« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

すれ違いロック談義

昔、音楽好きの部下と雑談していたときの話。

私「へえ、じゃ、70年代ロックもけっこう聴くんだね」

彼「そうですね。ヒープとかツェッペリンとか、ハードロックが中心でしたけど。兄の影響ですね、やっぱり」

私「ふーん、で、最近はどんなの聴いてる?」

彼「ちょっと系統が違うんですけど、イーエル〇ー(今にして思えばここがよく聞き取れなかった)が気にいってるんですよ」

私「へー♪ますます奇遇。オレも大好き。やっぱり最低限の編成って魅力だよな」

彼「歌詞も最高なんですね」

私「それはまた聴きこんでるね。オレはやっぱりパフォーマンスだね」

彼「そうですね。彼女もアイドル時代とは全然違うし」

私「???」

数秒後、EL&PとELTの違いに気付いた私、

私「な、なるほどね。まあ見た目の印象だけじゃなく実力が伴ってないとね〜。うんうん、やっぱりあの編成だからこそいいんだよ」と、何とかすれ違いに気付かせることなく話を終えたのだった。

でも、普通あの話の流れだったら「出会った頃のように」じゃなくて「タルカス」だろっ。

♪本日の通勤BGM〜Shuffle充電切れのため読書

| | コメント (2)
|

単語登録

このblogを携帯で見書きすることの多い私、ついに「GOTTHARD」を単語登録した。

だってよく登場するし、何てったって音楽blogだから。

すでに「DEEP PURPLE」「WHITESNAKE」なども単語登録したが、「THE BEATLES」などは携帯電話に最初から登録されていた。

「びー」まで打つと「THE BEATLES」と変換するのには感激したが、メールやblog記事やあまり「The」は付けないな。

SHARPさん、今後検討してね。

それから「しぶ」で「渋谷公会堂」に変換するのは「CC.Lemon Hall」に直してもらえますか。

あ、それは私の機種が古いせい…失礼しました
(^^;

で、そのGOTTHARDだが、よく聴くのはチューリッヒでのライヴ。
まさにベストライヴだ。

最新作Domino Effectの前であるにもかかわらず、どの曲も絶品。

B!誌を立ち読みしたが、私のお気に入りライター幅由美子さんも案の定大絶賛。

来日ライヴが小規模だったのが残念だが、これを打ち破るためにバンドに足りないものがあるとすればただ一つ。

それはズバリ、数秒聞いて誰もがすぐそれとわかる印象的なイントロリフだ。

げに、リッチーやジミー、トニー・アイオミが天才たる所以。

がんばれGOTTHARD♪

| | コメント (2)
|

虹が似合う女の子

朝の山手線で向かいに立った女の子、よーく知ってる誰かに似ているんだよなあ、誰だっけなあ。。。としばし考えたら思い出した♪

ジョー・リン・ターナーに似ている。

男性で申し訳ないけど、まあジョーも色男だし勘弁して。

年齢や服装から言ってとてもジョーやRAINBOWを知ってるとは思えないし、自分の知らない人に似てるといわれるのも気分のよいものではないから教えてあげるのはやめた(当たり前だ)

アイ・サレンダーとまでは言わないがまあまあ可愛い感じ、ロニー似のオバハンじゃなくてよかったよ♪

♪本日の通勤BGM〜今日もGOTTHARD

| | コメント (4)
|

海上保安庁から呼び出しが!

海上保安庁から呼び出しが!
海上保安庁から封書が届いた。

一瞬「海上自衛隊」に見えたので、なんだなんだ!?まだ憲法も改正前なのにもう赤紙かよ、と思ったら、コンサートの入場券。

そういえば、海上保安庁音楽隊のコンサート告知があったから応募してたのだっけ。

会場はCCレモンホール。この名称になってからは初めてだ。

以前来たのは渋谷公会堂時代のSCORPIONSだからものすごく昔。

ずいぶんと綺麗になっていてびっくりだ。

さて、演奏のほうはと言えば、二部構成になっていて、第一部では吹奏楽の定番曲を中心に、第二部ではビートルズナンバーやミュージカル曲を中心に、また、ポール・モーリアでおなじみの(というより日本ではマジックのBGMと化している)「オリーブの首飾り」では、本当にマジックを披露して見せるという洒落っ気も見せてくれ、とても楽しめる内容だった。

