« ホテルのウォシュレット | トップページ | ミュージシャン気質というもの »

WHITESNAKE Live

B000jgf1o001_aa240_sclzzzzzzz_v33827633 買ってあったWHITESNAKEの新しいライヴCDをゆっくり聴いてみた。
内容的にはDVDに特典で付いていたCDに近いものだが、Bad Boyなど新たに収録されたものもあったりしてさすがの出来。
デヴィッドのコンディションもよいようだし、新加入ベーシストのユーライア・ダフィもなかなかテクニカル♪
ドラムソロを切り離してラストにくっつけたのも正解。

ただ。
そのドラムはいただけないな。
音数に比例してギャラがはずむわけでもあるまいに。

あと、ギタリストもダグ・アルドリッチだけでいいでしょ。
ツインGというステージ映えを意識したか、レブ・ビーチもかつてのウォーレン・デ・マルティーニほど影が薄いわけではないが、なぜギターを二本にしなくてはならないか理解に苦しむ箇所が目立つ。
WINGERに戻ってよし。

新曲の四曲はまあまあだけど、LION時代からソングライティング能力に「?」が付いていたダグ、この方面ではやはりジョン・サイクスに軍配だな。
チューニングダウンしているようなダークな音色も気になる。
好きなギタリストだけに、じっくり時間をかけて、デヴィッドの歌唱力だけに頼らない良質な作品を作り上げてほしいぞ。

それでもここにあるのは紛れも無い待ちに待った白蛇の新作だ。

デヴィッドのあのディープヴォイスは戻ってこなくても内容は期待通り。
現役の姿を届けてくれたことにファンとして敬意を表したい。

♪本日の通勤BGM〜WHITESNAKE In The Shadow Of The Blues

|

« ホテルのウォシュレット | トップページ | ミュージシャン気質というもの »

コメント

WHITESNAKEのライヴCD、やっぱり良いよね。
白蛇ここにあり、ってカンジ。

二人ギターがいるのはリスクヘッジではないかと推測しております。

過去の経験で、良いギタリストほどすぐ辞めるという事を学んだ結果、ツアー中、いつ辞めても後任探しに慌てふためく事のないよう、特にマネージメント会社からの強い要望があるのでは・・・。

投稿: 潮騒にガムラン | 2006年12月28日 (木) 08時50分

レブ・ビーチ、首ですか^^;
いいのよ、Wingerに戻っていらっしゃい♪

投稿: may | 2006年12月28日 (木) 09時47分

なーるほど、ツアー中に突然脱退しちゃうケースありますね。
しかもギタリストに多いような。。。
マイケル・シェンカーなんか自分のバンドなのに自分がやめちゃって・・・

投稿: kenta | 2006年12月28日 (木) 12時34分

MAYさん、レブもいいギタリストなんですけれど、どうもタッピングが嫌いなんですよ、私。
ギターはちゃんと両の手指を使って弾いてほしい。
その意味ではタッピングをしないエイドリアン(ヴァンデンバーグね)やダグは正統派の匂いがして好きなんです。
WINGERⅣも中古でもうちょっと値が下がったら買ってみます(^^

投稿: kenta | 2006年12月28日 (木) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホテルのウォシュレット | トップページ | ミュージシャン気質というもの »