ったり諌めたりするのはまず家庭から、という至極あたりまえな現実を、先輩たち数百名の親御さんはあらためて実感させられたんだろうなぁ。。。

友達のパンツを隠すくらいはかまわないが、けして女湯なんか覗いてはいけないぜ。

|

« 西武ドームで当たり | トップページ | うーん、僕がチミなら… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西武ドームで当たり | トップページ | うーん、僕がチミなら… »