« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

マイマグでコーヒータイム

マイマグでコーヒータイム
オフィスで使ってるスタバで買ったマグカップを今日は持って帰ったのだが、途中でスタバに寄り道したから「これに入れて下さい」をやってみた。

念願だったのだ、実はこれ。

自分のマグカップを持参してコーヒーを飲むなんてなんともかっちょいいではないか。

しかしコーヒーじゃないところがイマイチだ。

しかもちょっと小さめのマグだからホイップの量とか何となく少ない気がするんですけど。

せこいな(^^;

♪本日の出張BGM〜再結成DEEP PURPLE、EMERSON、LAKE & PALMER、JEFF BECK

| | コメント (2)
|

ららら通勤電車 2

朝の通勤電車内ではたいがい日経朝刊を読むが、混んでいて態勢もままならないからたいていは斜め読みだ。

元々無理な姿勢で紙面も小さく畳んでるから、まれに紙面レイアウトで段組がちょっとずれていたりすると読んでいる途中で全然関係ない隣の記事に飛んでしまうことがある。

昨日の朝刊なんか、農相自殺の記事から隣の「農水省役人が痴漢でタイホ」の記事にワープしてしまったから、瞬間的に私の前頭葉ではこんな文章になった。

「愕然とした。よほどの葛藤があったのだろうと語り、キャミソールの中に手を入れて胸を触った」

しかもこの文脈だと、自分が着ているキャミに自ら手を突っ込んだように読めちゃうんですけど。

愕然としながらキャミを着ている農水省の役人!

なんとシュールな構図であることよ。。。

♪本日の通勤BGM〜SINNER

| | コメント (2)
|

ららら通勤電車…Vol. 1

昨日の帰路の通勤電車。

立っていた私の眼下にバカップルがべったり寄り添って座っていた。

しばらくして奴らは途中の駅で手に手を取り合って降りていったので、ラッキー☆とばかりに目の前にいた私が彼氏のあとに座る。
私の横にこれまた立っていたオバチャンが彼女が座っていた跡地にすかさず尻をネジ込む。

しかし「あれ?」

どう体を入れ換えても私とオバチャンはすんなり納まらないのだ。
従前に座っていたバカップルの様子を思い出すと、たしかに奴らはほとんど密着して部分的に重なり合っていたな。

しかし、だからといって私がオバチャンと重なり合う義理も道理もないのだが、ここで私が座を離れるとオバチャンも気分を害するだろうから仕方なく密着したままにしておいた。

しかし、よく考えてみれば、例えば長い座席にはある程度重なり合わないと電鉄会社が推奨する七人掛けは無理なのかもしれぬ。

ということは、バカップルのあられもない密着ぶりも、通勤地獄の緩和にささやかながら貢献しているのかもな。

いっそのこと長い座席は「男女交互におかけ下さい専用車両」だったなら、できるだけ詰めてたくさん座れるように協力してあげるんだけどな〜♪

♪本日の通勤BGM〜STUFF

| | コメント (4)
|

ジェイムズ・クリスチャン

名の知られたバンドのプレイヤーだった人がリリースしたリーダー作品で抜擢されたヴォーカリストというのは、なかなかスグレモノが多い。

このジェイムズ・クリスチャンは元GIUFFRIAのグレッグ・ジェフリアが満を持して結成したHOUSE OF LORDSのヴォーカリスト。

HOUSE OF LORDSではキーボードをフィーチャーした大仰で荘厳なサウンドに乗ったダイナミックな歌唱が印象的だったが、ソロアルバムでは屈託のないストレートなハードロックを披露している。

HOUSE OF LORDS時代はリーダーのグレッグ・ジェフリアすら一時期バンドを離れるなどしていたから、ある種の確執があったろうことは想像に難くないが、ことソロアルバムに関してはそんな邪推など入り込む余地はない。

ちょいとBON JOVIにあやかろうとした痕跡も窺えるが、歌の上手さに免じて許しちゃる(^^;

上手いヴォーカリストというのは小賢しいジャンルカテゴリーなど忘れさせてくれるものだ。

良質なハードロックのおかげで、またまたいい一週間の滑り出しだっ♪

♪本日の通勤BGM〜ジェイムズ・クリスチャン、HOUSE OF LORDS

| | コメント (0)
|

暑いよっ☆

暑いよっ☆
だからカレー☆

小麦粉を使わないさらさらでピリピリのカレーはなかなか家でできないので、やっぱり食べに来るに限ります。

近所にある新宿ユニオンHM/HR館も新装してフロアが増床になったから、あとで行ってみようっ!

あれ?狩猟生活は引退したんじゃ???

| | コメント (2)
|

お♪出た出たジェフ・ベックLIVE

お♪出た出たジェフ・ベックLIVE 昨年の来日公演でなんといっても驚いたのは、一曲目に披露されたビリー・コブハムのSpectrumのカヴァー。(今回のライヴアルバムではニ曲目に収録されているようだ) ビリーのアルバムでギターを弾いていたのがトミー・ボーリンだったが、ジェフのトミーに対するリスペクトを感じた一幕でもあった。 こりゃ買わなきゃならぬ。 うーん、せっかく新宿ユニオンでは我慢してTSUTAYAにしたのにっ。。。 でもここはH〇Vだから、次回タワレコに行ったときね(^^ゞ (これだから例のお二人に引退宣言を信じてもらえなかったのだな…)

| | コメント (4)
|

Butterfly Ball

今日のBGMはロジャー・グローバーのプロジェクト。

なんといってもDEEP PURPLEファミリーのデヴィッドカヴァーデイル、グレン・ヒューズ、トニー・アシュトン、それにロニー・ディオが共演しているのが興味深い。

少し前DVDがリリースされたけど、ヒゲ面でなんともイケてないデヴィッドには笑ってしまう。

この続編であるWizard's Conventionのほうが作品の質は高いが、いずれにしてもハードロック畑の人々の多面的な才能を垣間見るのはなかなか楽しい。

| | コメント (2)
|

くっそー☆早く教えてくれよっ

昨日ふと新聞のテレビ欄に目をやると、ギャルサーが再放送してるではないか。
聞けば、だいぶ前からやってるよと。。
ということは今週末で終わるくらいなのかい?

あれと「野ブタ」は第一回目を見逃してるのだよっ。
レンタル店ではまだ「新作」だし。。

だいたいテレビ欄の夕方の時間帯、普通のオトナはまったくノーマークなのが普通だろ。

まあ某国営放送みたいに再放送はBShiというよりはマシだけれどもさ。

♪本日の通勤BGM〜CINDERELLA

| | コメント (4)
|

KISS BoxSet

今日のBGMは五、六年前にリリースされたKISSのBoxSet。

デビュー前やデモ音源、各メンバーのソロや未発表ライヴ音源など盛りだくさんだ。

既発のスタジオテイクも含まれてるから多少上げ底気味の感は否めないが、そこは商売上手のKISSだからしかたない。

さて、中でも興味深いのはデモ音源。完成バージョンと聞き比べると、彼らがスタジオの中でどんなディスカッションと試行錯誤を経てあの作品の数々が世に出たかがわかる。

ベースのジーンが思い切りミスっている箇所もあって、思わず笑ってしまう。

ベーシストはいつも損な役回りだ。
普段は目立たないけどミストーンを出したらはっきりわかるもんね。

今日の通勤は往復分、たっぷりKISS三昧。

| | コメント (0)
|

ポール・マッカートニー新譜

今月号のビートルズクラブ会報。

目を引いたのはポールの新譜リリースの記事だ。

EMIからスターバックスが新たに設立したレーベルに移籍しての第一弾アルバムということになる。

ということは、今後スタバに行くとポールの曲が流れるのかな?

スタバ自体の決算も過去最高益だったし、株主としては大変満足。

それよりも、ポールのなんと精力的なこと。

あやからねば♪

♪本日の通勤BGM~ポール・マッカートニー&WINGS

| | コメント (2)
|

帰りはPINK FLOYD

本当は朝聴こうと思ったのだけど、何となく帰りのBGMになった。

サウンドのまったりした感覚がなんとも疲弊した脳みそをくるむ。

酒を飲むひとなら、こんな心境のときに一杯寄り道したくなるのかな。

今朝はランディ・ローズが、会社帰りは「狂気」がお供♪

| | コメント (2)
|

狩猟ひとまず一段落

狩猟ひとまず一段落

本日、池袋ユニオンでWHITETIGERのアルバムをゲット。

先ごろ亡くなった元KISSのギタリスト、マーク・セント・ジョンがKISS脱退後に結成しリリースしたリーダーバンドの最初で最後の作品で、ずっと探し求めていたものだ。

ユニオンでは珍しく新譜で手に入れた。

というのも、はじめはタワ○コで取り寄せ可能か聞いてみたのだが、どうもユニオン独自の入手ルートがあるらしくタワ△コでは直接入手不能なのだと言う。

典型的なLAメタルなのだけれど、ギタリストとしてのマークのテクニシャンぶりは前任のヴィニー・ヴィンセントにまったくひけをとらない。

KISS加入後のアルバム「Animalize」の一曲目から正確なダイアトニックスケールによる早弾きで存在感をアピールしているが、当時は、この童顔の新メンバーがどれほど凄いのか固唾を呑んでレコードのA面に針を下ろしたのを覚えているほどだ。

たった八ヶ月の在籍とはいえ、KISSがグラマラスなロックンロールバンドからノーメイクでHMに移行した時期の重要なメンバーだったのだ。

残念ながら、KISSではUh! AllnightのPVとわずかばかりのツアーに参加したのち、難病に見舞われ脱退を余儀なくされている。

リリース当時はレンタルレコードでしか聴いてなかったので、なんとしても手に入れたかったアイテムだったのだが、手に入れる前にマークの訃報を耳にすることになってしまった。

さて。

この作品のゲットで、長らく続いていた「お宝アルバム探訪ショップめぐり」はいちおう一段落する。

今後もショップに足をまったく運ばないということはまずないから、これからもCDは増え続けると思うけれど、これ以外のものは足げに通わなくても容易に入手できるだろう。

ということで、「狩猟生活」からはひとまず引退。

ホントか!?

| | コメント (4)
|

iPod三組めのイニシャル「O」

うちには「O」で始まるアーティストが少ない。

iPodにも400以上のアーティストの中で、オリビア・ニュートン・ジョンとオフスプリングしかなかったのだが、昨日オジーオズボーンのCDを借りて入れたからめでたく三組目のイニシャル「O」ということになった。

オジーあの声が好きじゃないからうちには一枚もないのだが、先日TSUTAYAの情報誌でランディ・ローズの記事を読んだのでちょっと聞いてみたくなったのだ。
オジーのバンドのギタリストといえばジェイク・E・リーはよく聴いていたが、あらためてランディ・ローズのプレイを聴くと、今でもファンが愛してやまない理由がわかる。

とにかく美しい。

結果的に、あの不幸な事故によって彼の姿とサウンドが美しいまま封じ込められたことに対しては複雑な心境なのだけれど、生きていれば渋く円熟味を増したであろう彼を想像することをファンは許してくれるかな。

| | コメント (6)
|

出張といえば

出張といえば
出張といえばビジネスホテル、旅先でお酒はあまり飲まない私は、とにかく夜の時間を持て余す。

関西だからジャイアンツ戦も放送してないぞ。

というわけで夜のオヤツを仕込む。

特に新しいドリンクが発売されたら必ずチェックするんだけど、ピール漬けレモンのハチミツとはヨーロッパの田舎の飲み物みたいでいかにもソソるネーミング。

苦みが程よくてこれは二重丸。

アイスがちょっと甘すぎたから、今回はなかなかいい取り合わせであったことよ。

| | コメント (2)
|

新大阪地下街☆モジャカレー

新大阪地下街☆モジャカレー
今週末も関西だ。

朝の東京の荒天が嘘のように晴れている。

晴れ男っぷりは相変わらずだ。きなこさん、遠足や運動会があったら言ってね(^^ゞ

さて新大阪の地下街で昼飯をと探してみたらカレー屋さんを発見。

「モジャカレー」といネーミングが面白かったからオーダーしてみる。
素材を込んだ甘みがなんとも言えず美味い。

マスターはベンガル人だそうで、聞いてみたら「モジャ」はベンガル語で「美味しい」とか「上等」という意味なんだって。

ちなみに胸毛のほうはどうだかわかりませんでした(^^ゞ

♪本日の出張BGM〜SYMPHONY X、TALISMAN、I Am Samサントラ

| | コメント (4)
|

DEEP PURPLE MarkⅢ

ガムランさんからDEEP PURPLEが第三期メンバーで再結成か?という情報をいただいた。

たしかに数年前からグレン・ヒューズとリッチーの周辺がきな臭かったのは事実で、引退したジョン・ロードも含めて、彼らにやり残したことがあるとするなら第三期のリユニオンじゃないかと思う。

個人的にはもうお金を払って見に行きたいと思うアーティストはいない。この時期のDEEP PURPLEを除いては。

何しろハードロックの入口がアルバム「BURN」で、その嗜好が今に続いてるのだから、その存在感たるや動物が産まれて初めて目にしたものを母親と信じ込むような次元の話だ。

実現の真偽も気になるが、想像するだけでも楽しい。
ただ間違っても、来日してみたらヴォーカルがジョー・リン・ターナーだったとか、急遽ギタリストに梶山章が助っ人参加というのだけはやめてね。

♪本日の通勤BGM〜DEEP PURPLE MarkⅢ Final Concert

| | コメント (4)
|

グランドファンクレイルロード

お世話になってるガムランさんが、ロックにのめり込むきっかけになったバンドのひとつ(で、いいんですよね(^^ゞ)

しかし私は完全に後追いで、今でも彼らの作品中で一番のフェイバリットソングといえば「ロコモーション」なのだ。
「そりゃ変」というのは自覚してるけど、初めて買ったシングル盤は今でも大事にしてる愛聴盤だし、あのギターソロも一生懸命コピーしたものだ。

今日久しぶりに聴くライヴアルバム「Caught In The Act」からはほとばしるような熱気を感じる。

そういえば高校時代、「ハートプレイカー」をコピーしたときはまだ私はギタリストだったのだ。

6/8のリズムがワルツのビートに乗った個性的な曲。ギターソロのメロディも「名曲」と言っていいだろう。

やっぱりロックのライヴは生パフォーマンスが最高。サンプラーで同期などとんでもないのだ→と、強引に「サンプラー否定論」でまとめるのであった。。。

♪本日の通勤BGM〜GFR

| | コメント (6)
|

BLACKFOOT

TSUTAYAが恒例のレンタル半額期間になったのでBLACK SABBATHをおさらいしようと新宿TSUTAYAに行ってみたら。。

「ない!」

どうやら同じ目的のお客がいたらしく、SABBATHのコーナーはほとんどからっぽだった。

そこでふと隣を見るとBLACKFOOTの再発リマスター盤がずらりと並んでいたから懐かしいのでちょっと借りてみる。

URIAH HEEPのケン・ヘンズレーが加入したころ、ちょっとだけ聴いたことがあるだけだったが、元はサザンブギーのバンドなんだね。
ケン・ヘンズレーが参加したアルバムはブリティッシュの芳香満載でそれこそ中期URIAH HEEPを彷彿する。

ジャケットを見る限りハゲもいればヒゲもいておっさん臭いことこの上ないが、久しぶりに骨太のハードロックに触れた。

ただ、レコードそのままのCD化だからアルバム一枚約40分足らず。。

通勤時間に足らないんですけど(^^;
というわけで一緒にレンタルしたDIOも今日は通勤のお供。

いや〜、月曜の朝から濃いわ(^^;

♪本日の通勤BGM〜BLACKFOOT、DIO

| | コメント (0)
|

超若返りに成功っ☆

超若返りに成功っ☆
DSの「もっと悩トレ」でついに過去最高が!

漢字や記憶モノ、四字熟語で稼いだ得点を計算モノが足を引っ張るお決まりのパターンだったのだけど、今朝はやけに調子がよかった☆

この勢いで明日から突っ走れるか???

| | コメント (0)
|

豚丼作ってみた

豚丼作ってみた

☆ 材料 ☆

醤油・・・適当

みりん・・・思いつき

たまねぎ・・・たまたま冷蔵庫に一コ残ってたのをスライス

酒・・・煮込んでる途中で「ひょっとしたら酒も入れるのかも」と思いついたが、私は家では飲まないからビールすら無し。たまたま昔豚の角煮を作ったときに使った泡盛が残ってたのでそれを入れてみる。

砂糖・・・味を見ながら気分で

牛肉・・・しゃぶしゃぶ用ロース

。。。ということで、要するにレシピはなし。

しかしこれがなかなか旨かったっす♪

PS.紅しょうががほしかった☆

| | コメント (6)
|

修学旅行

大阪からの帰り、新幹線の車窓から、京都駅のホームにたくさんの中学生や高校生が溢れかえっているのが見えた。

ちょうど修学旅行のシーズンだ。

自分たちのときは道中悪さばかりして、同行してくれたバスガイドのお姉さんまで泣かせてしまったことを思い出す。

それに比べたら今の子供達はとても行儀がよさそうだ。

小学六年生や中学三年生のクラスの友達は特に心に残る。

大荒れだった関西の昨日天気はちょっと可哀相だったけど、そういうのも含めていい想い出がたくさんできたらいいねと思いつつ見送った。

そういえばムスコの修学旅行も来月、京都奈良だったっけ。
そのときまた関西出張だったら宿に乱入してやろうかな。

| | コメント (2)
|

朝からアクシデント

今日は例によって大阪出張だが、昼までに着けばよいのでいつもの通勤時間に家を出た。

しかし最寄り駅に着いてみると人身事故で全面ストップ。

発生直後で運転再開のめどもたっていなかったから、別のルートで東京駅に向かう。

普段から出張などの時は、代替交通手段を使っても間に合うくらい余裕をみて出掛け、たいがいは早く着いてぷらぷらしているのだが、100回に一度くらいそれで助かったりするから侮れない。

怪我をした人は大丈夫だったかな。

♪本日の通勤BGM〜VAN HALEN、ZENO

| | コメント (2)
|

若かりし、ジョーリン様

先日、吉祥寺ユニオンで手に入れたFANDANGO。

ジョー・リン・ターナーが、RAINBOWの三代目ヴォーカリストとしてリッチーに見出される以前に在籍していたバンドだ。

四枚くらいリリースされていたと思うけれど、うちにはLPしかなかったのでCDをずっと探していたのだが、やっぱり欲が丸出しになっているときは狩猟の神様はなかなか微笑んでくれないもので、別の用事で吉祥寺に出かけたついでにひょっこり寄ってみたら偶然見つけたのだった。

無名時代から、やはりルー・グラムやポール・ロジャースと比較されていたらしく、歌の上手さは当時から光るものがあったが、その個性を、かのロニー・ディオ~グラハム・ボネットの系譜の延長線上に据えたリッチーの眼力にはやはり舌を巻いてしまう。

リッチーも、単なる巨乳の金髪姉ちゃん好きじゃなかったのだ。

私のiPod、プレイリストは今のところ二つしかないのだが、そのうちのひとつはデヴィッド・カヴァーデイル、そしてもうひとつはジョーのベストテイクを集めたものだ。

音のつくりは悲しいかな、70~80年代初めの香りがプンプンするが、若さがほとばしるようなジョーの歌いっぷりはやっぱり素晴らしい。

| | コメント (0)
|

Hydra

伝説の怪物じゃなくてTOTOの2nd。

先日、このアルバムの曲名にバンド名の由来を持つWHITESISTERを聴いたので、本元のほうも久しぶりに聴きたくなった。

TOTOの場合、どのアルバムも素晴らしい水準なのだけど、初めて彼らのサウンドに触れたこのアルバムが自分の中ではマストアイテム。

生ピアノがハードでソリッドな質感の中で息づいたロック史上初の作品として、一生聴き続けたい一枚だ。
ロック好きがどんどん昂じても、プレイヤーとしてピアノを手放さなかった理由の一つがこのサウンドにあるかもしれない。

♪本日の通勤BGM〜TOTO

| | コメント (3)
|

商売上手

ハードロック界の商売上手といえばなんといってもKISS。
最近、ALIVEのⅠからⅣまでをひとまとめにしたボックスセットがリリースされた。

KISSフリークのムスコによれば、とくにこのALIVE-Ⅳはジャケットも発表されながら発売直前でオクラ入りしたものだそうで、そういえばその年のクリスマスにほしがってたよな♪
その代わりにオーケストラと共演したKISS Symphonyが出たんだっけ。

KISSほど長いキャリアになれば、新しい世代のファンのためにベストアルバムが何枚も出て、そのたびに未発表新曲が入るのもわからないでもないが、今回のボックスセットは参ったな。
ⅠからⅢまでは持ってるけど、一時は幻と化したALIVE-Ⅳだけのためにこれを手に入れるか。。。

なんだか買っちゃいそうな気がするな〜

♪本日の通勤BGM〜KISS ALIVE-Ⅲ

| | コメント (2)
|

WHITESISTER

Ws_3 昨日久しぶりに寄った御茶ノ水ユニオンで、懐かしいアルバムを二枚ゲットした。

そのうちの一枚がこのWHITESISTER。

いやー、何年捜し求めたことか。

このころは例の「白蛇」をはじめ、「GREATWHITE」「WHITELION」「WHITEWOLF」など「WHITEナントカ」というバンドがやたら登場したが、彼らの場合はTOTOの「Hydra」の収録曲がその名の由来だったはず。

LAメタル全盛の80年代、西海岸のノーテンキなイメージとはまったく正反対の、叙情的でメロディックな旋律を旗印に、満を持してメジャーデビューを果たした四人組だった。

何より当時話題になったのは、元ANGELのキーボードプレイヤー、グレッグ・ジェフリアが全面的にプロデュースを担当していたことで、私がこのアルバムを手にしたきっかけも「キーボードがちゃんと入ってるハードロックだった」からだったのだ。

彼はジョン・ロードが築いたハードロックというカテゴリにおけるキーボードのプレイスタイルをよりモダンな方向へ進化させた功労者で、早いパッセージや延々とソロを奏でるスタイルではなく、スペーシーで広がりのあるダイナミックなサウンドでのちのGIUFFRIAやHOUSE OF LORDSを成功に導くのだが、その原石たるサウンドイメージがこのアルバムに凝縮されている。

レコードやカセットでは何度も聴いたこの作品、BURRN誌が企画した再発CDが廃盤となった後は、長い間見つけることが出来なかったのだけれど、ようやく手に入れることが出来た。

NWOHMの後を受けて雨後のタケノコのように登場したアメリカ産ハードロックバンドの中で、いまでも初めて聴いたときのインパクトが蘇る数少ないバンドだ。

「dont_say_that_youre_mine.mp3」をダウンロード

| | コメント (2)
|

六本木ミッドタウン

六本木ミッドタウン
久しぶりに来た昼間の六本木。
とりあえずこういうスポットが出来たら必ずチェックするのだが。

東京以外からの観光客が多くて、一年経ってから来ればよかったな。
みてくれは瀟洒な店が並ぶが、アイテムも食品も固定資産税が価格に転嫁されてるだけであまりいいモノはない。

東京人が落ち着くのはやっぱり下町か武蔵野だよな。
下町には住んだことはないけれど、武蔵野には子供の頃親しんだ街の風景がまだある。

新しい東京はやっぱり観光客向け。たくさんお金を落としてもらえたらそれでいい。

| | コメント (4)
|

GyaOでシャーロック・ホームズを

GyaOでシャーロック・ホームズを
パソコンテレビのGyaOは時々見過ごせないコンテンツがある。

現在配信中のイギリスグラナダTVが製作したシャーロック・ホームズシリーズ。

ホームズを演じた数多い役者の中で、このジェレミー・ブレット氏は最高のハマり役と思う。

残念ながらもう故人となってしまったが、心臓の病をおして出演した時も、薬の副作用で太めになってしまった体躯を気にしていたというからその役者魂はすばらしい。

小説で得たイメージが実写版になると、えてして自分の中のイメージとは乖離してしまうものだけれど、この人は私が持っていたイメージのはるか上をいく演技を存分に見せてくれた。

GyaOでの配信は四作品だけだが、またシリーズを初めから見たくなった。

| | コメント (2)
|

多摩湖サイクリングロード

多摩湖サイクリングロード
田無から狭山湖まで約20キロ強。

以前から走りたいと思っていた道だ。

GWだけあって、ウォーキングの人たちも大勢。

江戸っ子は、GWや正月、盆はのんびり地元で過ごすのだ♪

♪本日のBGM〜碧色の風の音

| | コメント (4)
|

夢枕

新撰組の行動とその心理についてというディベートをやってる夢を見た。
仕事がややこしいのに夢まで重たいテーマだ。
お姉ちゃんがたくさん出てくるような夢はどうやったら見られるのか、ジーン・シモンズの番組で研究するとしよう。
あ、あの人の場合は夢じゃなくって現実世界か(^^;

さて、昨夜の夢。
テレビでよく顔を見る歴史小説家や学者に混じって自分もしたり顔で参加していた。
夢の中で私は、行動の是か非かは別にして信念に基づいて行動したのだから自分は賛同すると発言したところで目が覚める。

夢としてはまあまあ満足だったが、どうせなら土方の歳さんあたりが夢枕に立ってほしかったな。

まあでも昨夜はBSで獄門島を見たから、変な死体が出てくるよりはよかったかも。

♪本日の通勤BGM〜METALLICA

| | コメント (2)
|

麺つながりでいってみよう

麺つながりでいってみよう
某郊外型長崎ちゃんぽんのレストラン。

今年からキャッチコピーを「We Are The ちゃんぽん」にして店内BGMもあのバンドの曲をふんだんに使用すると新聞に載っていたから、ドライブの途中に寄ってみた。

キャラクターはこれかい?
(^^;
まあまさかフレディ氏がキャラクターとは思わなかったけど。

しかしBGMで期待したあのバンドの曲は流れずじまい。

時間帯が悪かったかな?

それでもコピーの洒落っ気は気に入ったから次回に期待してみよう。


♪本日の通勤BGM〜DOUG ALDRICH

| | コメント (6)
|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »