« 秋川雅史さん | トップページ | プロ野球の栄養費問題 »

ハゲタカ

手掛けているM&A案件のクロージング契約のため、今日は関西へ。

企業買収といえばNHKドラマ「ハゲタカ」が話題を呼んでいるけれど、微に入り細に入り実に忠実に描かれていて面白い。

多少ドラマ用にデフォルメされている場面もあるが、私が外資のバイヤーとともに体験したデューデリやアクイジションの現場はほぼあれと同じだ。

その日本法人にも若い外国人がいたのだけど、買収した企業に赴く時などメンバーに外国人がいるとそれ風の印象が強いからだと言ってたから笑える。
それも一種のデフォルメだ。

私がパートナーだったバイヤーは、中で一緒に仕事をしてみればハゲタカなどという印象はさらさらなく、とてもノーマルだった。
ただ、時間と収支という概念には厳しかったが、それも日本企業や公務員の感覚が立ち遅れてるだけなんだろう。

ドラマの中に「腐った日本を買い叩く」という主人公の台詞があるが、まだまだ「腐った」状況は続く。
「腐った」状態のまま国際的な緊張度合いだけが高まる。

資産や債権をバリューアップし、インフラを施したのち残るモノは、日本人にとって是か否か。

答えはもう少し先にある?
それとも風に舞っている?
♪本日の通勤BGM〜PINK CREAM 69(Electrified)

|

« 秋川雅史さん | トップページ | プロ野球の栄養費問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋川雅史さん | トップページ | プロ野球の栄養費問題 »