聞けば、専属の楽団ではもちろんなく、転勤義務のある通常の勤務の中で、東京勤務になった数年の間この音楽隊に所属し、異動の発令があればまた入れ替わりもあるのだという。

吹奏楽の楽器の中では、ユーフォニアムの持つ甘い響きがもっともお気に入りだが、ジャンル問わずやっぱりナマ楽器こそ最高だよ♪

打ち込み、DTM、はおととい来い。

| | コメント (0)
|

情けはいずこに

昨日、帰りの電車で、私の隣に立っていた男性の老人が、突然崩れるように倒れた。

目前に座っていた女性が席を譲ってくれたので、とりあえず私が身体を支えそこに座らせる。

瞬間は「どなたかお医者さんはいらっしゃいますか」の様相だったが、ほどなく意識は戻り、大丈夫ですかの問い掛けにもはっきり答えられたので、降りる駅を尋ねると私と同じ駅。

それなら私も同じだから一緒に降りましょうと言ってしばらく様子を気にする。
急行電車だったから、ちょっとでも様子がおかしかったら、知らんぷりを決め込んで座っているガキどもやオヤジをどかして横に寝かせ、列車を止めようと考えていたが、幸いそのような状況にはならなかった。

しかし、降車駅で立ち上がれなければ、背負って降りるしかないな。

でもまてよ、荷物はどうするのだ。(私の通勤カバンと同じくらいのカバンを老人も持っていた)

この期に及んでも周囲の乗客はほとんど無関心、唯一席を譲ってくれた女性だけが時折気にするそぶりを見せるのみ。

とりあえず、いざとなったら手伝わせる人間の目星をつけておこうと周囲を確認するが、腑抜け面で頼りなさそうな兄ちゃんや早い時間にも関わらず顔を赤くしたオヤジくらいしか見当たらない。こんな無関心な連中にカバンを預けてそのまま持ち逃げされたら、老人を背負ったまま追い掛けられないなと、想像だけが暴走する。

それはその時のことだと割り切って、いざ降車駅についたら、幸い肩を貸して歩けるくらいまで回復してくれた。

降車して駅員を呼ぼうと思ったら、今度はホームに駅員はおらず、階上の駅事務所まで呼びにいき、ようやくあとを頼むことができた。

しかし、降り際に住まいは近くなのか尋ねたら、私の家とは反対側のバス便のH団地だという。

古い団地で、お年寄りも多い。

ひょっとしたら独り住まいやも知れぬ。

寒い寒い一日が、さらに冷たく感じた。

♪本日の通勤BGM〜MOONSTONE PROJECT

| | コメント (4)
|

カルヴァン主義

通勤電車でほぼ毎朝近くに立つ二人連れの女子高生がいる。

某中堅大学の附属で、私が高校生の頃からわりとお気に入りだった高校だ。

さすが私学、建学の精神は変わらないと見えて、その子たちも昔と同じに真面目な雰囲気。

そろそろ期末試験らしく、一心に単語カードをくっていて、チラッと見えたそのページには「カルバニズム」とあった。

ふむふむ、本日の出し物は倫社だな。最高に眠気を催す演目だが、私のように授業中睡眠補給をしていた生徒にとっては、試験となると五大哲人やルソーあたりが夢見に立たない限り赤点回避は難しい。

ルソーは哲学者というより「むすんでひらいての作曲者」として記憶しているくらいだから、私の授業中の集中力も推して知るべしというところだ。

カルヴァンはたしかフランスの思想家で、キリスト教改革の指導者だったと思う。ルターとかあのへんの人脈のはずだが、どんな曲を書いたかまでは記憶にないな。

で、彼女の単語カード、「カルヴァニズム」を返した裏に「カルヴァンの思思」と書いてあった。

おいおい、「カルヴァンのおもおも」って、大丈夫か。

答案用紙にも勢いで「おもおも」と書いちゃわないよう、切に願うのであった。
♪本日の通勤BGM〜THE SNAKES
ブルーズハードロック時代のWHITESNAKEをいいサウンドで味わうならこのバンドだ♪

| | コメント (0)
|

通勤にはコンパクトな曲を

通勤BGMに長尺な曲はそぐわないですね。気分転換にもなるし、やっぱりいろいろな曲をたくさん聴きたいと思います。

ちなみに今まででもっとも通勤BGMにそぐわなかったのは。。。ベートーベンの第九。

あの歓喜の大合唱にたどり着く前にオフィスに着いてしまったから(^^;

