« 荻窪☆春木屋 | トップページ | ノーサイド »

マイケル・シェンカー

今朝のBGMはマイケル・シェンカーの現時点での最新アルバム、Tales Of Rock'n Roll。
キャリア25周年の記念作品ということで、ゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、ロビン・マコーリーといった歴代のヴォーカリスト全員が参加している。

UFO時代からの名曲「恋のお医者さん」のような印象的な歌メロラインは見当たらないが、相変わらずのミドルトーンによる扇情的なフレーズは健在だ。

ギターインストの名曲「ささ、ずずいーっと前の方へどうぞ(Into The Arena)」を彷彿させるリズムチェンジの妙も冴えている。

最近はギタリストのリーダーアルバムで、ぜひ聴いてみたいと思わせるプレイヤーが少なくなった。

しかしこのミドルトーンとチョーキングのタメ、ココロの琴線にはホントにグッくる♪

自分が日本人であることを再確認するような瞬間・・・♪

ドイツ人に実感させられるというのもなんだか情けないんだけど・・・

Msg

|

« 荻窪☆春木屋 | トップページ | ノーサイド »

コメント

スコーピオンズといえば「荒城の月」なんだから、それも仕方ないかな、と。

投稿: 潮騒にガムラン | 2007年9月25日 (火) 19時28分

確かに。渋谷公会堂でクラウス・マイネの「荒城の月」をナマで聴いて感動しきましたが、同時に歌詞を知らない日本人の若者もどうかと思いましたよ(^^;

投稿: Kenta | 2007年9月25日 (火) 19時32分

私はスイス人に実感させられました(^^)v

投稿: may | 2007年9月27日 (木) 18時29分

私も彼らのおかげで「スイス人で知ってる人」が一気に五人増えました♪

投稿: Kenta | 2007年9月27日 (木) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荻窪☆春木屋 | トップページ | ノーサイド »