« コウモリオヤジに遭遇 | トップページ | 毎週木曜日に泣く男 »

食塩水

明け方のテレビを見ていたら、最近よく見る教育評論家の尾木ナントカさんが教育論を説いていた。

評論家はたいがい嫌いだが、伊藤セーソクと淀川長治さんとこの尾木さんはちょっと別扱いにしている。

その話の中で
「100gの水に20gの食塩を入れたら何gになるか、という問題をやらせたら、小学五年の正答率が63%、中学二年で59%だった」というのがあった。
尾木センセイいわく、小学生の約四割が間違えたというより、だんだんわからなくなっていくような教育の在り方に問題があるのではということなのだそう。

以前放送していた「ママの遺伝子」というドラマ中にも似たような場面があって、上川隆也が出来の悪い我が子に勉強を教えるシーンがあったのをたまたまカミさんが最近見たらしく朝から食塩水の話題でちょっと盛り上がった。

個人的には、こういうこともまずは家庭の中の話のような気がする。
塩水を作ることは日常あまりないかもしれないが、子供を普段の会話の中に、例えば新聞記事になってる話題とか、なんで原油が値上がりすると菓子パンも値上がりするのかとか、リビングルームでそんな話をする機会がないんじゃないかと思うのだ。

風が吹くとどうして桶屋が儲かるか、諺だけ知っていてもプロセスは説明できないオトナもけっこういるんだろうな。
机に向かっての勉強なんて誰だって嫌だもんね。

学習の基本は日常にあるのであって、けして勉強机の上からだけでは興味は沸かないと思うんですけど、いかがでしょう尾木センセイ。


♪本日の通勤BGM〜WIGWAM

|
|

« コウモリオヤジに遭遇 | トップページ | 毎週木曜日に泣く男 »

コメント

子供の頃の勉強は勉強机ではなく、台所やリヴィングのテーブルがいいのだそうです。
勉強をしながら子供と会話をするのがいいんだとか。
息子の机の上は「片付けられない男」状態なので必然的に勉強をする場所が食卓テーブルの上、もしくはこたつの上となっております^^;
いいんだか悪いんだか。。。

投稿: may | 2008年2月28日 (木) 08時25分

mayさん、おっしゃるとおりですね。
うちも中学一年の間の試験前はリビングでやらせました。
というか、片付ける時間があったら元素記号の1つでも覚えろっ!て感じで(^^;
どうして男の子はこうなんでしょ・・・←お前の遺伝子だろ

投稿: kenta | 2008年2月28日 (木) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コウモリオヤジに遭遇 | トップページ | 毎週木曜日に泣く男 »