« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

今も昔も黒ヒツジ

卒業アルバムの寄せ書きに教師から、厄介者の意である「黒ヒツジ」と英語で書き込まれた女性が訴訟で和解したというニュースがあった。

ひょっとしたらこの教師、深紫ファンだったかもしれぬ。
通説では、DEEP PURPLE第三期、QUATERMASSのオリジナル曲Black Sheep Of The Familyのレコーディングを主張したリッチーと、よそのバンドにクレジットを支払いたくない他のメンバー四人とが対立し、それがリッチー脱退の原因のひとつになったということになっている。

しかしこの話、真実はたぶんリッチーが仕掛けたネタだ。

RAINBOWの1stに収録したくらいだからお気に入り曲というも事実だったろうけど、おそらくは自らをDEEP PURPLEのチームにおける厄介者であることをデフォルメしてマスコミの話題をさらい、RAINBOWへの注目度に拍車をかけたのだ。

鉛の飛行船のギタリストのほうはすっかり笑顔が似合う柔和なキャラクターになってしまったが、リッチーのほうはいつまでも周囲がピリピリするような緊張感を保っていてほしい。

しかし、もうギターを歪ませる気はないんですか?

♪本日の通勤BGM〜DAMN YANKEES

| | コメント (6)
|

校歌と学園歌と軍歌

センバツ高校野球大会を見ていて、愛媛県の済美高校の校歌が面白いということに気づいた。

正確には校歌ではなく「学園歌」といって、男女共学の際に校訓となった「やればできる」をテーマにしたものとのことで、曲調がPOPSで嵐かV6あたりが歌ったらさぞかしピッタリくるだろな。

うちの高校も、校歌のほかにラグビー部部歌というのがあって、早稲田大学の「荒ぶる」と同様、全国優勝したときにしか歌われない。

もう10年以上聴いていないんですけど。

もうひとつ、甲子園の校歌といえば思い出すのが、岩手県の盛岡第一高校。

何年も前のことだったが、同校が甲子園で勝利して、校旗掲揚裏に流れた校歌を聴いて大観衆&全国のお茶の間はびっくり仰天したのだった。

だってメロディが「軍艦マーチ」だったから。

今でこそパチンコ屋さんのBGMを連想してしまうかもしれないが、「海ゆかば」「加藤隼戦闘隊」と並んで、個人的に軍歌ベスト3に入ってる。

次点にくるのは、「月月火水木金金」

いまどきのニート野郎に聞かせてやりたいくらいだが、もちろん「艦隊勤務」はご法度だ。

争いごとはあくまでフェアなビジネスの世界でのみ、命のやり取りであってはならないと思う。

| | コメント (0)
|

WHITESNAKE☆ようやく新作♪

612o3phqgjl_sl500_aa240_待ちに待ったよ、ほんとに。

最新作はダグ・アルドリッチのソングライティングが向上していてなかなかの力作というウワサ。

たしかに指は早くて正確だけど、彼の作品はBAD MOON RIJING~ソロ時代を通じてどれもこれもすご-くつまらなかったもんね。

ちょっと試聴してみたけど、確かに太~いリフで「渾身」という表現がぴったりだ。

デヴィッドの声は、良くも悪しくも「今の声」だが、今でも世界中で一番好きなディープヴォイスであることに変わりはない。

来月号のB誌にもインタビューが載るそうで、しばらくぶりに立ち読みせずお金を出して買うことになりそうだ♪

4月21日のリリース日が待ち遠しい♪

| | コメント (6)
|

四ツ谷の桜

四ツ谷の桜
さーて、来年もここで見られるかな???