リッチーがRAINBOWや再結成DEEP PURPLE時代に、また、最近聴いたSILENT FORCEもあの歓喜の歌の部分を採り上げてるけど、クラシックファンとして言うなら、あの合唱部分だけやるのは邪道なんです。

あそこに至るまでの暗く重々しいパートがあって初めてあの喜びの爆発が活きてくる。

というわけでベートーベンを通勤BGMにするなら「スプリング」あたりがお勧めってとこでしょうか。

♪本日の通勤BGM〜SILENT FORCE

| | コメント (2)
|

ロックな競馬ウマ

朝、通勤電車で隣に立ってるオヤジのスポーツ新聞の競馬記事が目に入った。

私は公営ギャンブルに一切興味がないのでよくわからないが、ナントカレースの出走馬に「デルタブルース」という名前のウマがいた。

なんだかもたつきそうな名前だな。

さらに同じワクには「ポップロック」というのもいる。

軽やかだが、イマイチ存在感に欠ける。

このぶんだと「シカゴブルース」や「パンクロック」もいるかもしれないが、疾走する〇〇ブルースというのも妙に違和感があるぞ・・・

♪本日の通勤BGM〜ローランド・グラポウ

| | コメント (2)
|

よし!花園へ☆

よし!花園へ☆
40-3で明大中野高校に勝利。

ちょっと反則が多かったかな。

しかし、毎年強いチームを作って全国大会に出場する後輩の姿は本当に頼もしい。

| | コメント (0)
|

サブプライム

北〇三郎の借金のことではない。

それにしてもこの金融波乱、アメリカが風邪をひいて日本がくしゃみどころではないな。

アメリカが勝手に転倒、たまたま無理矢理肩を組まれていた日本も釣られて転んで骨折までしてしまったようなものだ。

オイルマネーとは関係ないところで、原油相場に投機資金がなだれ込んで高騰し、油が値上がりすれば燃料が上がり、輸送費が上がり、運ばれるモノすべての価格にそっくり皺寄せがいく。

チョコボールまで値上げだ。

値上げやむなしだったら、金のエンゼルをもうちょっと増やしてくれよ。


今まであまり例のない負の連鎖だから、いったいどのへんが底なのか誰にもわからず、だから株式や金融相場はなかなか下げどまらない。

円高というよりは、ドルのひとり負けといった感が強い。

そりゃみんな、ババを引くのはやだもんね。

いっそのこと、投機資金が中古レコード市場になだれ込んだりしないだろうか。

そうすると、うちのレコードやCD、時価会計でそこそこ含み益が出るはずなんだけど。

♪本日の出張帰りBGM〜iPodが一晩中再生しっぱなしだったため充電切れ(T_T)

| | コメント (2)
|

48.7%

48.7%
この数字、預貯金額50万円未満の母子世帯の割合なんだそうだ。

東洋経済誌の記事でふと目についたのだが、それで思い出したのが昨日の某落語家一門の離婚会見。

聞けば、落語家のおかみさんはごめん被るが、当面の援助だけはしてほしいんだそうで。

あのオバサンの芸能活動には昔も今も何の興味もないが、どういう育ち方をしたんだか、故三平師匠の夫人が恐縮しきっていたのが印象に残るね。

いずれにしても酔狂な話。

物価高、株安、増税感・・・
ここ一週間で、年収分くらい損をしたサラリーマンも多いだろうな(私は元々保有してないけど)

企業の決算短信には、底堅い設備投資の状況から市況は堅調という表現が目立つが、個人消費は冷え込む一方だと思うぞ。

浮世離れを実感する離婚会見も「コアサ(恐さ)知らず」というオチだそうで。

恋に落ちることなくオチがついたってワケかい。

♪本日の通勤BGM〜ELEGY
イアンパリー、初めて聞いたけどなかなかいいヴォーカリスト♪

| | コメント (2)
|

おねだり・ごほうびジュエリー

まあなんと言っても、これほど聞いて腹の立つ言葉はそうはないぞ。

今朝も電車の中吊り広告でこの言葉を見て頭にきた。

なんでかな〜(ーー;)

これに続くのが「自分らしさ」「自分捜し」

半人前なのに自分のことばかり主張しては、テーブル胡椒の瓶もひっくり返るってもんだ(>_<)

