« 原田真二 | トップページ | 大変混雑しております »

最古の記憶

人間は、コトバをもって記憶するのだそうだ。
逆にいうと、コトバを覚える前の記憶はないということになる。

最近聴いた、ある公開講座でセンセイがそんなことを言っていた。

ちょっと面白い話だ。

そこで、ふむ、自分の最古の記憶はなんだろうと手繰ってみると。

ピアノを習いに行っていたのは覚えているぞ。
教室は先生の自宅で、ボンネットバス(古!)に乗って通ったのだが、あれが妹が生まれたばかりだったから、三歳になりたてのころだ。

妹が生まれた病院も覚えているけど、あとから連れていってもらったのかもしれないから、やっぱり三歳くらいの記憶が最古ということになる。

さらに脳みそのセピアな部分を手繰ると、一緒にピアノ教室に通っていたそのひとつ年上のカツミちゃんという子と結婚するつもりでいたのを思い出した。

年上の女の子と結婚できるか母親に聞いた記憶があるから間違いない。

これはきっと四歳くらいだ。

ところでそれは両想いだったのか。。。

その子とは毎日遊んでいたけど、それは確認した記憶はないな(^^;

♪本日の通勤BGM〜GOTTHARD

|

« 原田真二 | トップページ | 大変混雑しております »

コメント

最古の記憶かぁ、おもしろいねぇ。
それにしても良く覚えてるのに感心しました。
しかも女の子に対する記憶が…(^o^;)

それはともかく、自分はどうかと振り返ってみたけど、すでに雲散霧消しておりました。

投稿: 潮騒にガムラン | 2007年9月 4日 (火) 19時57分

そりゃガムランさんほど波瀾万丈ならやむを得ないでございます(^^

投稿: Kenta | 2007年9月 5日 (水) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原田真二 | トップページ | 大変混雑しております »