« 食塩水 | トップページ | 赤レンガ倉庫とスカイラインGT »

毎週木曜日に泣く男

ドラマ「だいすき」は毎回毎回ホントに泣けてしまう。

昨日は臼田あさ美さんがいっぱい出ていたからそれだけで見所満載だったが、現実社会に目を移せば、働きたいという純粋な気持ちに応える環境が、どんどん減っている気がする。

ここ数年で、雇用を巡る企業や社会の環境は激変するだろうし、若年層の働き手にとっても将来が見えづらいだろう。

いっそのこと移民政策か。
でも、倫理感のカケラもないあの国からだけは勘弁して。

♪本日の通勤BGM〜STUFF

|

« 食塩水 | トップページ | 赤レンガ倉庫とスカイラインGT »

コメント

考えるに、この国が成長曲線を描いていた頃は、働く=就職でもよかったのかもしれない。
しかし現在のような状況なら、「働く」に対する解として「就職」に加えて「自営」という考え方も必要かもしれない。
そのためには学校教育でもっと積極的に経済活動について教えていく必要があるのではないだろうかと。

投稿: 潮騒にガムラン | 2008年2月29日 (金) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食塩水 | トップページ | 赤レンガ倉庫とスカイラインGT »