♪本日のオチ〜「胡椒がひっくり返る」→「粉末転倒」→「本末転倒」


♪本日の通勤BGM〜GIANT

| | コメント (0)
|

PVに出てくるお姉ちゃんたち

まあ、ロックにいかにシリアスさを求めたところで、エロティシズムは切っても切れない要素なんである。

だって、そもそも楽器やバンドを始めたきっかけの多くはたぶん「女の子にモテたいから」なんだから。

BEATLESだってほとんどラブソングだし、デビカバの歌詞なんて9割がた下半身か舌先の動きに因んだものだ。

なので、個人的には可愛い女の子が出てくるPVはバンドの良し悪しとは別にどれも好き。

このあたりは♂だけの感覚なんだろうなあ。

GOTTHARDのライヴDVDに、Anytime Anywhereのメイキング映像が付いていて、出演モデルのジェニー嬢が出演しているんだけど、日本でいったらミスチルのPVに鈴木えみか木下ココが出るようなものか。

あまり品のいい作品とは言い難いけど、それはそれで見たい気もする♪

♪本日の通勤BGM〜PHENOMENA

| | コメント (4)
|

新幹線ガール

新幹線ガール
仕事柄、新幹線に乗る機会が多いので、鉄道オタクでないにも関わらず新幹線のもろもろのことが気になったりする。

例えばパーサー。

いろんな乗客がいるし大変な仕事だろうな〜

この本の著者は、21歳でアルバイトとして始めたパーサーの仕事で、正社員を経て売上No.1になった徳渕真理子さんだ。

仕事でも勉強でも、とにかくそれを好きであるというポジティブな意欲が向上へのなによりの近道であることを実証している。

仕事?

うーん、得意ではあるが好きかどうか・・・


勉強?

わはは(^^;


バンド?

うーむ(ーー;)


♪本日の通勤BGM〜GOTTHARD

| | コメント (2)
|

ららら通勤電車☆その3「完全版」

☆おとといの記事が途中で途切れておりましたので再投稿でございます・・・☆

出張でいつもより早い電車に乗っていたときのこと。

早朝とはいえ少々混み始めた車両で運よく座れた私は、ふと周囲の視線が一点に集中しているのに気付いた。

朝だから寝ている人もいるが、それ以外は数人を除いて座ってる人も立っている人もほぼ一様に車内のある方向を見ている。

それらの視線の先を追うと、残念、座っている私の位置からはちょうど死角になるのだ。

それら視線の主に目を戻すと、凝視しているのではなくちらちら盗み見といった風であり、加えて一部の視線を送っていない人達はほぼ女性だということにも気付いた。

なんだろ?

さては朝っぱらから変な奴が乗ってきたのだな。
風体とか行動が妙ちきりんで気になるけど、みんな関わりたくないから目は合わさないって感じだ。だから女性なんかは特に見ないフリなんだな。

でなけりゃ、すごーい有名人だとか犬か猿が単独で乗ってきたとか。

うーん、どんなんだろう〜私も見たいな。

しかしその様子を把握できる位置に移動するには、せっかく座れた座席の権利を放棄しなくてはならぬ。

依然として周囲のチラ見は続く。

気になる。

でも座っていたい。

でも気になる。

と、葛藤のループが10分ほど続いたのち、私の興味を遮断していた視界が突然開け、その方向が見えるようになった。

そこには、朝っぱらというのに、これでもかというほど思い切りミニスカの若い姉ちゃんが立っていた。

♪本日の出張帰りBGM〜前日の電源Off忘れによる充電切れのためBGM無し(T_T)

| | コメント (2)
|

バレーボールのリベロ

バレーボールのリベロ
女子のW杯バレーが盛り上がってる。

今の代表チーム、ひょっとしたら歴代で一番強いんじゃないかと思うほど。

バレーボールもルールが変わって、今はレシーブ専門のプレイヤーがいる。

今は佐野選手が大活躍。どんなボールでも拾いまくる姿はかつての広瀬選手を思い出す。

そうだ☆仕事でも、こんなプレイヤーがいたらすごくいいじゃん?