♪本日の通勤BGM〜DEF LEPPARD

| | コメント (2)
|

TPOというもの

昨夜のニュース番組で、未成年の息子が起こした事件に対して父親が行った謝罪会見の模様が報道されていた。

謝罪内容もさることながら、ジャンパーにジーパンという恰好はなんなのだ。

まあ、スーツを着ていても税金を無駄遣いし、公約違反をするオトナはたくさんいるから見た目だけの問題ではないのだが、あんたのそういう常識はずれのだらし無いところが息子に対する教育にも悪影響を及ぼしたんだよと思う。

近頃は正装すべき場にも平気でジーパンで登場する芸能人も多いせいか、例えば職場の私服規準などでもびっくりするような主張をするヤツがいる。

そもそもジーパンなど、欧米人の野良着。
そんなものを有り難がってるから、いつまでたってもアメリカ人に属州扱いされるのだ。
それを、やれ「ブルージーンズだけがだめなんですか」「刺繍がダメなんですか」「規準がはっきりないとわかりません」
いいオトナなんだから自分で考えろよ。

でも、こういう連中に限って「見た目より中身」とか「自分らしさ」とか言うのだ。
自分の「中身」をどうやって初対面の相手に理解させるのだ。書いて首からぶら下げて歩くのか?
それができないから、見た目の印象がまず大事な要素になるのだ。

服装、身なりの常識はずれ、正しい日本語の喪失、他者とコミュニケートできないゲームオタク野郎の増殖など、この国の品位は瓦解にまっしぐらだ。

企業会計を統制する以前にまず家庭における内部統制が必要なのだ。

♪本日の通勤BGM〜BLACK CROWES

| | コメント (2)
|

ビリー・プレストンのLet It Be

ビリー・プレストンのライヴアルバムに、いくつかのBEATLESソングが収録されている。

中でもLet It Beは感慨深い。

あの映画前半の、アップルスタジオでの殺伐とした雰囲気は、メンバー四人の冷ややかな関係に拍車をかけるがごとくだが、撮影場所をサヴィルロウの地下スタジオに移し、ビリーが加わったあたりから雰囲気は一変して明るいものになる。

空回りするポール、心ここにあらずのジョン、ぶんむくれのジョージ、処置なしお手上げといった感のリンゴ。
四人が勝手に放つ音の合間を埋めたビリーの「かすがいぶり」はまさに助演男優賞モノだ。

しかし、ビリーの真骨頂はBEATLESとのリレーションシップにあったのではなく、やはり黒人プレイヤーとしての存在感だったように思う。

ライヴアルバムに収められている、オルガン一本によるAmasing Graceは素晴らしいが、Let It Beもまさにゴスペルミュージックとして息を吹き込まれたかのようだ。

「なすがままにしておけよ」は神の言葉と化して、さ、今日は早帰り水曜日♪


♪本日の通勤BGM〜ビリー・・プレストン

| | コメント (0)
|

WHITELION

蛇とかライオンとか、けっこう白い動物が私は好みらしい。

マイク・トランプとヴィト・ブラッタの甘美な個性の融合(甘美ネーションとでもいうか(^^)は、ハードロックというカテゴリを踏み越えずして上質なポップミュージックの存在感を備えている。

今聴いても、これならバカ売れしたはずだと納得する。

白いライオン同様、希少価値の高いバンドだったのだ。

元KISSの「白いトラ」のほうは、希少性の高いのはCDだけのような気がするが・・・

♪本日の通勤BGM〜WHITELION

| | コメント (0)
|

傑作☆男子のお弁当

傑作☆男子のお弁当
TSUTAYAに行ったらカミさんがこんな本を見つけたので衝動買い。

四月からはほぼ毎日弁当を作ることになるのだが、今までも部活やらなにやらで作っていたから、好みや量などはよーくわかってるはずなんだけど、読んでみて中身が傑作だった。

「男子の場合は中身よりダイナミックさ。カッコよさが命です」(ふむ、それはそうですね)

「男子の場合は弁当箱を学校に忘れてくることがあるので、二つ用意しましょう」(女子は忘れないのかっと突っ込んでみたが、確かに私も何度となく弁当箱を忘れて帰ってきたっけ(^^;)

