« KISSアライヴボックス | トップページ | 牛に願いを »

迷惑な話

迷惑な話
池袋東口を歩いていたら、消防車が二台止まっていて人だかりがしている。
人が見上げほうをよくみると、10メートルほどの木の枝に長い傘が二本かかっているのだ。

悪ふざけして放り投げたのだろうか。

ぶら下がっている傘の先が真下を向いているから、台風一過の風に煽られたら下の歩道を歩く人の真上にまっすぐ落下するだろう。

通報した人もよく気付いたものだが、七、八人はいた消防士さんの手際も見事だった。

それにしても、一歩間違えば惨事になるようなこんな悪戯をした馬鹿野郎は、もしこうしている間に他で火災が起こったらここにいる何人もの消防士さんの手間を奪うことになるのだということまでもを予測したか。

そこまで頭はよくないからこんな悪戯しかできないのだろう。

この世には、やっていいことと悪いことがある。

両親や教師に何度も叱られた立場で偉そうなことも言えないが、やはり悪戯にも質があるってことを子供たちにはわかってほしいと思うぞ。


♪本日の通勤BGM〜GOTTHARD Lipservice

|

« KISSアライヴボックス | トップページ | 牛に願いを »

コメント

息子によく言います^^;やっていいことと悪いことがあるって。それを教えていくのも親の務めかなと思ったりしますが、自分の子供以外にも教えるのも大人の務めなのでしょうが、昨今難しい話です。。。

投稿: may | 2007年7月18日 (水) 13時54分

今はホントに大人が子供を叱らなくなりましたよね。
私の子供の頃なんか、親以外のおばちゃんからもどんだけ怒られたことか・・・←相当悪かったのか・・・

投稿: kenta | 2007年7月18日 (水) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KISSアライヴボックス | トップページ | 牛に願いを »