« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ブート音源

WHITESNAKEのアメリカンリミックス盤。

ゲフィンレコードが英国盤Slide It InにNGを出し再録されたアルバムだが、それを聴いていてふと思った。

私はブート音源が苦手。

たとえどんなアーティストのもので、どんなにレアなものでもまず聴く気はおこらない。

理由は音質だ。どれほど高音質とうたっても、所詮「ブート音源にしては」という枕詞が付くもんね。

それは、好きな芸能人の日常生活を盗撮するのに似ている。

綺麗な女優がすっぴんでスーパーに買い物してる姿など見たくないのと同じ。
でも世の中には「ファン」と称してなんでもかんでも収集しないと気が済まない人も多いとみえる。

アーティストにはプロフェッショナルとして、寸分のスキもないパフォーマンスを提供してほしいし、それしか望まない。


♪本日の通勤BGM〜WHITESNAKE Slide It In American Mix

| | コメント (0)
|

参院戦

戦う前から火を見るより明らかというのはこういうことをいうのだ。

それにしても、あのファーストレディのオバサンのいい歳して語尾伸ばし言葉、元テレ朝女子アナの「忙しくて住民票異動忘れてました」発言。

アホか。

子供がいる家庭ならいくら忙しくても住民票の異動を忘れたら学校にやれないんだよ。

女子アナオタクの浮動票で滑り込んだようだが、浮世離れの馬鹿さかげんもたいがいにしろっ!

| | コメント (0)
|

RED HOT CHILI PEPPERS

今さらながら映画「デスノート」を見て面白かったから、そのままの勢いでレッチリに手を出すのは当然の帰着というべきだった。

映画サントラの二曲はたしかにいい曲だ。

何がいいって、特にスネアの音。

しかしニューアルバムの二曲目以降を聴く限り、やはりこのバンドがあれほど人気を博す理由まではわからなかった。

げにサントラの威力というものは恐ろしい。

だからといって主題歌が韓流歌手のものだったら、きっとはじめから映画すら見ないだろうな。

♪本日の通勤BGM〜RED HOT CHILI PEPPERS

| | コメント (0)
|

柳原 可奈子

Photo_2

そういえば以前、パートさんの採用担当だったとき、たまたま二人続けてふくよかなタイプの人だったものだから、女性社員たちから「ひょっとしたら○○専でしょ?」とからかわれたことがある。

ちゃうちゃう。

でも、柳原 可奈子。はっきり言ってファンである。

文句あるか。

| | コメント (2)
|

ららら通勤電車☆その3

昨日の朝、出張で早い電車だったので最寄り駅から座ることができた。

ふと向かいの席を見るとオッサンとオバハン(他人同士)が並んで座っているのだが、しばらくするとオッサンが扇子を取出して扇ぎはじめた。

するとオバハンのほうが露骨にいやーな顔をする。

あー、わかるわかる。
一度オッサンの肌に当たった空気が自分のほうにくるんだもんな。

くるだけじゃなくて吸い込んじゃうし、かといって息を止めとくわけにもいかないし。

それでも、それほど嫌ならオバハンだって席を立ちゃいいのだ。

私なら立ち去るぞ。

しかしまあオッサンにしろオバハンにしろあの年代は厚かましいものな。

とにかく疲れた。

週末は爆睡するとしようっ☆

| | コメント (0)
|

出張の新幹線車内にて

私は一人で新幹線に乗るとき、下り方面に向かっては必ずE席の指定を取る。
二人掛け席の左、通路側。
右足を上に組むので窓側だと隣の人を蹴ってしまうからだ。

今朝も東京駅で発車10分くらい前に指定の席に乗り込むと、隣席にはオッサンが弁当を広げてビールまで飲んでいる。

おいおい、スーツを着て朝の7時から酒か。真ん中の線からこっちにははみ出すなよと心中で毒づくきながら着席してしはらくすると、オッサンはふと思いついたように自分の席番号確認するやいなや、食いかけの弁当、飲みかけの缶ビール、週間新潮、携帯ラジオ(どんだけ店広げてんねん)を持って慌てて前方4番の席に移動していった。