「男子のお弁当はダイナミックさがすべて。可愛らしくフルーツなんか入れると怒ります」(爆笑、絶対当たってる、私もうぐいす豆を入れられて母親に文句を言ったっけ(^。^)

基本的に(私のように)おかずや中身に文句を言ったことはないムスコだが、いちおう「男子」だし。

それにしても「女子のお弁当」というシリーズはないんだろうか。
いちおう考えてみた。

「女子の場合は中身を見せ合ったり交換したりするので、ある程度見栄えのある品数、彩りが欠かせません」とか
「男子と違って学校に弁当箱を忘れるようなことはありませんが、彼氏が出来たらその分も作りたいと言い出すかもしれないので、やはり二つ必要です」とか。
で、「お父様のお弁当」の場合は・・・
それは作る気はないらしい(^。^

♪本日の通勤BGM〜先週の続きのEAGLESに続いてWHITESNAKE
「春キャベツのさっぱりサラダ」のあとにいきなり「無国籍気まぐれステーキ」という感じ♪

| | コメント (3)
|

寒ざくら

寒ざくら
久しぶりにチャリ散歩。

昨晩は思い切り酔って、どこをどう帰ってきたか覚えてないほどだったけど、気持ちイイ陽気に二日酔いにもならずにすんだ。

寒ざくらも、急ぎ足で咲かないと主役のソメイヨシノとかぶってしまうと慌てたかな?

| | コメント (0)
|

だからと言ってまとめ買いする男

だからと言ってまとめ買いする男
コカコーラが、夏に引き続きi-Tunesの曲をプレゼントのキャンペーンを行っている。

前回はキャンペーンに気付くのが遅れて(私、コーラはPEPSI派なので)、「必ず当たる」ほうの商品は売り切れてしまっていたのだけど、今回は十分間に合った。

数日前に買った缶モノのほうは「15秒に一人抽選で当たる」やつで、これが3本中2本が当選。

今月の運をこれで使っちゃったのかもしれないが、とにかく満を持して「必ず当たる」をゲットする。
これはコンビニで売ってる商品についてるタグが必要なので、さっそく5本買う(お一人さま5回までなのだ)。

アーティストやアルバムまるごとにはあまり興味は沸かないが、一曲だけ聴いてみたいというとき、i-Tunesは意外に便利だったりする。
レンタルは返却に行かなきゃならないからね。

さはさりとて、i-Tunesで本格的に曲やCDを購入する気にもならない。
レコードでもCDでも、実際お皿を持ってないと所有した気分にならないからだ。

さあて、何をDLしようかな。
しかし、手づくりジャム、焼きリンゴ、おしるこ、そしてコーラと糖分過剰摂取が続く・・・

♪本日の通勤BGM〜DIO、Eagles
何なのだこの取り合わせ。脂っこい料理のあとでさっぱり酢味噌和えをいただくみたいな(^^;

| | コメント (4)
|

ケルンコンサート

かつて渋谷にあった五島プラネタリウム。

学生のころ、毎月行っていた。

毎週金曜日の最終投影だけ、音楽を聴きながらただ満天の星空を眺める、解説は一切なし、というプログラムがあったからだ。
音楽は月変わりで、クラシックやイージーリスニングが主ではあったけど、今でも忘れないのがそこで初めて聴いたキース・ジャレットのケルンコンサート。

管楽器が苦手な私はせいぜいフュージョンが精一杯で、ジャズには縁遠かった。

それでも、投影された星空に滲み入るような柔らかで歌い上げるようなピアノの音色は、なんの抵抗もなく私の琴線に滑り込んできた。

今聴いても、これをジャズとは感じない。
強いて言うなら、バッハあたりのカデンツァに近いものだ。

そんな能書きより何より、この音源からは、あのプラネタリウムの滲むような星ぼし(プラネタリウムの解説員は、たくさんの星をよく「ほしぼし」と表現していた)と、柔らかな週末の夕暮れを想い起こさせる。
あのリラックスできる椅子にもたれて、至福の時を憩う。

