« blogで謝罪 | トップページ | 帰りの電車で »

ゲーム感覚

映画「デスノート」は松山ケンイチの演技をはじめ見所の多い面白い作品だったが、この映画に触発された(かもしれない)殺人事件があった。

たしかに面白い映画だったが、前後編通してみていると、「人が死ぬ」ということが「一山いくら」的な感覚に陥ってしまう。

まったくもってゲーム感覚だ。

電車の中でも平気でゲームに興ずる残念なオトナが目立つような時代だから、こんな奴が出てもやむを得ないかもしれないが、ゲームとゲーム感覚とはまったく異質のものだ。

窮地に立ったらリセットボタンで過去に戻れるのがゲーム。

戻れないのが人生。

これははたして、学校や社会人になってから教わることなんだろうか。

♪本日の通勤BGM〜KASABIAN

なんとつまらないバンドだ!

|

« blogで謝罪 | トップページ | 帰りの電車で »

コメント

あはは、Kasabianつまらないって確かに(笑)
1枚目は借りましたが全部聴けずに挫折しました(^^ゞ

投稿: may | 2007年10月 4日 (木) 07時58分

KASABIANってブギーを基本にして、それにエレクトロポップとロカビリーを混ぜたカンジに聞こえる。
印象的にはちょっとT-REX寄りか。

投稿: 潮騒にガムラン | 2007年10月 4日 (木) 12時05分

MAYさん、そうなんです。一応iPodには取り込みましたが、初の削除かと(^^

投稿: Kenta | 2007年10月 5日 (金) 07時08分

ガムランさん。なーるほど☆私の苦手なジャンルがずらり♪よく理解できました♪

投稿: Kenta | 2007年10月 5日 (金) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« blogで謝罪 | トップページ | 帰りの電車で »