4と11を間違えるか、普通。さては家から飲んできたな。

で、空いた隣席には次の品川駅でノースリーブの若いお姉ちゃんが乗ってきた。
やっぱり出張の新幹線はこういう配置でなくてはならぬ♪

朝から酒を飲むようなオヤジは専用車両を設けて隔離しておくれ。

♪本日の出張BGM〜PROPHET、リンゴ・スター、GOTTHARD

| | コメント (2)
|

値引き合戦のツケ

うちはアメ〇カ産の肉と中〇産の食材は一切買わない。

例の段ボール肉マン騒動だって、ヤラセのガセネタだったと発表したが、どっこいその報道こそ当局主導の捏造、実際にあったって不思議じゃないと思っている。

ミートホープの猪八戒社長がいみじくも言っていたが、消費者はより安価なものを望むものだ。

しかし、企業のコスト、原価や販管費を考えたらおのずと限界はあるはず。

たとえば、池袋に〇カメラに対抗して〇電機が出店する。

競争原理による価格の低下は一見すると消費者の味方のようだが、コストの分岐点を超えそうになっても見てくれの小売り価格を下げるには、どこかでカットしなくてはならない。そしてそのツケを払わされるのは結局のところ消費者じゃないのだろうか。

いくら安くても段ボールや雨水を食ったり飲んだりはしたくない。

当然、箱に書いてあるメーカー名だけが日本の一流企業製という電化製品もごめんこうむりたいものだ。

♪本日の通勤BGM〜GOTTHARD

| | コメント (2)
|

全部揃えないと気が済まない奴

全部揃えないと気が済まない奴
WHITESNAKEにNeed Your Loveという曲がある。

ジョン・サイクス加入直後、Slide It Inのアメリカンリミックスミニアルバムのみに収められていた、ジョン・ロードの教会風オルガンだけをバックにデヴィッドが切々と歌い上げるゴスペル風バラードである。
ジョン・レノンのイマジンでお馴染みのアスコット邸でレコーディングされたものだ。

このアメリカンリミックス盤、レコードではもちろん持っていたがCDは貴重で、ずっと探していたのだが、先日、Need Your Loveが収録された別の編集盤を見つけたから「まあ目当てはこの一曲だけだし」と買って聴いてみると、なんとバックがジョンのオルガンじゃなくてシンセだったのだ。
ジョンのシンセではないから、ひょっとしてドン・エイリーあたりがキーボードだけ入れ換えたのかもしれない。

「こんなバージョンあったのかよ」と驚きながらも、やっぱり元々聴いてよかったと思ったのはオルガンバージョンだから引き続き探していたのだけど、そのアメリカンリミックスCDが先日ようやく見つかった。

一曲おきにデヴィッドの肉声コメントが入ってるのはどうかと思うが、どうしてもアメリカで成功したかったWHITESNAKEの入魂の一枚として、このミニアルバムは独特の存在感を持つ。
そしてなによりも、ジョンとデヴィッドだけによるNeed Your Loveこそ、ある意味Soldier Of Fortuneを凌ぐ彼自身の代名詞というべきブルースだと思うぞ。

というわけで、ただ一曲を求めた結果、ミニアルバムが二枚揃ったというわけなのでした。

♪本日の通勤BGM〜WHITESNAKE、GOTTHARD

| | コメント (0)
|

GOTTHARD

この夏はGOTTHARDを極めることになりそうだ。

なんといってもまずメロディがいいしバンドも上手い。

しかしそれよりも一番の魅力は、聴いたあとに残る何とも言えない爽快感なのだ。

今日も朝から聴いていてふと思い当たったのだけど、このバンド、「何かがある」のじゃなくて「何も余計なものがない」のだ。

例えば、長尺なイントロ、うるさいベードラ、無意味なギターソロに感情を叩きつけるだけのようなパワーコード。

これらが死ぬほど好きという人もいるだろうけど、私はパスなのだ。

で、この「余計なものがない」というの、他にも同じように感じたバンドがあるぞ。ドラマーのリズム解釈はイアン・ペイスを彷彿させるが、DEEP PURPLEはもちろん好きなんだろうけどもっと似たバンドがあった。

そうそう、THE BEATLES♪
曲によっては、いきなり歌から始まる、ソロがない、ドラムがハイハットを使っていないなど印象的なアレンジをいくつも残しているけど、今朝ほど聴いてて感じた「余計なもののなさ」加減は、まさにBEATLESのそれだ。