むかしむかしのことだ。
ただひとつ、この音色を除いては。

♪本日の通勤BGM〜キース・ジャレット

| | コメント (4)
|

湯島天神にて

湯島天神にて
趣味の都内散歩で湯島天神へ。

梅が桜へちょうどバトンを渡す時期で、ホントにもう春は近い。

境内には絵馬がたくさんあって、当然のことながら受験関係の祈念ごとがほとんどなのだけど、中に一つ「R-1二回線突破祈願」というのがあった。

なだぎ武でないことは確かなんだけど、果たして御利益は?

♪本日の通勤BGM〜デヴィッド・グレン・エインズレー

| | コメント (4)
|

おしるこを作ってみる

おしるこを作ってみる
何の前触れもなくいきなり作ってみた。

小豆は水分を吸いにくいので、水に付けること3時間。
それにしても十勝小豆は頑固だな(^^;
かんじんなのは、一度茹で汁を取り替えることとこまめにアク取りをすること(こまめと書いて小豆と読むくらいだから^^)、それに塩の量。

小豆の茹で汁はかなり濃いので、しっかり湯こぼししなくては渋味が残ってしまう。

写真の鍋では600gの小豆が茹でてるうちに膨れ上がってしまったので、パスタ用の深鍋に移し替えて、小豆とよーくお話しながらさらに煮ること1時間。

次にパスタを茹でるときは、ほんのり甘い汁粉味だと思うけど、この「食材とよーく会話すること」が大切なのだ(^^

全工程4時間半、好みのあっさりさらさらのおしるこの出来上がり。

週末にはイチゴ2パックを使って、ヨーグルト用のフルーツソースを作ったけど、ちょっと糖分摂取が多過ぎかも・・・(^^;

♪本日の通勤BGM〜NIGHTWISH、MILLENIUM

| | コメント (6)
|

街角のロックVol.5

街角のロックVol.5
おや?こんなところにフレディ・マーキュリーが!

| | コメント (2)
|

卒業お祝い in 神楽坂

卒業お祝い in <br />
 神楽坂
卒業祝いのお食事会(といっても家族三人だけでだけど(^^;)で、神楽坂の某お店でディナー。

神楽坂の表通りから入った細い路地に面した隠れ家のような店で、昨年、バンド仲間の飲み会で使っていたく気に入ってしまった。

あまりに気に入ったのと話が盛り上がったせいで、料理を撮るのを忘れてしまい、デザートの写真だけになってしまったが、たまにはこんな個室でゆったり過ごすのもいいものだ。

じっくり鋭気を養って、また四月から頑張れよ。っと、その前に部屋を片付けろっ←そればっかりかい
(^。^

| | コメント (0)
|

卒業式

今日はムスコの卒業式だった。

ついこの間、小学校の卒業式だったと思ったら、あれからもう三年・・・実感があまりない。

それでも彼にとっては色々な意味で短くもあり長くも感じた三年間だったろう。

でも、本当にいい三年間だった。

最後に三年間で一番いい通知表をもらってきたし、それはとりもなおさず志望校合格が決まったあとも手を抜かなかったということだし、部活も塾も休まず、何よりも三年間皆勤賞というのが素晴らしい。

もちろんそれは、まず本人の志があってのことだけれど、それと同じくらいに、丈夫に生んでくれて、体調や身の回りの細かいことに毎日注意を払ってくれた母親のおかげが半分くらいあるのだぞ。

しっかり感謝したまへ。

式のほうはといえば、日の丸も君が代斉唱もきちんとあったし、「旅立ちの日に」もSMAPよりうまかったし、一生懸命練習をしたというだけあって、卒業生はもちろん在校生も態度がきびきびしていて、素晴らしかった。

唯一、だらしなかったのは保護者だけ。

起立・着席はもたもたするわ、「仰げば尊し」の歌詞はろくすっぽ覚えていないわ、「○○ちゃんが大きくなった!」だの「○○くんはぜんぜん面影なーい!」だの、式の間中コソコソひそひそと喋りどおしだわ、まるで質の悪いお局OL、もうこれだから公立は嫌なのだ。

アンタたちのほうがよっぽど昔の面影など微塵もないとおもうよ。

おそらく、「仰げば尊し」の二番が省略されている理由など知る由もないだろうな。

このままこの近所の公立高校へ進学したら、またまた引き続きこのオバサンどもの顔を見なくてはならないとこだったかと思うとホントにせいせいする。

あー、よかった。

というわけで、しばしの間、ゆっくり鋭気を養えよ、と言いたいところだが、とにかくまず部屋を片付けろっ☆

| | コメント (4)
|

進路

ムスコの友達も、卒業式を前にしてだいたい進路が決まってきた。

その中にひとり、ご両親が農業を営んでいて、それを継ぐために農業高校へ進学する子がいる。
通学には二時間近くかかるはず。
他にも、鉄道の仕事をしたいから、やりたいクラブがあるからなど、みんな学校選びに自分なりの目標をちゃんと持っているから偉い。

自分の場合は卒業してだいぶ経ってから、いい学校だったと思えるようになったけど、きちんと目標があったとはとてもとても(^^ゞ

ゆとり教育は愚策以外の何物でもなかったが、唯一、家庭の中でいろいろ話し合う時間は提供してくれていたのかもしれない。
親のほうが果たしてその時間をプライムタイムと認識しているかどうかはちょっと疑問だけど。

♪本日の通勤BGM〜WINGER

| | コメント (2)
|

三寒四温

朝の通勤電車から高校生の姿が消えて、心なしか空いている。
試験休みに入ったんだろう。
うちの高校は都内でももっとも期末試験が遅かったから、試験休みも他校に比べてすごーく短くてみんな文句を言ってたっけな。

今日はずいぶんと気温も上がるらしいから、コートは着ないでみた。
キャンディーズだ。

春一番はこないだ強烈なのが吹いたから、暖かいのとちょっと寒いのを繰り返しながら春になるのだな。

一番好きな季節。

♪本日の通勤BGM〜ROD STEWART

| | コメント (8)
|

アビーロード

アビーロード
ちょっとわかりにくいが、航空写真のちょうど中央がTHE BEATLESのアビーロードジャケットになった世界一有名な横断歩道だ。

GoogleEarthでムスコの通学路など見て遊んでいるうちに、ついつい飛んでしまった(そこまで飛ぶか)

イギリスに行ったとき、写真上のほうの三角地帯にあったベンチでアルバム「Abbey Road」を聞きながらひなたぼっこをしたのが懐かしく思い出されるが、それにしてもGoogleEarthはすごい。
うちのマンションも洗濯物まで見えるかというくらい鮮明だが、皇居の吹上御所まで真上からバッチリ写ってるけど、大丈夫なんだろうか。

♪本日の通勤BGM〜人間椅子

| | コメント (0)
|

広川太一郎さん

今朝の朝刊に残念な訃報。
声優の広川太一郎さんが亡くなった。

広川さんといえば、ムーミンのスノーク、チキチキマシン猛レースのハンサムV9など私にとっては子供時代のアニメでとても馴染みが深い。

「荒野の七人」での暗い過去を持つ殺し屋を演じたロバート・ボーンのニヒルな吹き替えも印象に残る。

富山敬さん、山田康夫さん、私の好きな個性派はみんな早過ぎる。

久しぶりにチキチキマシンのDVDを見るとしようか。
♪本日のカウチBGM〜AMERICA

| | コメント (2)
|

こりゃ、ユニフォームじゃん

ムスコが四月から通う高校の準備をいろいろとしているが、先日採寸して申し込んでおいた体育着が届いた。

ネーム入り、学校名入りは公立中学校ですらそうだし、私の高校時代のものも背中に校名が入ったものだったから別に驚きはしなかったが、素材がメッシュなのね、いまどきの体育着は。私が学校に置きっぱなしにしてカビを生やしてしまった体育着とは質も着心地もまるで違う。

はっきりいって、西武ライオンズファンクラブで貰えるユニフォームのレプリカよりモノがいいぞ。

これはタイムも記録もアップすること間違いナシ・・・だといいんだけど?

♪本日の通勤BGM〜いただきものGOTTHARD Live

| | コメント (0)
|

付添い服

カミさんが、ムスコの卒業式&入学式に着る用の服で悩んでおります。

ひとたび悩み出すとそればっかりになるのと、私にいろいろ意見を求めてくるのが大変なんですね。

そもそも女性の服や靴やバッグのことはなんべん聞いてもよくわからないし、じゃああなた、TRAPEZEのCDは紙ジャケリマスターで買い直したほうがいいか、でもうちにあるMedusaのレコードはヨーロッパ盤だから音がぶっといんだよね、やっぱりCDでも揃えたほうがいいかなあなどと相談してもちんぷんかんぷんでしょ、MAYさんならともかく。

まあそれでも日にちが迫っているから、一応サイズの確認にと近くのお店に付き合ったわけです。

すると、いかにもそれ風の服が陳列してあるコーナーがあって
「付添い服」と書いてある。

いまどきはそんな形容をするんですかとしばし唖然。
でもまあとりあえずサイズを確認して別の店へ。

どうやら黒系のパンツスーツがいいらしいのだけど、それじゃ謝罪会見のときの倖田來未か就活中の女子大生だ。しかもどんだけ若作りといってもさすがに現役女子大生には見えず、就活三浪くらいって感じだぞ。

かくしていまだ決まらず、この週末もスーツ行脚に駆り出される見込み(^^;

付き合うのは覚悟してるから、せめて新宿、渋谷、御茶ノ水あたりで探そうぜ(ユニオンのあるとこばかりだ)

♪本日の通勤BGM〜LUV MACHINE

| | コメント (4)
|

佐藤くんと中田くん

プロ野球スワローズの佐藤由規くんといえば、あの涙の記者会見で一躍株を上げたが、私も見ていて、いまどきなんとまっすぐ正直に育った少年だろうとあの家族のファンになった。

その佐藤くんと何かと比較されるのがファイターズに入団した中田翔選手。

先日はプロ野球新人選手を対象にマスコミ応対などについてレクチャーを受けたというニュースもあって、そこでも佐藤くんの方が好印象、中田くんは色々と指導を受けたようだった。

たしかに中田くんの言う「○○ッスって敬語じゃないんすか?」というのは、そら違うわ。

百歩譲っても、それは敬語じゃなくって丁寧語だよ。

大阪弁で言う「○○でんがな」「○○まんがな」は文法的には敬語らしいが、「○○ッス」はちょっとね。

でも、今朝のスポーツニュースで、札幌ドームでの初練習を終えた中田くんのインタビューの受け答えは数日前よりは見違えるほどしっかりしていた。

きっと、例のレクチャーを真摯に受け止めて自分なりに努力したのだろう。

彼も佐藤くん同様に根がとても素直なのだ。

素直だから良い指導者に恵まれて天性の才能が活かせたのだろう。

朝からすごく清々しい気持ちになった。

♪本日の通勤BGM~T-REX

| | コメント (0)
|

IAN GILLAN BAND

実は第一期IAN GILLAN BANDの日本公演アンコールナンバーだったSmoke On The Waterのシングル盤を持っていたりするのだが、先日の横浜散歩のときに、この武道館公演のフルレンスCDを手にいれた。

イアンのソロものにはほとんど興味はないんだけど、このバンドだけは例外、バックのメンツが素晴らしいテクニシャン揃いで、個人的には第二期RAINBOWより凄いと思っている。

マーク・ナウシーフのタイコは完全にフュージョンだし、ベースのジョン・グスタフソンも元QUATERMASSの腕利き、鍵盤のコリン・タウンズもプログレ風インプロヴィゼーションが英国ロックのくせ者ぶりを主張する。

ギターのレイ・フェンウィックもコージー・パウエルとのコラボやバタフライボールでもお馴染みのベテランだ。

とにかくツワモノばかりなので、私はひそかに「英国ロックの仕手集団」と呼んでいる。

イアンの歌唱は相変わらずだが、ライヴだけあってテンションは高い。

クロスオーバーやフュージョン系ハードロックといった形容がピッタリのスリリングな作品なんだけど、ラスト三曲「待ちぼうけ娘」「湖上の煙」「オレの姉チャン東京出身」の深紫三点セットでようやく盛り上がりを見せるのはいかにも残念。

当日会場にいたオーディエンスのいったい何人が、このプレイの底無しの凄さに気付いただろうか。

♪本日の通勤BGM〜IAN GILLAN BAND、STUFF

| | コメント (6)
|

イチゴのデザートバイキングだ

イチゴのデザートバイキングだ
やっぱりイチゴは果物の王様ですね。
いや、女王様か。

手前のはブランデーで軽く火を通したイチゴソースをアイスクリームにかける、ナントカいうやつ。

家でジャムを作るときやってみようっ☆

♪本日の通勤BGM〜KISS

| | コメント (4)
|

売ったCD買い直し

はるか昔、このままではCDが増え続けて床が抜けてしまうぞと思ったので、その時点で一生なくても困らないだろうと思ったCDを何枚かユニオンに売ったことがあった。

その中に、このKISSの「Hot In THe Shade」もあったのだ。

当時はハードロックをあまり聴かなくなっていたし、KISSの中でもそれほど商業的に成功しなかったアルバムということと、なんといっても曲数が多く焦点ボケといった感の否めない出来と思ったのを記憶している。

その後、生まれたムスコに、

「なんでうちにHot In THe Shadeがないの?」と聴かれて、うーむ、やっぱり手放したのは失敗だったかと思った。

彼に言わせればシングル「Forever」は今でもセットリストに入っている名作だし、他にもかっこいい曲があるのでぜひもう一度手に入れるべきだと主張する。

昨日でかけた横浜ユニオンで見つけたので、買いなおした。

ちょうどギタリストがブルース・キューリックに代わり、トミー・セイヤーも作曲クレジットに名を連ねるなど、メンバーが流動的な時期で、他にもヴィニ・ポンシア、デズモント・チャイルドなど名の売れたライターが曲作りに参加している。

それにムスコのお気に入りソング「Forever」は、ポール・スタンレーとマイケル・ボルトンの共作ではないか。

知らなかったよ。

マイケル・ボルトンのアルバムにはボブ・キューリックも参加していたから、そのあたりのコネクションなのだろう。

KISSを取り巻く興味深い人脈が垣間見える、とても意味のあるアルバムだし、なんといっても聴きなおしてみればそれぞれが良く練られた出来のいい作品だ。

もう二度とCD売ったりしません。

♪他に手に入れたもの~Ian Gillan Band  live in Japan

| | コメント (4)
|

赤レンガ倉庫とスカイラインGT

赤レンガ倉庫とスカイラインGT
今日は久しぶりに横浜散歩。
当然、馬車道ユニオンにも立ち寄ったけど、赤レンガ倉庫では日産自動車のイベントで、懐かしいのラリー車が勢揃いだった。

クルマには残念ながら、ほとんど興味はないのだけど、このスカイラインはなかなか速くコアな人気のあるクルマだったっけ。

気持ち良い陽気だったけど、風がちょっと強かった。
春はまだかな。

| | コメント (0)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »