« ゲーム感覚 | トップページ | スクランブルエッグを失敗する男 »

帰りの電車で

左手の甲にマジックで「墨汁」と書いてるお姉ちゃんがいた。

書道やってるのかな。買い忘れないようにだろうか。見れば「墨汁」の文字もなかなか達筆だ。

「肉汁」とか「胆汁」だと変だけど。

そういえばムスコが幼稚園くらいのころ、よく彼の膝にマジックで「小僧」と書いたっけ。

「パパ、何て書いてあるの」というから
「これはね、ひざ小僧って読むんだよ」と教えてやる。

彼は自分の子供にも絶対同じことをするに違いない。
他にも肘に「鉄」と書いたり手首に腕時計の絵を書いたり。

腕時計の絵は、消すのを忘れたまま月曜日に仕事に行き、恥をかいたことがあったっけ。

でも、タトゥーを入れたり耳や鼻に色々ぶら下げるよりはよっぽど面白いんだぞ。

|

« ゲーム感覚 | トップページ | スクランブルエッグを失敗する男 »

コメント

そういえば、主人も息子に同じようなことをしていたような^^;
Kasabian最後まで聴けなかった理由がわかりました。曲数が多すぎるの(笑)

投稿: may | 2007年10月 5日 (金) 16時10分

あはは、やっぱりご主人も(^^
KASABIAN、確かに、一、二曲目でシャッフル続いた時点でもう嫌になりました(^^

投稿: Kenta | 2007年10月 5日 (金) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲーム感覚 | トップページ | スクランブルエッグを失敗する男 »