そんな風に思いついた矢先、歌詞に耳覚えのある曲が。

Come Togetherのカヴァーだった。

ほーらやっぱり♪

国民的人気といわれるバンドにとって、BEATLESという単位は落としてはならない必修教科なのかもね。

♪本日の通勤BGM〜GOTTHARD

| | コメント (1)
|

さいたまスーパーアリーナ

・・・にやってきたのだが、ライヴでもスポーツイベントでもなく、高校進学フェアなんである。

すぐ近くのジョン・レノンミュージアムには何度も来たが、スーパーアリーナは初めてだ。

しかし来る道々、ムスコと「へー、ここにポール・ロジャースやブライアン・メイも来たんだなー♪」と、まるで緊張感なし。

各高校のブースでは、さすがに真剣に話を聞くムスコを尻目に、私は女子高や共学校のパンフを立ち読みするのであった。

あー、返す返す男子校なんか行くんじゃなかったよ(^^;

| | コメント (4)
|

藤原竜也になりたいっ!

藤原達也になりたいっ!
今頃、映画「Death Note」を見た。

だってTSU〇AYAが半額だったから。

まあ、これほど「死」というテーマを軽々しくエンターテイメントに仕立ててしまうのも、ある意味で今の犯罪社会と密接な関連があると思うが、堅い話はさておいて戸田恵梨香だ(またか)。

有名な監禁シーンのために、撮影の待ち時間も緊張感を高めるために自ら目隠しははずさなかったということで、若いのにさすがのプロ魂。

デビュー以来応援していた私の期待を大きく裏切った矢〇亜希子のようにはならないでね。

それにしても、藤原竜也がうらやましいっ!

| | コメント (4)
|

ロックシンガーとノドボトケ

今朝の芸能ニュースで、テノール歌手の秋川雅史さんが面白いことを言っていた。

芸能記者に、「シャツの第二ボタンまで開けているのも中高年の女性に人気がある秘訣ですね」的な質問をされて、
「シャツのボタンを上まで留めると、歌うときノドボトケが下りてこないんですよ」と切り返したくだり。

なるほど、低次元な質問にもさすがクラシックの歌い手、納得する理屈だ。

とすると、ロックシンガーがライヴなどでシャツの前をはだけてるのも、声帯がよく広がるようにという意味合いもあったわけか。

でも、デヴィッド・カヴァーデイルなんかヘソのあたりまではだけているけど、それはまた違う意味なんだろうけどもね(^^

♪本日の通勤BGM〜KRYPTERIA

Photo_1

| | コメント (4)
|

飛び込み営業

一昨日、オフィスの玄関を閉めようかという時間になって、アポなしの来客があった。

システム統括部署の方にということで、とりあえず私が応対する。

忙しい時間に、ったく。。説教してやるか、と出てみたら、見るからに新卒といった風情の女の子。

用向きはシステムの売り込みだった。

比較的著名なSという企業の名刺を出した彼女の話は、新人にありがちな一方的に喋りまくるといった風でもなく、なかなか解りやすいプレゼンだったということもあって、忙しいさなかの来訪だったけど、とりあえず最後まで聞いてやった。

一通り聞き終わったところで、私のオフィスでは残念ながら採用の見込みはない旨をできるだけ丁寧に伝えると、話はいつの間にか彼女自身の話題になった。

聞けば、研修の一環で、新人何人かでそれぞれ任せられた地域の企業に飛び込み訪問をし、同様のプレゼンをする、今日はうちで60何社目だけど、それはどちらかというと少ないほうで、訪問社数ではなくあくまで売上目標が一定ノルマに到達しないと次の研修ステップに進めないとのことだった。

聞いているうちにふと、この子の立場が自分の部下だったらと思い、何となしに聞き役になった感じだった。

まあ、今の私のセクションは企画部門だから、部下の姉ちゃんがノルマを背負って飛び込み営業に放り出されることはないのだけれど。

で、とりあえず彼女は訪問の目的を達成できずに、階下の会社に向かったのだけど、昨日のこと、会社のアドレスあてに彼女からメールが届いた。
(とりあえず名刺だけは獲得ノルマもあるはずだから渡してやったのだ)

そこには前日、時間をとってくれたことへの謝意、また頑張ろうという気持ちになったことなどが几帳面な文章で書かれていた。

少なくとも私がどこかでまたS社の名前を目にしたとき、この礼儀正しい新人を思い出すだろうし、そのことはS社のポジティブなイメージに繋がりもするだろう。

一日6〜70社なら一ヶ月で1500社くらいは訪問するのだろうけど、こういうきめ細やかな仕事を続けていたら、1500の中で一社くらいは成約するかもれないな。
それにしても、営業で回るととにかくいろんな奴がいるからほんっとに大変☆

♪本日の通勤BGM〜WISHBONE ASH

| | コメント (4)
|

牛に願いを

今回のクールは久しぶりにドラマを見ることにした。
だって巨人戦中継してくれないんだもん。

とりあえずフジの「山おんな壁おんな」
深田恭子が出るんだからこいつは外せない。

それよりよかったのは同じフジの「牛に願いを」

戸田絵恵梨香が出るんだからこいつも外せない(そればっかりか(^^;)

というつもりで見始めたのだけど、北海道の酪農家を舞台に現実を見据えた設定で、第一回目から不覚にも感動してしまった。

牛乳離れが進んでいるらしく、ドラマの中でも消費されずに廃棄した話が紹介されていたが、私は牛乳は大好きだし戸田恵梨香の頑張りに報いるべくたくさん飲むことにしよう。

で、誰が主演?牛?。。

♪本日の通勤BGM〜ランディ・ニューマン

| | コメント (2)
|

迷惑な話

迷惑な話
池袋東口を歩いていたら、消防車が二台止まっていて人だかりがしている。
人が見上げほうをよくみると、10メートルほどの木の枝に長い傘が二本かかっているのだ。

悪ふざけして放り投げたのだろうか。

ぶら下がっている傘の先が真下を向いているから、台風一過の風に煽られたら下の歩道を歩く人の真上にまっすぐ落下するだろう。

通報した人もよく気付いたものだが、七、八人はいた消防士さんの手際も見事だった。

それにしても、一歩間違えば惨事になるようなこんな悪戯をした馬鹿野郎は、もしこうしている間に他で火災が起こったらここにいる何人もの消防士さんの手間を奪うことになるのだということまでもを予測したか。

そこまで頭はよくないからこんな悪戯しかできないのだろう。

この世には、やっていいことと悪いことがある。

両親や教師に何度も叱られた立場で偉そうなことも言えないが、やはり悪戯にも質があるってことを子供たちにはわかってほしいと思うぞ。


♪本日の通勤BGM〜GOTTHARD Lipservice

| | コメント (2)
|

KISSアライヴボックス

KISSライヴボックス
やっぱり手に入れた(^^;

KISSのAlive('73)から発売寸前までいってオクラ入りになったAliveⅣまでの4CDセット。

ムスコが漢検準二級に合格したらご褒美という約束だったのだが、この中でAliveⅡはレンタルで焼いたやつしか持ってなかったから親子二代のKISS Armyである我が家にはどのみち必須アイテムというわけ。

それにしても私がKISS Aliveに衝撃を受けたのは中学一年のとき、そしてアルバムDestroyerを聴きまくって「そんなのばかり聴いてないでしっかり受験勉強しなさい」と母親に小言を言われたのが今のムスコの歳。

輪廻とはまさにこのことだが、そうそう、「輪廻」という漢字も書けるようにしておけよ(^^ゞ

| | コメント (0)
|

スティック回し

これはムスコの手なのだが、彼によればドラマーのスティック回しの極意は人差し指のみで回転させることにあるのが分かったのだそうだ。

道理で、QUEENマニアの彼が最近KISSの話ばかりすると思ったら、DVDでエリック・シンガーのドラミングをつぶさに検証した結果なのだそうで、右手だけならほぼ完璧、次は左手でも同じように回せるようチャレンジするのだそう。

それなら、とりあえずトミー・アルドリッヂのプレイも研究しなさい。

ところで、チミは私の後をついでキーボードプレイヤーになるんじゃなかったっけ?

