« 六本木ミッドタウン | トップページ | 商売上手 »

WHITESISTER

Ws_3 昨日久しぶりに寄った御茶ノ水ユニオンで、懐かしいアルバムを二枚ゲットした。

そのうちの一枚がこのWHITESISTER。

いやー、何年捜し求めたことか。

このころは例の「白蛇」をはじめ、「GREATWHITE」「WHITELION」「WHITEWOLF」など「WHITEナントカ」というバンドがやたら登場したが、彼らの場合はTOTOの「Hydra」の収録曲がその名の由来だったはず。

LAメタル全盛の80年代、西海岸のノーテンキなイメージとはまったく正反対の、叙情的でメロディックな旋律を旗印に、満を持してメジャーデビューを果たした四人組だった。

何より当時話題になったのは、元ANGELのキーボードプレイヤー、グレッグ・ジェフリアが全面的にプロデュースを担当していたことで、私がこのアルバムを手にしたきっかけも「キーボードがちゃんと入ってるハードロックだった」からだったのだ。

彼はジョン・ロードが築いたハードロックというカテゴリにおけるキーボードのプレイスタイルをよりモダンな方向へ進化させた功労者で、早いパッセージや延々とソロを奏でるスタイルではなく、スペーシーで広がりのあるダイナミックなサウンドでのちのGIUFFRIAやHOUSE OF LORDSを成功に導くのだが、その原石たるサウンドイメージがこのアルバムに凝縮されている。

レコードやカセットでは何度も聴いたこの作品、BURRN誌が企画した再発CDが廃盤となった後は、長い間見つけることが出来なかったのだけれど、ようやく手に入れることが出来た。

NWOHMの後を受けて雨後のタケノコのように登場したアメリカ産ハードロックバンドの中で、いまでも初めて聴いたときのインパクトが蘇る数少ないバンドだ。

「dont_say_that_youre_mine.mp3」をダウンロード

|

« 六本木ミッドタウン | トップページ | 商売上手 »

コメント

HMVで探したらこのアルバムありました。
でも、ここのところ狩猟三昧したばかりなのでちょっと我慢します^^;
チケも取ってしまったことだし。
シンセの音使いがTOTOぽいですね♪

投稿: may | 2007年5月 8日 (火) 21時20分

おお、HMVすごい。そうか、最初からそちらを探せばよかったのですね(^^;
当時はこういうサウンドの先端でTOTOがリードしていたという印象ですね。いかにも80年代ですが、それがまた懐かしく素晴らしいと思うのです♪

投稿: kenta | 2007年5月 9日 (水) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六本木ミッドタウン | トップページ | 商売上手 »