なにせ、何でもかんでも私の元に話がくるもんだから、取捨選択、優先順位、指導、期日管理、知らんぷりと対応も大変、話を聞いているだけで時間が経ってしまうから、ここはひとつ誰かをリベロにしよう。

各部門、経営陣、ステークホルダーなどありとあらゆるところから来る無理難題を、ひたすら受けて受けて受けまくる。

で、そいつが経験を積んで慣れてきたら今度はボランチにして、話を受けるだけじゃなく攻撃参加。
折衝、調整までやってくれたら私はかなり楽〜♪になるはずなんだけどもね。

| | コメント (0)
|

ららら通勤電車☆その3

出張でいつもより早い電車に乗っていたときのこと。
早朝とはいえ少々混み始めた車両で運よく座れた私は、ふと周囲の視線が一点に集中しているのに気付いた。

朝だから寝ている人もいるが、それ以外は数人を除いて座ってる人も立っている人もほぼ一様に車内のある方向を見ている。

それらの視線の先を追うと、残念、座っている私の位置からはちょうど死角になるのだ。

視線の主に目を戻すと、凝視しているのではなくちらちら盗み見といった風であり、加えて一部の視線を送っていない人達はほぼ女性だということにも気付いた。

なんだろ?

| | コメント (4)
|

ひえー、まだ真っ暗だ☆

ということで一句。

出張の 朝気付く日の 短さよ

(大意)
くそーまた出張か〜、朝早いの勘弁してくれよ〜。ったく人使いが荒いったらないぞ。 うわ。まだおもて真っ暗じゃん・・・

♪本日の出張BGM〜HAREM SCAREMほか色々♪

| | コメント (4)
|

このバンド何だっけ?

iPod Shuffleは小さいのでホントに重宝。

月〜金曜の通勤のお供はほとんどShuffleだ。

週末に約一週間分の曲を入れ替える。

でもって、聴くときは基本的にシャッフルにはしないのだけど、週末チョイスが気まぐれなために木曜日くらいになるとどのバンドの曲を入れたかすっかり忘れてることがほとんど。

今日もメロディックで印象的なリフの曲がなんというバンドかわからず、隔靴掻痒の思いに陥る。

うーむ、どの曲もいいぞ。。メロディックでキーボードがいてハモが綺麗でギターがそこそこテクニシャンで・・・くっそぉ、なんてバンドだぁこれ!

♪本日の通勤BGM〜思い出せず

| | コメント (4)
|

Y&T

今日のBGMはY&T。

結成当初はYESTERDAY & TODAYといっていた。井上順のヒット曲にインスパイアされたらしい(違)

80年代、それほど聞き込んだというわけでもないが、メロディがちゃんとしていた時代のハードロックでそこそこ好きだった。

しかしこのバンドにはネックが。

私はリードギターを弾くヴォーカリストが苦手なのだ。

なんか子供の草野球で、一番のガキ大将がピッチャーで四番を譲らないという感じがする。

マーク・ファーナーも若い頃は伸びやかな素晴らしい声だし、ギタリストとしても嫌いではない。
しかし、この二つの役割が同居するキャラクターはどうもアレルギーがあるのだ。

単なる見た目や様式の好き嫌いの問題なんだけど、それでも歌メロが終わるやいなやギターソロに移行する慌ただしさなどはなんともいただけない。

大勢メンバーがいるのに、リードヴォーカリストがドラマーというのも嫌だ。

とにかく楽器のソロパートへは万を持して突入してほしいんだな。

というわけで、Y&TやGFRにはリードギタリストが、ジョン・サイクスにはリードヴォーカリストが、イーグルスのホテルカリフォルニアは、フロントに大勢いるうちの誰かが歌えばよかったのにと勝手に思うわけなんである。

まあ、あれはあれだからこそ最高というのがファンの意見でもあるわけで。

♪本日の通勤BGM〜Y&T

| | コメント (6)
|

メモリボ

Photo_2  単語帳はとっくにデジタルの時代らしい。

私が受験生だったころは、赤尾好夫センセイを信じて「出る単」のページを覚えるはしから食べたものだ(ホントは食べてないけど)

食べるくらいなら、ドラえもんの暗記パンくらい確実なものであってほしいけど、やはり毎日の努力がものを言うからページを食べただけでは身につかない(だから食べてないんですけど)

辞書も様変わりで、昔はコンサイスあたりが定番だったが今時はみんな電子辞書だ。

一つ一つ引く手間と時間を考えると、これは格段に使い勝手がいい。

勉強の仕方も進化してるわけで、今の時代に中高生だったらもっと成績がよかっただろうになあと思うが、よく考えたら周りも同じように効率的に学習してるわけだから、多分偏差値や順位は変わらないだろう。

日々コツコツ続ける努力が一番肝要ってことなんだろうな〜

あ、そういえばそれ、毎年通信簿に書かれてた。

♪本日の通勤BGM〜LAST TRIBE

| | コメント (2)
|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »