« Leon Russellのブルースアルバム | トップページ | 有楽町線で聞きまつがい »

WARHORSE

CDショップで、「DEEP PURPLE」の棚の他に「DEEP PURPLE Family」という棚を持っているショップは、私の中では大変ポイントが高い。

いわゆる元PURPLEのメンバーのソロワークの作品をまとめたカテゴリ。

もちろんWHITESNAKEや虹は別途独立していなきゃならないが、そのカテゴリで最近よく出回っているのがWARHOSE。

DEEP PURPLE第一期のベーシスト、ニック・シンパーが在籍したハードロックバンドで二枚のアルバムをリリースしているが、これが完全にDEEP PURPLEを意識しているのだ。

まあ、結成時に
「せっかくニックがいるんだから、PURPLE路線で売り出そうぜ」となったであろうことは想像に難くなく、彼らのCDに手を出したファンの99%はそういう路線を期待してのことに違いない。
2ndで加入したギタリストなんか前任よりずっとリッチー度が高くなってるし。

ニックという人、のちにDEEP PURPLEの名前を無断で語った五人組を率いてツアーを行い、訴えられてPURPLEからの印税収入のすべての権利を失っているくらいだから、このWARHORSEの音楽性も彼のリードによるものだろう。

今になってあらためて聴いてみれば、イアンギランバンドと化した現在のDEEP PURPLEよりもDEEP PURPLEらしいといえてしまう。

それにしても、ZEPの音楽性を模倣したバンドはほとんどがコテンパンに叩かれるのが常なのに、PURPLE風といえばある程度ポジティブに受け止められる風潮があると感じるのは私だけか。

同じように強烈な個性を築いた両雄ながら、ZEPのほうは排他的な聖域といった感が強いのも面白い。

♪本日の通勤BGM〜WARHORSE

|

« Leon Russellのブルースアルバム | トップページ | 有楽町線で聞きまつがい »

コメント

確かに^^;ZepよりはDPの方が似ていてもリスナーは寛大ですよね。
Kingdom Comeが出たときにZepに似てるって叩かれてたっけ^^;
その本家、Zepは再結成ライヴやるようで複雑です(笑)

投稿: may | 2007年9月13日 (木) 19時50分

再結成、一夜限りなんですって?
必死で自分の曲をコピーしたのに、ロバート・プラントにキーを思い切り下げてくれと言われてブンむくれのジミーが目に浮かびます(^^;

投稿: Kenta | 2007年9月13日 (木) 19時55分

思うにZEPって、あの当時から英国の民俗音楽をかなり引用しながら、上手くハードロックに昇華させているので、ZEP教のようなものがファン心理の中に根付いているんじゃないのかなぁ。
だから宗家と分派とで争い事が…

投稿: 潮騒にガムラン | 2007年9月13日 (木) 23時08分

なーるほど、それでレニー・ウルフは弾劾されたわけですね。KINGDOM COMEは来日公演まで行ったのですが、あまり信者ぶりは感じなかったけどなあ。

投稿: Kenta | 2007年9月14日 (金) 07時24分

伴天連の妖術にダマされてはいけません。
それはきっと隠れキリシタンかも…

投稿: 潮騒にガムラン | 2007年9月15日 (土) 01時28分

バテレンの魔法(^^
たしかプロ野球創世記の時代、初めてカーブを投げたピッチャーもそのように揶揄されたというのを思い出しました(^^

投稿: kenta | 2007年9月15日 (土) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Leon Russellのブルースアルバム | トップページ | 有楽町線で聞きまつがい »