ドラマーだとバンド解散した後、ソロ活動が難しいぞ。

まあ、マルチプレイヤーの一環としてドラムの習得ももちろん抑えておくべきだけれど、とりもなおさずチミは今受験生だという事実も忘れないようにしてくれたまへ。

PS.台風の中、北辰テスト受験ごくろうさん☆

♪本日の「持って帰った仕事をやりながら聴くBGM」~GOTTHARD

| | コメント (2)
|

三連休

三連休
三連休だ。

三連休といえば縮毛矯正のチャンス。

だって丸二日シャンプーできないもんね。

例年、海の日あたりはまだ梅雨明けしてないから特に予定も無い。

まずは近所のパスタ店でゆっくりランチ。

ここは家から近いのだけど、緑が多い場所にあって焼きたてのパンがなんとも香ばしいなんとも雰囲気のいいレストランだ。

帰りに近くのBOでEUROPEの珍しいライヴビデオを手に入れる。

ギタリストがキー・マルセロにチェンジしたあとのアメリカでのライヴだ。

ジョーイはじめメンバーも若い若い。

というわけで、いい気分で午後から美容院へGOなのであった。

| | コメント (6)
|

ずーっと間違えていた名前

最近になって、あのイモ姉ちゃんの救世主「レギンス」のことを「リベンジ」と思い違いしていたことが、友達の姉ちゃんの指摘により判明した。何の復讐だ。
だって響きが似てるじゃん。

この手の思い違いは他にもあって、例えば

ACBを「アシベ」

agnes b.を「アゲインビー」(栄養ドリンクかよ)

UNTITLEDを「ユナイテッド」(航空会社かよ)

これらもすべて指摘されるまで間違って覚えていたのだ。

この調子だと判明してないものがまだありそう。

ブランド好きの姉ちゃんにたかられたことがない健全な証でもあるのだけれどf^_^;

それにしても今日のBGMのFAIR WARNING、トミー・ハートはいい声だな♪

曲は普通だけど、日本人の琴線にはたしかに響く。

このバンドといいGOTTHARDやPINK CREAM 69などを聴くと、ハードロックの良心は英国やアメリカのバンドにはなくなりつつあるように感じてならないのだけど。

♪本日の通勤BGM〜FAIR WARNING

| | コメント (6)
|

人口集中と統計に関する一考察

うちの近所の中学校は、だいたいひと学年に80人くらいの女子がいる。
ちなみに男子はほぼその倍。だから男女比は2:1ということになり、競争率はそこそこ高いのだが男子には自助努力をしてもらうとして、今日の話題はそこではない。

80人といえば少子化の今、そこそこの数と思う。この傾向はここ何年も変わっていない。

ということは、たとえば二十歳の女の子が毎年約80人づつ近所に出現しなきゃいけない計算になるのだが、いっこうに目立たないんですけど。

まあ「私は二十歳です」と札を下げてるわけじゃないから、二十歳を境に前後二歳くらいのアロアンスは勘案したとしてもそんな妙齢の女の子にはほとんどお目にかからない。

集団就職で一斉に都会へ行っちゃうような田舎でもないし、ハンメルンの笛吹きがいるわけでもないし、集団人さらいの地下組織があるようでもない。

一つだけ思い当たるのは、私は面食いなので、そうじゃない女の子は透き通って見える。

あ、やっぱりそのせいなのか。

♪本日の通勤BGM〜アルフォンス・ムザーン

| | コメント (2)
|

あちゃ〜ヴィンちゃんがいない!

あちゃ〜ヴィンちゃんがいない!
ケータイのストラップに付けていたヴィンちゃんが、気付いたら行方不明に!

くっそぉ〜、どこで落としたんだろうなあ。。。

ちょっと前放送のsakusakuで、電車の中でヴィンちゃんのキーホルダーを拾ってくれた女の子と仲良くなってそのまま現在も付き合ってるという話があったっけ。

明日いっぱい期待してみようっ☆

| | コメント (2)
|

チャンネル争い

私が予約していたドラマの時間帯にカミさんが見たい番組が重なった。

私はドラマはとにかく録画して、リアルタイムじゃなく時間のあるときにゆっくり見たい主義なんだけど、彼女もそれは録画したいという。

しかも被ってるのは後半の15分。なんだよ、連ドラの一番肝心な部分じゃないか。

しかし結局は、朝私が仕事に出かける直前に話を持ち出したカミさんの作戦勝ち。

くそー。案の定、戸田恵梨香の号泣シーンが録れなかったぢゃないかっ(-"-#

でも、チャンネル争いごときで遅刻しては様にならないじゃん。

ダンナとチャンネル争いになったときはこの手に限るという、悪しき判例を残してしまった(^^;

それにしてもチャンネルといえば、昨夜は細木〇子センセイに怒りまくった人たちが数万人はいるだろーな(^^;

♪本日の通勤BGM〜THE BEATLES

| | コメント (4)
|

いい感じで寝入ったのだけど

近頃、ベッドタイムBGMといったらデビカバのディープヴォイスが多いんだけど、昨夜はじっくり聴き込もうとフルカバータイプのヘッドフォンを使った。

音源は相変わらずiPodとはいえ、やはり耳フォンとは音の奥行きが違う。

いつの間にかデヴィッドの声より深〜い眠りについたまではよかったが、朝になっても目覚ましアラームが聞こえず、寝過ごした!
♪本日の通勤BGM〜ALLEN LANDE

| | コメント (4)
|

iTune Storeで購入

先日チェックしたKRYPTERIAとGOTTHARDを「ネット購入」してみた。

以前にタニヤ・タッカーを購入して以来、iTune Storeでは二度目のお買い物。

基本的に音源はCDやレコードのお皿でないと所有した気にならないし、よかったらCDを買うつもりだから、今回のはいわば試し買いというわけだ。

KRYPTERIAはやはりいい。というよりもヴォーカリストがいいのであって、曲やバンドは「星の数」のレベルだが。

女性ロックヴォーカルで苦手なのは「金切り声」に「しわがれ声」なんだが、この人の高音はソプラノだから大丈夫。
もう一曲、GOTTHARD、アルバム全体としては前作「リップサービス」のほうが粒揃いだが、シングルThe Callは素晴らしい。

PVでドラマーが曲調にそぐわないひょうきんな表情を見せる以外は、寸分のスキもない完璧な仕上がりだ。
ハードロックは進化する♪

| | コメント (0)
|

ミヤコワスレ

突然こんな言いっぷりもなんだが、私は一人でピアノに向かうことを除けば、すでにミュージシャン稼業から身を引いている。

つまり、バンド稼業はもうやらないということだ。

自分が他に向けて放つ出音に対して、満足すべき何のインスピレーションも帰ってこないとき、そこになんの意味があるのかと感じるようになったからだ。

唯一自分の音に呼応できるのは、次の瞬間自分が奏でる出音だけであることに気づいたとき、バンドを組成して活動するという長年追い求め継続してきた魅力の根幹は瓦解した。

いま、自分にオファーをくれているバンドがある。

CDを出すやらライヴをやるやらという気ぜわしいものではなく、それは「クラシックロックをやろう」というとてもおおらかな申し出だ。

しかし、私にとって、クラシックロックといっても75年までしかさかのぼれない。

何よりも、他人が好きな音楽を、一緒になって助っ人として演奏することにもう魅力は感じないのだ。

申し訳ないけど、そろそろ自分の好きな曲を好きなときに好きなだけ、好きなキーで好きなとおりに弾かせてくれよ。

ただ自分ひとりのためだけに。

あえて付け加えるなら、自分と家族のためだけに。

|
|

湯島天神〜御茶ノ水ユニオン

湯島天神〜御茶ノ水ユニオン
都会の真ん中、喧噪から遮断された風情の神社やお寺はいいものだ。
思わず時間を気にしないでそのままずっといたくなる。

しかし気がつくといつの間にか御茶ノ水ユニオンに。結局そこかい(^^;

でも湯島から御茶ノ水に向かっては下り坂だから散策するにはいい距離、いいコースだ。

フロリダ出身のサザンロック、TISHAMINGOというバンドがちょっと気になって試聴した。
ソフトなBlack Clowsという感じ。

それにしてもBON JOVIもGOTTHARDももう中古が出回ってるっていったいどういうこっちゃ。。。(^^;

| | コメント (2)
|

祝☆バーガーキング日本再上陸

祝☆バーガーキング日本再上陸
誰がなんと言おうがハンバーガーはバーガーキングに限る。

日本から撤退してからもう何年になるだろうか。

ロンドンからリバプールへ向かうインターシティ急行の中で食べたハンバーガーが、今のところ生涯No.1なのだけど、バーガーキングはそれに続く。

パテは直火焼きだから油っこいマ〇クのハンバーガーとはまったく別の食べ物。
普通のワッパーサイズはとにかくデカイ。
大味なところがまたよいのだ。

だいぶ小ぶりになったものの、店の雰囲気も変わっていない。

しばらく他のバーガー店はご無沙汰になりそうな感じだな。

| | コメント (2)
|

おっと、こりゃなかなかいいバンドじゃん♪

Krypteria

Krypteria02 先日のROCK CITYでクリップが紹介されたバンド、ドイツのKRYPTERIA。

ゴシックメタルということらしいが、それにしてはけっこうポップだ。

というより、なぜこのバンドに惹かれたか。

それはヴォーカルのお姉さんが韓国二世、というか、まあ東洋人なのだ。

ハードロックは大好物だけれど、Voは♂に限る。。。。例外はカルメンマキくらいなもので、最近流行りのWithin Temptationなど見ても聴いても何とも思わぬ。

そういう嗜好でありながら、このバンドの雰囲気にはなぜか釘付けになった。

あんまり関係ないが、私自身父方の祖母の系統は旗本なので言わば幕府方、元をたどれば清和源氏にまで遡る(ホントか??)純和風の育ちであるせいか、つまり外国人は「夷狄」というわけで、とくに欧米の女性に対してはどんなにキレイだろうがほとんど何も感じない。

その逆というか反動というか、そんなこんなで、このバンドのヴォーカリスト、Ji-In嬢にはなんだかツボにはまってしまう予感がする。

声楽とピアノといった正統的な音楽教育も受けていることや、そもそもヨーロピアンクラシックの系譜だから、ブルース色が皆無であるのも気に入った。

誰が何といおうが(たぶん誰も何にも言わないんだろうけど)しばらく気になったままでいようではないの。

でも、オフィシャルサイト、ちょっと重過ぎるんですけど!

| | コメント (2)
|

お釣り手渡しパフォーマンス

昨日、帰りがけにコンビニに寄ってアイスを買って帰った。

タバコもお酒もやらない代わりにアイスはよく買う。(あまり関係ないか)

で、コンビニのレジはPINKYのモデルでお馴染みの鈴木えみ似のお姉ちゃんだったのだけど、お釣りをくれるときに片方の手で小銭を手渡し、もう片方の手を私の受け取る手の下に添えてしっかり握ったわけ。

そういえば、最近よくこういうお釣りの渡され方に遭遇するけどマニュアルなのか。

まあ握られてる間は一瞬、えーと、人間が瞼を閉じるのに0.2秒、閉じた状態で0.2秒、さらに再び瞼を開けるのに0.4秒かかるというから、この合計0.8秒を「一瞬」というならまさに「瞬く間」のことなんだけど、相手が鈴木えみだからもちろん悪い気はしない。

でも、コンビニに通う人種の中にはけっこう危ない奴もいそうだから、あの「お釣り手渡しパフォーマンス」目当てに通う奴もいるかもしれないなと「一瞬」思ったのだった。

あ、ちなみに私の場合は新しいアイスがあるときしかコンビニでは買わないので、そういう下心は一切ないです。

でもそのわりには、レジが兄ちゃんのときは代金はトレーに置くようにしてるのはどういうわけだか。。。

♪本日の通勤BGM〜EUROPE

| | コメント (4)
|

しょうがないのはアンタのほう

またまた政治家の失言だ。
今朝の通勤電車で隣に立っていたオッサンが読んでいたスポーツ紙に、過去の政治家連中の失言がまとめて載っていたのを盗みみたけど、まあはっきり言ってどれも本音だろう。
でなけりゃ「ついうっかり失言」するわけないやね。

それにしても、「しょうがない」が九州の方言とは恐れ入った。

潔く黙って去ればよいものを。

また地元の人達の反感を買うぞ。

九州産の知人も多いが、あんまり聞かないね。

そりゃ九州の方言じゃなくてアンタの放言だよ。


♪本日の通勤BGM〜Midnight Sun

| | コメント (8)
|

グリル・ド・アボカド

先日、グッチ裕三の番組を見ていたらアボガドを使った料理を紹介していたので早速カヴァーしました。(音楽番組だったのですけれどね♪)

アボカドを半分に割って、種を取ったあとの穴に「出汁じょうゆ+マヨネーズ」をあえただけのソースを流し込み、パン粉をまぶしてオーブンで焼く。

いきなりパン粉の上からだとすぐ焦げてしまうので、最初の5~6分はアルミホイルを被せてやり、その後ホイルをはずして3分くらい焼くといいこんがり具合になりまする。

出汁じょうゆがなかったので、「ざる蕎麦のストレートつゆ」で代用するという、相変わらずの行き当たりばったり加減ながら、これがまた微妙な存在感でGOODなのであった。

ちなみに私はジョージ・ハリスンと同じくらいアボカドが好きなのだけれど、これに火を通すということは考えたこともなかったな。。。

というわけで、またまた「あともう一品レパートリー」が増えた♪

|
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »