« 初めてのMEGADETH | トップページ | 恵比寿でエビスでえびす顔(^^ ♪ »

そんなに偉いのかい、作詞家って

演歌歌手のMさんと、そのヒット曲の作詞家Kさんが格好のワイドショーネタになっている。
MさんもMさんだが、それにしてもあの爺さんは些か偏屈だな。

あの爺さんには悪いが、楽器主義、メロディ至上主義の私は曲の詞に感動したことはあんまりないなー。

しかし「歌唱」は大事な要素だ。

問題になってるあの曲も、若いお姉ちゃんが歌ってはあそこまで訴えかけるチカラはなかったと思うぞ。

要するに、ロックを含むポップミュージックの表現者は「個」ではないってことだ。

ソングライターのコンビネーションやアレンジャー、パフォーマー、プロデューサーらそれぞれの個性や才能が一体になった化学反応みたいなものだ。

一人で作って一人で歌うやつだって、オーディエンスに触発されて作品が進化していくことがある。

まあ、この二人に限っていえば、どっちも三文芝居の感は否めないが。

|

« 初めてのMEGADETH | トップページ | 恵比寿でエビスでえびす顔(^^ ♪ »

コメント

だから歌は自分で作らなきゃとダンナが言っておりました^^;
自分で作った歌なら歌詞変えようがメロディを変えようが誰にも怒られないもんね(笑)

歌詞は大事ッスよ^^;
メロディと歌詞がマッチした時は胸にグッと来るものがありますです(^^)
でも、基本的に歌詞はシンプルでキレイに韻を踏んで流れるようにメロディに乗せてほしいです♪
あまりにもくだらない歌詞はちょっと・・・・・・。

投稿: may | 2007年3月10日 (土) 15時31分

歌詞にグッときたことはないので、まだまだ青いっすね(^^;
ご主人おっしゃるとおり、自分の歌ならどれだけいじろうと誰からも文句は出ませんね♪
もし自作の歌詞も変えられないなら、なぎら健壱なんか大変っす。

投稿: Kenta | 2007年3月10日 (土) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めてのMEGADETH | トップページ | 恵比寿でエビスでえびす顔(^^ ♪ »