« 出張といえば | トップページ | 狩猟ひとまず一段落 »

iPod三組めのイニシャル「O」

うちには「O」で始まるアーティストが少ない。

iPodにも400以上のアーティストの中で、オリビア・ニュートン・ジョンとオフスプリングしかなかったのだが、昨日オジーオズボーンのCDを借りて入れたからめでたく三組目のイニシャル「O」ということになった。

オジーあの声が好きじゃないからうちには一枚もないのだが、先日TSUTAYAの情報誌でランディ・ローズの記事を読んだのでちょっと聞いてみたくなったのだ。
オジーのバンドのギタリストといえばジェイク・E・リーはよく聴いていたが、あらためてランディ・ローズのプレイを聴くと、今でもファンが愛してやまない理由がわかる。

とにかく美しい。

結果的に、あの不幸な事故によって彼の姿とサウンドが美しいまま封じ込められたことに対しては複雑な心境なのだけれど、生きていれば渋く円熟味を増したであろう彼を想像することをファンは許してくれるかな。

|

« 出張といえば | トップページ | 狩猟ひとまず一段落 »

コメント

私もオジーの声がダメで買ったことなかったんです。
でもやっぱりランディのギターが聴きたくて、ランディ・トリヴュート?ってのを買いました。
オジーの声さえなけりゃ、好きな曲いっぱいあるのに(笑)( ̄▽ ̄)

投稿: きなこ | 2007年5月20日 (日) 13時51分

ランディ・ローズのギターが聴きたくて一枚借りたのですが、ヴォーカルがオジーだと思うといまだ手が出ませんです(笑)
私のiPodにはOasisとOzzyとOliviaです。
Oってこんなに少なかったんだ。。。

投稿: may | 2007年5月20日 (日) 20時07分

確かに皆さんおっしゃるようにかなりアクが強いというか、鼻につく声というか。

どちらかというとオジーは自分の曲より他人のカヴァーやアルバムのゲストで歌うほうが遙かに味のある歌い方してると思います。

古くはゲイリームーアのアルバムしかり、最近ではカヴァーアルバム「under cover」しかり。

サバスで出来上がってしまったイメージに合わせるのに一番苦労してるのは本人だったりして。

それはともかく、ランディはほんとに惜しいギタリストだね。あれだけ美しいソロを弾くギタリストは滅多にいない。

にしてもオジーのギタリスト選択眼といいリッチーのヴォーカリスト選択眼といい、アクの強さで定評のある二人がともに新人発掘にかけては天才的というべきか野生の嗅覚というべきか、この点については文句なく評価に値しますね。

投稿: 潮騒にガムラン | 2007年5月20日 (日) 21時59分

きなこさん、先日のmixiを拝見してからちょっと気にはなっていたんです。で、その情報誌の記事が後押ししたと言うか。。
まあ、オジーも冷静に聴くと意外に(?)音程はしっかりしているので、上手いシンガーだとは思うのですけれどね(^^;

投稿: kenta | 2007年5月20日 (日) 22時42分

mayさんもなのですね(^^
どうもQuiet Riot時代は曲がヒドいらしいので、やっぱり彼のギターを堪能するにはBrizzard Of Ozz時代のサウンドに手を出すしかなさそうですね。
そうそう、あのBrizzard Of Ozz、実はバンド名だったらしいです(^。^

投稿: kenta | 2007年5月20日 (日) 22時44分

ガムランさん、なるほど、新人発掘の眼力はさすがですね。カヴァーアルバムはなかなか評判が良いようですが、まだ未聴です・・・

投稿: kenta | 2007年5月20日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出張といえば | トップページ | 狩猟ひとまず一段落 »